317件中 41 - 50件表示
  • 身毛広

    身毛広から見た吉野吉野

    壬申の乱(672年)において大海人皇子が挙兵を決断したとき、広は吉野にいた皇子のそばにおり、舎人として仕えていた。美濃には皇子の湯沐邑があり、広が舎人になったのもその縁ではないかという学者もいる。身毛広 フレッシュアイペディアより)

  • 稚桜部五百瀬

    稚桜部五百瀬から見た吉野吉野

    壬申の乱の勃発時、稚桜部五百瀬は大海人皇子の舎人であった。6月24日に皇子が挙兵を決意して吉野を発ったとき、五百瀬は皇子に従った二十数人の男の中にいた。稚桜部五百瀬 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津峰宮

    宇津峰宮から見た吉野吉野

    興国4年/康永2年(1343年)常陸合戦の戦況が好転しない最中に吉野から下向し、5月常陸関城の北畠親房に迎え入れられた。同年11月に関城・大宝城が陥落した後は、残兵に守られながら陸奥に逃れ、北畠顕信の宇津峰城に入ったとみられる。正平2年/貞和3年(1347年)7月奥州管領吉良貞家・畠山国氏ら北軍の攻撃を受け、9月に宇津峰城が陥落すると、顕信に奉じられて一旦出羽(庄内地方か)へ逃れた。その後に足利一族間の内訌(観応の擾乱)が地方にも波及して、吉良・畠山両管領の分裂が激しくなると、正平6年/観応2年(1351年)10月伊達宗遠や田村庄司の一族を率いて多賀国府を攻撃して奪回し、11月には吉良貞家を名取川に破って伊具館へ敗走させた。正平7年/観応3年(1352年)閏2月尊氏の党を討たんとする顕信に奉じられて伊達郡へ出陣したが、3月その隙を突いた吉良貞経によって国府が再び占領されたため、顕信とともに三沢城から大波城へ逃れ、やがて宇津峰城に籠城する。以来1年有余に及ぶ貞家との攻防戦を経て、翌正平8年/文和2年(1353年)5月に宇津峰城が陥落すると、顕信・守親父子に奉じられて再び出羽へ逃れた。しばらくは出羽の各地に潜伏して奥羽南軍の統率に当たったとみられるが、以後の消息は明らかでない。宇津峰宮 フレッシュアイペディアより)

  • 洞院公定

    洞院公定から見た吉野吉野

    暦応3年(1340年)11月21日叙爵。ところが後に父と不仲となって廃嫡され、替わりに弟の洞院公頼が後継者とされた。ところが、貞治6年(1367年)5月10日に権中納言となっていた公頼が急死、続いて6月1日には実夏も薨去した。実夏は公頼に支障がある場合にはその弟を当主にするように命じていたが、朝廷は幼少を理由に保留、更に公賢が薨去の際に実夏との家督争いに敗れて吉野に奔った公賢の弟(養子)の洞院実守までが京都に帰還して当主に任ぜられるように動いたために洞院家の家督争いが紛糾した。そのため、室町幕府は、応安3年(1370年)頃に将軍足利義満の名で公定に洞院家を継がせて内紛を終結させるように武家執奏を行い、これを受けて応安4年1月19日後光厳天皇によって公定の洞院家門継承の勅裁が下されて洞院家を継ぐことになったのである。洞院公定 フレッシュアイペディアより)

  • 世泰親王

    世泰親王から見た吉野吉野

    すなわち、親王が薨去して如意輪寺に葬られた翌年、教子が寺に籠って冥福を修していたところ、長慶天皇が御製を賜ってこれを慰め、教子も和歌を奉答したという。二首が親王の冥福時の贈答であることに加え、子に先立たれた人々の歌群に属することから考えても、作者の天皇と教子を親王の父母と解釈するのが最も自然である。また、如意輪寺に葬られているので、薨去の時期は吉野に行宮が置かれた文中2年/応安6年(1373年)秋から天授4年/永和4年(1378年)の間となろう。世泰親王 フレッシュアイペディアより)

  • 西山温泉 (山梨県)

    西山温泉 (山梨県)から見た吉野吉野

    天平宝字2年(758年)、吉野に退位していた孝謙天皇はある日夢枕に白髭の翁が立ち、「甲斐の国、白鳳の深山に、諸病に効ある霊泉あり」と告げたとされている。白鳳とは早川北部にある白鳳渓谷のことであり、孝謙天皇はお供を連れて当地を訪れ、二十日間の湯冶を行っている。この地を気に入った孝謙天皇はさらに奥へ進み、現在の奈良田温泉に数年遷居したと言われている。西山温泉 (山梨県) フレッシュアイペディアより)

  • 西吉野温泉

    西吉野温泉から見た吉野吉野

    西吉野温泉の歴史は古く、南北朝時代に吉野へと向かわれる途中の南朝の天皇が立ち寄られ、旅の疲れを癒されたということが伝わっている。西吉野温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 度会家行

    度会家行から見た吉野吉野

    家行は学者・祠官としてのみならず、建武の新政挫折後の南北朝の動乱で南朝方の北畠親房を支援し、南伊勢地区の軍事的活動にも挺身した。後醍醐天皇の吉野遷幸に尽力したほか、その神国思想は北畠親房の思想に大きく影響し、親房の師とされ、また、他の南朝方にも影響を与えた。度会家行 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴鹿

    鈴鹿から見た吉野吉野

    語源については、定説はない。壬申の乱のとき吉野から美濃へ向かっていた大海人皇子(後の天武天皇)が、増水した川を渡る折に鹿に鈴をつけて渡ったという伝説がある。現在では、篶竹(すずたけ)の生育地からきているというのが有力視されている。鈴鹿 フレッシュアイペディアより)

  • 南部時長

    南部時長から見た吉野吉野

    足利尊氏が後醍醐天皇に反旗を翻すと、義貞と緊密な関係にあった南部三兄弟は皆南朝方に属した。弟の師行と政長は、北畠顕家に随行して陸奥へと下ったが、時長は新田義貞に同行して京都に止まった。趨勢は北朝側有利となり、湊川の戦いで義貞、楠木正成が敗れると、後醍醐天皇は京を追われ大和国の吉野に逼塞し、義貞や北畠親房ら、南朝方の諸将は四散する。時長は名和義高らと共に奈良を目指して去っていった。。これを最後に、史料上から時長は姿を消す。南部時長 フレッシュアイペディアより)

317件中 41 - 50件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード