317件中 51 - 60件表示
  • 菊池武朝

    菊池武朝から見た吉野吉野

    元中元年/至徳元年(1384年)に吉野の南朝に『菊池武朝申状』を提出、菊池氏代々の功績を述べて自分の忠誠心を明示した。内容は江戸時代に編纂された『群書類従』に収録されている。菊池武朝 フレッシュアイペディアより)

  • 篠塚重広

    篠塚重広から見た吉野吉野

    延元3年/建武5年(1338年)、藤島の戦いで義貞が没すると重広は義貞の弟脇屋義助に従う。興国3年/暦応元年(1340年)には吉野へ向かい後村上天皇へ拝謁した。興国3年/康永元年(1342年)、北朝方の細川頼春と戦い、伊予の世田城に篭城したが、敗戦となり自ら「隠岐島」に落ち延びて同年に没したといわれている。篠塚重広 フレッシュアイペディアより)

  • 備崎経塚

    備崎経塚から見た吉野吉野

    大谷女子大学による成果を踏まえた山本義孝は、備崎経塚を修験道の信仰遺跡の一部として位置づけるべきことを主張し、発掘成果をより広い見地から評価することを試みた。時枝務はこうした山本の問題提起を受けて、備崎の位置、すなわち、大峯山脈を貫いて吉野・熊野を結ぶ奥駈道の一方の端にあるという点から、金峯山経塚と対になる結界としての役割を持つものと指摘した。さらに時枝は、備崎経塚と金峯山経塚の造営時期の前後関係から、修験道における信仰の成立史への示唆を示した。山本義孝は、こうした研究を念頭に置きつつ、修験道における「宿」の一部として備崎経塚を位置づけなおし、峯中路における宿および磐座祭祀の遺跡および聖域の境界としての性格を明らかにするだけでなく、中世の熊野参詣道上に設けられた九十九王子のひとつ滝尻王子に対しても、備崎と同じ聖域の境界としての性格を指摘した。備崎経塚 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県民の歌

    奈良県民の歌から見た吉野吉野

    「県民の歌」と合わせて公募を実施し、採用された歌詞に長津義司が県の依頼で作曲を行い「県民の歌」と同時に制定された。八重桜、大仏、吉野、大宮人、五重塔など県の歴史と名所を随所に織り込んだ軽快な作風となっている。奈良県民の歌 フレッシュアイペディアより)

  • 平田進也

    平田進也から見た吉野吉野

    奈良県吉野出身。奈良県在住。血液型AB型。京都外国語大学卒業後、1980年に日本旅行入社。6歳上の兄、3歳上の姉、7歳下の弟がいる。平田進也 フレッシュアイペディアより)

  • 里見脩二

    里見脩二から見た吉野吉野

    里見は遺族側の証人として、裁判でありのままを証言する。結果、鵜飼より山陰大学の教授職の斡旋を受ける(事実上の左遷。2003年版では同大学の保健センター付教授で、研究職からは完全に外される)が、これを断り大学病院を去る。後に大河内教授の紹介で近畿がんセンター第一診断部次長の籍を得る(2003年版では千成病院内科医長)。吉野や十津川などでの検診など癌の早期発見に生きがいを見出す(2003年版では緩和ケア等、終末医療に従事する)。里見脩二 フレッシュアイペディアより)

  • 近衛経忠

    近衛経忠から見た吉野吉野

    もともと経忠の祖父・家基には二人の子がおり、一人は鷹司家出身の妾が生んだ長男の家平(経忠の父)で、もう一人は亀山天皇の皇女が生んだ次男経平であった。家基の没後、二人はどちらが近衛家の嫡流かを巡って対立し、その争いはそれぞれの息子の代に受け継がれ、経忠は経平の子・基嗣と激しく争っていた。特に基嗣は後醍醐天皇の皇女を妻にしており、強力な対立相手のはずであった。だが、経忠は建武政権下において再び天皇から重用され、建武元年(1334年)2月右大臣・藤氏長者に復し、同2年(1335年)11月左大臣へと昇進する。延元元年(1336年)8月足利尊氏の入京に伴って持明院統の光明天皇が擁立された際には、再び関白宣下を受けた。しかし、後醍醐が京都を脱して吉野に潜幸すると、天皇への旧恩から吉野朝廷(南朝)への参仕を決意。職を辞するも、当然認められなかった。近衛経忠 フレッシュアイペディアより)

  • 竜田山

    竜田山から見た吉野吉野

    昌泰元年(898年)には宇多上皇が吉野から摂津国に向かう途中、竜田山を越えて河内国に入ったという記録がある。竜田山 フレッシュアイペディアより)

  • 日光神社

    日光神社から見た吉野吉野

    紀伊山地には高野山、熊野三山、吉野・大峯の3つの霊場があり、各地からそれぞれの霊場に至る、あるいは3つの霊場の間をつなぐ参詣道がある。日光山は、紀州各地からこれら3つの霊場を目指す際の最短ルート上にある要地であった。古老の伝承によれば、鹿ヶ瀬峠以南の紀南地方各地からは、各地域の河川を遡上して龍神を目指し、ついで日光山を経由して吉野・大峯または高野山を目指したといい、紀南各地の河川上流部と龍神をつなぐ道を「奥辺路」と称した。紀中・紀北からは、日光山またはその山麓をまず目指し、ついで伯母子岳から小辺路に入って熊野本宮へ向かう、あるいは城ヶ森山(じょうがもりやま)から中辺路に入って熊野本宮へ向かう、という道程がとられたという。日光神社 フレッシュアイペディアより)

  • 洞院実夏

    洞院実夏から見た吉野吉野

    足利尊氏が光明天皇を擁立して後醍醐天皇が吉野に逃れた際に、実夏は父とともに新帝に仕えるが、嫡男である兄の洞院実世が南朝に参加したために廃嫡となり、次男の実夏が洞院家を継承する事になった。1337年、父が右大臣を辞任すると参議に昇進し、その年のうちに従三位となって公卿に列した。洞院実夏 フレッシュアイペディアより)

317件中 51 - 60件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード