前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
194件中 1 - 10件表示
  • 吉野

    吉野から見た役小角

    587年に蘇我馬子が排仏派の物部守屋を滅ぼした丁未の乱ののち、推古天皇2年(594年)に仏教(三宝)興隆の詔が発せられて以降、各地に寺院が建てられるようになったが、吉野においても多数の寺院が建てられている。一方で、役小角が金峰山(吉野山・大峰山)で蔵王権現を感得し、従来の山岳信仰と仏教を習合した日本独自の修験道を開き、発達していくことになる。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た聖宝

    吉野郡吉野町吉野山にある寺院。正確な創建時期は不明であるが、開基は役小角(えんのおづぬ)と伝える。その後、一時途絶えていたが、平安時代に聖宝が再興して以来、吉野山には多数の寺院宝塔が建てられ、神社なども修験道の修行場として、神仏習合が行われていた。明治の神仏分離で多数の寺院が取り壊され、修行場となっていた神社は金峯山寺より独立して今日に至る。(詳しくは金峯山寺または修験道を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た藤原道長

    その後、1007年(寛弘4年)8月に藤原道長の一行が金峯山に参詣して以来、皇族・貴族層の金峯山への参詣が盛んに行われるようになる。世に言う「御嶽詣(みたけもうで)」と呼ばれるもので、前行として五十日または百日に及ぶ「御嶽精進(みたけそうじ)」を行ってから金峯山(=御獄)に参詣する習わしである。以下に金峯山寺または金峯山に参詣した人物を列記する。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た白河天皇

    白河上皇(1092年(寛治6年))吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た空海

    また役小角が開いた修験道は、一時途絶えていたが、平安時代前期、弘法大師空海の孫弟子にあたる真言宗の僧・聖宝(しょうぼう、天長9年(832年) - 延喜9年(909年))が、大峯山で修行を行い同地の修験道を再興している。聖宝は、吉野川の六田に渡しを作り、参詣路を整備し、お堂を建て、如意輪観音、多聞天、金剛蔵王菩薩を安置したという。この頃から金峯山は山岳信仰に密教、末法思想、浄土信仰などが融合して、多くの人々の信仰を集めることとなった。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た護良親王

    鎌倉時代後期には、後醍醐天皇の皇子である護良親王が吉野山で倒幕の兵を挙げる。後醍醐天皇は幕府滅亡後に京都で建武の新政を開くが、南北朝時代には吉野へ移り、皇居や行政機関を置いて吉野朝廷(南朝)が成立した。南朝は吉野町の吉野山を中心とするが、旧西吉野村には行宮としての賀名生皇居があった。川上村にも伝承地がある。南北朝統一後、室町時代にも後南朝勢力の活動地となった。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た清和天皇

    平安時代に入ると天皇の吉野への行幸は途絶えたが、879年(元慶3年)に清和上皇が名山仏龍巡礼で龍門寺を、宇多上皇が山寺巡礼で898年(昌泰元年)に龍門寺を、900年(昌泰3年)に金峯山寺を訪れている。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た天武天皇

    大海人皇子(後の天武天皇吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た源頼治

    頼房の子、頼俊(陸奥守)は、摂政家の要職にあり延久蝦夷合戦で活躍した。頼俊は栄山寺領を侵し、その所領を宇智郡から葛上郡に拡げ、その子である頼治は、大和国に居住し宇智郡を中心に一族の土着がはじまった。さらに頼治の孫、親治(名乗りは「宇野七郎親治」)は、保元の乱の顛末を描いた軍記物語「保元物語」に登場する。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た常盤御前

    この逸話は後世、江戸時代中期に「義経千本桜」として劇作化された(詳しくは義経千本桜を参照)。また義経縁の地には、様々な伝承を残している。その一つとして、義経が牛若丸と称した幼少の時に、平治の乱に敗れて、父源義朝は東に敗走した。この時、牛若丸は生母の常盤御前に抱かれて、母の郷なる龍門郷牧の地(現在の宇陀市大宇陀牧)にしばしば落ち延びたという伝承がある。吉野 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
194件中 1 - 10件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード