194件中 91 - 100件表示
  • 吉野

    吉野から見た延久蝦夷合戦

    頼房の子、頼俊(陸奥守)は、摂政家の要職にあり延久蝦夷合戦で活躍した。頼俊は栄山寺領を侵し、その所領を宇智郡から葛上郡に拡げ、その子である頼治は、大和国に居住し宇智郡を中心に一族の土着がはじまった。さらに頼治の孫、親治(名乗りは「宇野七郎親治」)は、保元の乱の顛末を描いた軍記物語「保元物語」に登場する。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た関白

    金峯山検校職には興福寺関係の僧侶が入り、金峯山寺はその傘下に入ったが、完全な支配下に入ったわけではなく、時折、金峯山寺と興福寺との間で争いごとが起こっている。1114年(永久2年)3月30日には、興福寺大衆は金峯山別当のことで争い神木を擁して京師へ上ろうとしたので、関白藤原忠実が長者宣を下し、これを慰諭してことなきを得ている(中右記)。しかし、これが起因したことかは不明だが、1126年(大治元年)には、金峯山寺衆徒が蜂起し、また1145年(久安元年)には興福寺僧が金峯山寺を攻め両寺の僧徒が戦ったことが「台記」に出てくる。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た

    この大峯修験道を支えたのは、全国の信者たちで、彼らはそれぞれを組織し、夏季には先達に率いられて山上へと登った。現在でも金峯山寺で行われている花供懺法会式にも各地(東は関東から西は中国地方・四国)から多くの修験者たちが集まり信仰を支えた。また11世紀頃から、有力社寺へ田地を寄進する動きが活発となり、金峯山寺も大峯山系周辺以外にも多数の寺領を有することになる(詳しくは荘園 (日本)または寄進地系荘園を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た大滝ダム

    宮の平遺跡 - 川上村の 丹生川上神社上社が、大滝ダム建設に伴い水没するため、境内の発掘調査が行われた。本殿跡では11世紀末に遡る自然石を敷き並べた祭壇跡が出土し、周辺からは縄文時代中期から後半にかけての祭祀遺跡と見られる、環状配石遺構が出土している。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た高地

    紀伊半島の中部に位置し、奈良盆地の南に位置する。高地・盆地・山岳地帯が並存する。口吉野は吉野川流域、奥吉野は十津川・北山川流域である。吉野川は紀ノ川となって紀伊水道へと流れ下り、十津川と北山川は熊野川となって熊野灘へ注いでいる。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た五條市

    1141年(永治元年)に、金峯山寺は金剛峯寺に対して「金峯山寺領遠津川郷中津川村」の利権を侵害したとして抗議している。この中津川村は、現在の野迫川村中津川で、遠津川郷は十津川村と思われるが、この当時は現在の十津川村の地域まで発展しておらず、今の大塔村(現在の五條市大塔町)、野迫川村あたりが、ここでいう「遠津川郷」であったようである。遠津川郷は金峯山寺の寺領であったのは確かだったが、遠津川郷と高野山領との境界は明確でなく、その地域に杣人(そまびと)が入り込み、新しく中津川村が出来たので、その所属を巡り争いが起こったようである。その他にも吉野執行春賢らが、高野山領をかすめて境界の標木を高野山奥院の近くに建て、ここでの鹿狩りをしたり、遠津川郷人が高野山領の大滝村(高野山奥院より南へ4kmほど)・花園村(現在のかつらぎ町大字花園)にまで入り込みぼう示を立て、十津川郷の公事を勤めるよう強制するなどして、堪忍出来なくなった高野山側が1218年(建保6年)に朝廷に訴え出ているが、明確な決着は得られなかった(高野山文書、高野春秋)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た多聞天

    また役小角が開いた修験道は、一時途絶えていたが、平安時代前期、弘法大師空海の孫弟子にあたる真言宗の僧・聖宝(しょうぼう、天長9年(832年) - 延喜9年(909年))が、大峯山で修行を行い同地の修験道を再興している。聖宝は、吉野川の六田に渡しを作り、参詣路を整備し、お堂を建て、如意輪観音、多聞天、金剛蔵王菩薩を安置したという。この頃から金峯山は山岳信仰に密教、末法思想、浄土信仰などが融合して、多くの人々の信仰を集めることとなった。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た丁未の乱

    587年に蘇我馬子が排仏派の物部守屋を滅ぼした丁未の乱ののち、推古天皇2年(594年)に仏教(三宝)興隆の詔が発せられて以降、各地に寺院が建てられるようになったが、吉野においても多数の寺院が建てられている。一方で、役小角が金峰山(吉野山・大峰山)で蔵王権現を感得し、従来の山岳信仰と仏教を習合した日本独自の修験道を開き、発達していくことになる。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た平家の落人

    平家の落人は、治承・寿永の乱において敗北し、平家一門およびその郎党、また縁のある者らが、僻地に逃れ住み着いたとされる伝承であるが、現在の吉野郡にも、それらの伝承が残っている。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た世尊寺 (大淀町)

    吉野郡大淀町比曽にあった寺院。吉野寺とも呼ばれる。聖徳太子が建立した寺の一つと伝えられるが、詳しい創建の時期や由来は不明。伽藍配置や出土した古瓦などから、少なくとも飛鳥時代(7世紀後半)には存在していたようである。また本尊の由来が日本書紀に登場している。古くは都から吉野へ入る道の途中にあり天皇や貴族らが多く立ち寄っている。江戸時代に伽藍を縮小整備し、世尊寺となり現在に至る。かつての寺域は史跡「比曽寺跡」に指定されている。(詳しくは世尊寺 \(大淀町\)を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

194件中 91 - 100件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード