245件中 41 - 50件表示
  • 大峰山脈

    大峰山脈から見た吉野吉野

    奈良県南部の脊梁山脈で南部の一部が和歌山県に属す。近畿地方の高峰が集中するため「近畿の屋根」あるいは「大和アルプス」とも呼ばれ、南北約50kmに達する。このような壮年期の急峻な山々を対象に山岳修験が発達し、山名も「普賢」や「大日」など仏教に纏わるものが多い。尾根筋の吉野から熊野へ至る100kmにも及ぶ縦走路は大峯奥駈道と呼ばれ、紀伊山地の霊場と参詣道として2004年に世界遺産に登録された。大峰山脈 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山国清

    畠山国清から見た吉野吉野

    足利尊氏に従い鎌倉幕府討幕、建武の新政から離反した後の南朝との戦いで和泉、次いで紀伊の守護となる。後に河内の守護にもなり、畿内に勢力を広げた。足利家の内紛から発展した観応の擾乱では尊氏の弟である足利直義に属し、政争に敗れた直義が京都を脱出して吉野の南朝に属すると国清も従うが、後に尊氏方に付き、武蔵野合戦に参戦している。畠山国清 フレッシュアイペディアより)

  • 建仁の乱

    建仁の乱から見た吉野吉野

    2月3日、事態が幕府にもたらされ、鎌倉は諸人群衆し騒動となる。京都守護の要請により、後鳥羽上皇による長茂追討の宣旨が下され、畿内の御家人たちによる捜索が行われ、吉野山方面に潜伏している事が突き止められた。2月22日、長茂らは鎌倉勢と戦って敗れ、長茂とその郎党新津四郎以下が吉野の奧で討たれ、5人が捕虜にされた。長茂は討たれる前に出家していたという。建仁の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 金峯神社 (鶴岡市)

    金峯神社 (鶴岡市)から見た吉野吉野

    大同年間(806年 - 810年)、金峯山(金山、鎮山とも)の山頂にはじめて社殿が創建され、承暦年間(990年 - 995年)、大和国宇多郡の丹波守盛宗が出羽国に移る際に吉野の金峯山の神を勧請したと伝える。金峯神社 (鶴岡市) フレッシュアイペディアより)

  • 説成親王

    説成親王から見た吉野吉野

    在京中の動静についても史料がないが、応永15年(1408年)吉野河上郷の在地勢力が上野宮に与同して背いたため、吉水院の惣郷によって鎮圧された旨が『吉水神社文書』に見える。これは、同年5月の足利義満薨去を受けて親王が起こした反幕行動の一端を示したもので、合一後の南朝皇胤による決起としては最も早い例となろう。ところが、同22年(1415年)伊勢国司北畠満雅による挙兵の際にはこれに同調せず、むしろ幕府との間に立って調停に動いていることから、必ずしも反幕姿勢を堅持していた訳ではないようである。応永30年(1423年)8月に子の聖淳が足利義持の計らいで相応院に入室した。これに対しては抵抗する気運もあったらしく、11月に上野宮青侍の中村某が斬首されている。師成親王による『新葉集』奥書からは、同32年(1425年)なお存命していたことが確認されるが、以降の消息は不明である。説成親王 フレッシュアイペディアより)

  • 宇津峰宮

    宇津峰宮から見た吉野吉野

    興国4年/康永2年(1343年)常陸合戦の戦況が好転しない最中に吉野から下向し、5月常陸関城の北畠親房に迎え入れられた。同年11月に関城・大宝城が陥落した後は、残兵に守られながら陸奥に逃れ、北畠顕信の宇津峰城に入ったとみられる。正平2年/貞和3年(1347年)7月奥州管領吉良貞家・畠山国氏ら北軍の攻撃を受け、9月に宇津峰城が陥落すると、顕信に奉じられて一旦出羽(庄内地方か)へ逃れた。その後に足利一族間の内訌(観応の擾乱)が地方にも波及して、吉良・畠山両管領の分裂が激しくなると、正平6年/観応2年(1351年)10月伊達宗遠や田村庄司の一族を率いて多賀国府を攻撃して奪回し、11月には吉良貞家を名取川に破って伊具館へ敗走させた。正平7年/観応3年(1352年)閏2月尊氏の党を討たんとする顕信に奉じられて伊達郡へ出陣したが、3月その隙を突いた吉良貞経によって国府が再び占領されたため、顕信とともに三沢城から大波城へ逃れ、やがて宇津峰城に籠城する。以来1年有余に及ぶ貞家との攻防戦を経て、翌正平8年/文和2年(1353年)5月に宇津峰城が陥落すると、顕信・守親父子に奉じられて再び出羽へ逃れた。しばらくは出羽の各地に潜伏して奥羽南軍の統率に当たったとみられるが、以後の消息は明らかでない。宇津峰宮 フレッシュアイペディアより)

  • 岩切城

    岩切城から見た吉野吉野

    一方、弟・足利直義を殺して観応の擾乱に勝利を収めた足利尊氏は、霊山から出撃した奥羽軍の畿内遠征を白河で食い止めると、多賀城を再び攻略した。尊氏は京都を奪回し、後醍醐天皇は吉野へ逃れた。こうして、多賀国府を舞台とした奥羽地方政権は、完全に崩壊した。なお、後醍醐天皇は死に際し、義良親王に皇位を譲っている。岩切城 フレッシュアイペディアより)

  • 壬申の乱を題材とした作品

    壬申の乱を題材とした作品から見た吉野吉野

    壬申の乱は前半部分最大のクライマックスで天智天皇と大海人皇子の確執から始まり、大海人皇子の吉野行きから挙兵、近江朝の敗北、天武天皇の即位までをかなりのページを割いて描いてある。作品の主人公が持統天皇のため概ね大海人皇子側からの視点ではあるが、大友皇子についても悲劇の人物として好意的に描いてある。壬申の乱を題材とした作品 フレッシュアイペディアより)

  • 常陸合戦 (南北朝時代)

    常陸合戦 (南北朝時代)から見た吉野吉野

    1339年(延元4年/暦応2年)、関東執事職に就いた高師冬が南朝方への攻撃を開始。一進一退の攻防が続いた後、1341年(興国2年/暦応4年)11月に小田城は開城し小田治久は北朝に降伏した。親房は脱出し関宗祐の関城(茨城県筑西市)に入り、下妻政泰の大宝城(茨城県下妻市)や伊佐氏の伊佐城(茨城県筑西市)などと連携して抗戦を続けた。しかし1343年(興国4年/康永2年)、親房が頼りにしていた陸奥国白河(福島県白河市)の結城親朝が北朝方に降伏。同年11月、関城・大宝城・伊佐城は陥落し、関宗祐・下妻政泰は戦死した。親房は東国を去り、吉野へ帰還した。常陸合戦 (南北朝時代) フレッシュアイペディアより)

  • 三浦芳聖

    三浦芳聖から見た吉野吉野

    南朝には、1336年(延元元年)10月に後醍醐天皇から皇位を継承して北陸に落ちた神皇正統の皇統(北陸朝廷)と、後醍醐天皇が陽動作戦のために吉野に設けた偽装朝廷である副統の「正副二統」が存在した。擬天皇である後亀山天皇(三浦の主張では「熙成王」)が、足利義満の謀略により合一した後、正統の天皇は三種の神器を封印して地下深く埋蔵し、民伍に隠れ、今日に至った。三浦家は、その正統の皇統家の嫡孫である。三浦芳聖 フレッシュアイペディアより)

245件中 41 - 50件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード