317件中 81 - 90件表示
  • 安部氏

    安部氏から見た吉野吉野

    宗良親王は、1355年(文和4年/正平10年)に桔梗ヶ原の戦いで信濃守護小笠原長基に敗れ、1374年(文中3年/応安7年)に吉野へと去る。諏訪の盟主とも言うべき諏訪氏は、桔梗ヶ原の戦い以後は南朝と距離をおいたとされ、諏訪神党の各家も徐々に各地に散り、安部氏の祖も時期は不明ながら駿河の安部谷へと移住して安部を名乗った。安部氏 フレッシュアイペディアより)

  • 如意輪寺

    如意輪寺から見た吉野吉野

    平安時代の延喜年間(901年 - 922年)に日蔵上人により開かれたと伝わる。南北朝時代、後醍醐天皇が吉野に行宮を定めた際に勅願所とされたが、天皇は還京叶わぬまま崩御して本堂裏山に葬られた。以来寺運は衰えたが、慶安3年(1650年)文誉鉄牛上人によって本堂が再興され、その際に真言宗から浄土宗に改宗した。如意輪寺 フレッシュアイペディアより)

  • 神霊矢口渡

    神霊矢口渡から見た吉野吉野

    (南朝大内の段)後醍醐天皇崩御の後、いまだ皇統が南北朝に分かれていた時のこと。京の都には北朝の後光厳天皇が在位し、吉野では南朝の後村上天皇が、公家たちにかしづかれつつ日を暮していた。神霊矢口渡 フレッシュアイペディアより)

  • 城長茂

    城長茂から見た吉野吉野

    頼朝の死後、梶原景時の変で庇護者であった景時が滅ぼされると、1年後に長茂は軍勢を率いて上洛し、京において幕府打倒の兵を挙げる。正治3年(1201年)、軍を率いて景時糾弾の首謀者の1人であった小山朝政の三条東洞院にある屋敷を襲撃した上で、後鳥羽上皇に対して幕府討伐の宣旨を下すように要求したが、宣旨は得られなかった。そして小山朝政ら幕府軍の追討を受け、最期は大和吉野にて討たれた(建仁の乱)。享年50。城長茂 フレッシュアイペディアより)

  • 芳野監

    芳野監から見た吉野吉野

    芳野監(よしののげん)は、8世紀の日本で吉野地方に設けられた特別な地方行政区分、機関である。畿内に含まれる。領域は現在の奈良県南部にあたる。芳野監 フレッシュアイペディアより)

  • 説成親王

    説成親王から見た吉野吉野

    在京中の動静に関しても史料がないが、応永15年(1408年)吉野河上郷の在地勢力が上野宮に与同して背いたため、吉水院の惣郷によって鎮圧された旨が『吉水神社文書』に見える。これは、同年5月の足利義満薨去を受けて親王が起こした反幕行動の一端を示したもので、合一後の南朝皇胤による決起としては最も早い例となろう。ところが、同22年(1415年)伊勢国司北畠満雅による挙兵に際してはこれに同調せず、むしろ幕府との間に立って調停に動いていることから、必ずしも反幕姿勢を堅持していた訳ではないようである。応永30年(1423年)8月に子の聖淳が足利義持の計らいで相応院に入室した。これに対しては抵抗する気運もあったらしく、11月に上野宮青侍の中村某が斬首されている。師成親王による『新葉集』奥書からは、同32年(1425年)なお存命していたことが確認されるが、以後の消息は不明である。説成親王 フレッシュアイペディアより)

  • 金輪王寺

    金輪王寺から見た吉野吉野

    1336年(建武3年)、吉野を頼っていた後醍醐天皇は實城寺の寺号改め金輪王寺を南朝皇宮と定め朝廷を開いた。京都奪還を目指すも、「玉骨ハ縦南山ノ苔ニ埋マルトモ、魂魄ハ常ニ北闕ノ天ヲ望マン」と遺言し1339年(延元4年)8月15日に金輪王寺で崩御した。金輪王寺 フレッシュアイペディアより)

  • 千野境子

    千野境子から見た吉野吉野

    論説委員になっても、現場記者と変わらぬ好奇心とフットワークの千野は、日本初の「大阪特派員」として2002年の赴任後、高野山、伊勢神宮、吉野など近畿各地を取材し、紀行を新聞に連載しつつ、大阪特派員らしいスクープも連発する。特筆はパナソニック創業者の松下幸之助の真の創業の地について。巷で創業の地は大阪市北区(現福島区)大開町とされていたが、実際はコリアタウンの旧猪飼野地区に近い「東成区玉津二丁目一番地」だったことを、郷土史研究家で古書店主の足代健二郎の協力で発表する。この年は幸之助生誕110年で、同年11月、この地に「松下幸之助 起業の地」顕彰碑が建てられ、東成区も地元の名所・旧跡として紹介するようになった。千野境子 フレッシュアイペディアより)

  • 為替

    為替から見た吉野吉野

    いわゆる金銭のみの授受としての、日本で最古の為替の仕組みは室町時代の大和国吉野で多額の金銭を持って山道を行くリスクを避けるために考えられ、寛永年間に江戸幕府の公認を受けた制度であるとされている。吉野には大坂などの周辺地域の商人も出入しており、大坂商人の為替はこれを参照したとする説もある。また、鎌倉時代以来存在した割符との関係も指摘されている。為替 フレッシュアイペディアより)

  • 胡麻豆腐

    胡麻豆腐から見た吉野吉野

    高野山をはじめ和歌山、奈良、京都の禅寺の昼食、あるいは宿坊で宿泊時の食事で定番のほか、土産物として、高野山や吉野地方、道の駅の売店などで販売されている。胡麻豆腐 フレッシュアイペディアより)

317件中 81 - 90件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード