194件中 11 - 20件表示
  • 吉野

    吉野から見た笠金村

    元正天皇と聖武天皇が芳野(吉野の雅称)へ行幸した時の歌を笠金村が作り万葉集に収められている。(元正天皇の行幸は、万葉集6-907から6-909、聖武天皇の行幸は万葉集6-920から6-922)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た源義経

    治承・寿永の乱(1180年(治承4年)から1185年(文治元年))の後、兄源頼朝と対立した源義経は、京を落ちて九州行きを図る。1185年(文治元年)11月6日には摂津国大物浜から九州へ船出しようとしたが、途中暴風に遭い難破し軍兵のほとんどと離散し、義経は摂津に吹き戻されてしまう。義経郎党と愛妾・静御前らは頼朝の捜索網をくぐり抜け、吉野山に身を隠したが、ここでも追討を受け義経は静御前と別れて、義経らは東国へと脱した(吾妻鏡)。(吉野山での出来事は静御前を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た古人大兄皇子

    古人大兄皇子 - 大化の改新後に吉野へ隠棲するが、吉備笠垂の密告により殺害された。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た応神天皇

    応神天皇 - 吉野の宮へ行幸。この時、国巣の人々が酒を天皇に贈り、歌舞を見せた。また応神天皇の行幸は日本書紀における「吉野の宮」の初見になる。(日本書紀巻第十〇 応神天皇一九年冬十月)吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た藤原斉信

    藤原斉信(1015年(長和4年))吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た雄略天皇

    雄略天皇 - 吉野の宮へ行幸し狩りを楽しんだ。(日本書紀巻第十四 雄略天皇二年冬十月)吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た宇多天皇

    平安時代に入ると天皇の吉野への行幸は途絶えたが、879年(元慶3年)に清和上皇が名山仏龍巡礼で龍門寺を、宇多上皇が山寺巡礼で898年(昌泰元年)に龍門寺を、900年(昌泰3年)に金峯山寺を訪れている。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た源頼親

    大和源氏の源流である源頼親は、藤原道長に仕える侍で、11世紀はじめに大和守に任ぜられた。だが、当時の大和国の大和平野(奈良盆地)北部は興福寺の勢力下にあり、頼親の拠点は大和平野南部が中心となった。国府は高市郡内にあったとされる。一方で大和国の南部といっても吉野川(紀ノ川)より南は修験道の根本であったため、頼親の勢力は高市郡から宇智郡の範囲に限られた。頼親は高市郡と宇智郡に私領を設けている(前田本右記)が、この高市郡越智庄と宇智郡宇野庄がのちの越智氏と宇野氏の起源となる。なお、源頼親と子頼房(加賀守)は興福寺と争い頼親は土佐国に、頼房は隠岐国に流されている(扶桑略記)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た義淵

    吉野郡吉野町山口にあった寺院。醍醐寺本「諸寺縁起集」に収める「龍門寺縁起」によれば、7世紀後半に義淵僧正が「龍蓋寺(=岡寺)」と共に国家隆泰、藤氏栄昌のために建立したと伝えられている。龍門山は古くは神仙境の地として史書に登場しており、この龍門寺には仙人がいたと伝わる。室町時代頃に廃寺となった。(詳しくは龍門寺跡を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た持統天皇

    持統天皇(鸕野讚良皇女) - 頻繁に吉野の宮へ行幸している。その数は禅位後の1回を含めて32回に及ぶ。(日本書紀巻第卅〇)吉野 フレッシュアイペディアより)

194件中 11 - 20件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード