245件中 61 - 70件表示
  • 忍壁皇子

    忍壁皇子から見た吉野吉野

    天武天皇元年(672年)の壬申の乱で父天武天皇に従い吉野から東国に赴く。天武天皇3年(674年)石上神社に派遣され、膏油で神宝の武器を磨かせる。天武天皇8年(679年)吉野宮で六皇子盟会に参加し先の壬申の乱のような戦渦を起こさないよう誓約した。天武天皇10年(681年)3月17日に川島皇子、三野王、忌部首、中臣大島らと共に「帝紀および上古の諸事」の記録認定事業を命ぜられる。忍壁皇子 フレッシュアイペディアより)

  • 水島敏照

    水島敏照から見た吉野吉野

    ブッチーとのコンビも解消し、元ゆうとぴあのホープ劇団や、城後とコンビを再結成し「コントSOS」でストリップ劇場を中心に活動していたが、日本貴峰道協会の貴田晞照に出逢い入門。吉野大峰山で修験道の修行を行い、2003年小先達を頂く。現在の水島敏照に改名して、神主漫談を開始。浅草東洋館を中心に漫談活動を行っている。水島敏照 フレッシュアイペディアより)

  • 束稲山

    束稲山から見た吉野吉野

    全盛期の平泉を訪れた西行は「ききもせず 束稲山の さくら花 吉野の外に かかるべしとは」と詠んでいる。束稲山 フレッシュアイペディアより)

  • 前登志夫

    前登志夫から見た吉野吉野

    奈良県吉野郡下市町広橋にて、父理策、母可志の二男として誕生。旧制奈良中学(現・奈良県立奈良高等学校)に入学。同志社大学経済学部に入学するが、1945年(昭和20年)に応召、大学は中退。戦後まもなく詩作を始め、1951年(昭和26年)に吉野に戻り、前川佐美雄を訪問。活動はここ吉野を中心に行う。1956年(昭和31年)、詩集『宇宙駅』を刊行したが、やがて短歌に転じ、前川に師事。1983年(昭和58年)以降、吉野に住み家業の林業に従事する。前登志夫 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野葛

    吉野葛から見た吉野吉野

    当時、阪神間岡本に住んでいた谷崎は、説経節「葛の葉」に取材し、吉野をたびたび訪れ、吉野を舞台とした「葛の葉」を執筆していたが、これを破棄して、改めて友人・妹尾健太郎をモデルとする「津村」の母恋いを主題として、この「吉野葛」を書いた。随筆風に書かれており、曲亭馬琴の『開巻驚奇侠客伝』の、後南朝自天王の物語を書いてみたいと思っていたという書き出しから、とりとめなく筆は進み、発表当初は失敗作、あるいはただの随筆と見る意見が強かったが、水上滝太郎は高い評価を与えた。はじめは中央公論社の『盲目物語』に併録され、1937年創元社より「潤一郎六部集」の一つとして単行本化された。吉野葛 フレッシュアイペディアより)

  • 観世元雅

    観世元雅から見た吉野吉野

    元雅は世阿弥に劣らぬ名人であったが、そのキャリアは、実力に見合う華々しいものではなかった。というのも、世阿弥父子から独立した活動を見せていた音阿弥が、将軍足利義教の寵愛を一身に受けていたためである。音阿弥を偏愛する義教によって、永享元年に既に決まっていた仙洞御所での演能を中止させられるなど、世阿弥・元雅は露骨な圧迫を受けることとなる。元雅はその状況下でも志を失わずに活動を続けたとみられ、大和吉野の天河大弁財天社に奉納した尉面が現存している。しかし苦境から脱することが出来ず、その才能を十分に発揮できないまま、三十代の若さで巡業先の伊勢安濃津で急死した。観世元雅 フレッシュアイペディアより)

  • 血脈ザクラ

    血脈ザクラから見た吉野吉野

    昔、松前の城下で鍛冶屋として働いていた柳本伝八という人物が、隠居後に娘の静枝を伴って上方見物に旅立った。江戸を経て伊勢神宮に参拝し、京の都や奈良を巡って吉野にたどりついた。折しも吉野はサクラが満開で、伝八親子はしばらくこの地に逗留することに決めた。親子はこの地で、近くの尼寺に住む美しい尼僧と懇意になった。伝八親子がいよいよ故郷の松前に帰る日が訪れたとき、尼僧は親子との別れを惜しんで1本のサクラの苗木を吉野の土産にと贈った。帰郷後に伝八親子は、菩提寺の光善寺にこの苗木を寄進した。苗木は立派なサクラの木へと成長し、やがて見事な花を咲かせるようになって光善寺を訪れる人々を喜ばせた。月日は流れ、光善寺十八世穏誉上人の時代に本堂を立て直す話が持ち上がり、改築の支障になるこのサクラを伐採することに決まった。明日はいよいよ伐採という日の深夜に、美しい娘が上人のもとを訪れた。娘は「私は近々死ぬ身の上です。どうか血脈(法脈を示す系図で極楽への手形といわれる)をお授けください」と懇願した。上人は娘の熱心な願いにほだされて、血脈の証文を授けることにした。翌日の朝、サクラの木の枝に何かが揺れているのを上人は目にした。よく見ると、それは昨晩娘に授けたあの血脈の証文だった。上人は「さては昨晩の娘さんは、この木の精であったか」と悟り、伐採を取りやめて娘とサクラの木のために懇ろな供養を執り行った。上人のもとに現れた娘については、静枝の霊であったともいわれる。それ以来、このサクラは「血脈ザクラ」の名で呼ばれるようになった。血脈ザクラ フレッシュアイペディアより)

  • 熊野

    熊野から見た吉野吉野

    熊野三山を初めとする修験道の神社が山中にあり、熊野古道が通じている。これらは世界遺産に「高野山」「吉野・大峯」と合わせて「紀伊山地の霊場と参詣道」として登録されている。熊野 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池芳文

    菊池芳文から見た吉野吉野

    1894年(明治27年)に京都市美術学校の教諭、1895年(明治28年)には京都青年絵画共進会の審査員となり、同展に出品した「秋霽小鷹狩図」は傑作と評された。1897年(明治30年)の第1回全国絵画共進会展に出品した「烟暖花新」もまた大傑作と絶賛され、この前後の時期に集中した森寛斎(1894年没)、幸野楳嶺(1895年没)、岸竹堂(1897年没)といった重鎮クラスの画家たちの死にも後押しされ、京都画壇で重要な地位を占めるにいたる。1903年(明治36年)に出品した「春の夕・霧の朝」によって「花鳥画の芳文」との評価を得、以降は花鳥画を多く制作。1907年(明治40年)に文部省美術展覧会(=文展)が創設されると、その第1回では審査委員をつとめ、自らも「春秋花鳥」を出品した。文展へはその後第2?5、8,9回に出品。とりわけ1914年(大正3年)の第8回に出品した「小雨ふる吉野」では、その叙情的な表現が称賛され「桜の芳文」との異名もとることとなった。菊池芳文 フレッシュアイペディアより)

  • 慶安の変

    慶安の変から見た吉野吉野

    そのような情勢下の慶安4年(1651年)4月、徳川家光が48歳で病死し、後を11歳の息子徳川家綱が継ぐこととなった。次の将軍が幼君であることを知った正雪は、これを契機として幕府転覆、浪人救済を掲げて行動を開始する。計画では、まず丸橋忠弥が江戸を焼討し、その混乱で江戸城から出て来た老中以下の幕閣や旗本を討ち取る。同時に京都で由比正雪が、大坂で金井半兵衛が決起し、その混乱に乗じて天皇を擁して高野山か吉野に逃れ、そこで徳川将軍を討ち取るための勅命を得て、幕府に与する者を朝敵とする、という作戦であった。慶安の変 フレッシュアイペディアより)

245件中 61 - 70件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード