211件中 21 - 30件表示
  • 吉野

    吉野から見た平清盛

    1180年(治承4年)に以仁王と源頼政が打倒平氏のための挙兵を計画し、諸国の源氏や大寺社に蜂起を促す令旨を発したが、準備不足のために露見し、追討を受け以仁王と頼政は宇治平等院の戦いで敗死、早期に鎮圧された(詳しくは以仁王の挙兵を参照)。この時、金峯山寺は源氏に味方している。また親治の子である宇野氏の宇野太郎有治、次郎清治、三郎義治、四郎業治らが源氏に味方した(『源平盛衰記』)。敗れた頼政一党の一部は吉野に逃れたが、平清盛による頼政一党の捜索はきびしく、相次いで捕らえられている。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た源頼政

    1180年(治承4年)に以仁王と源頼政が打倒平氏のための挙兵を計画し、諸国の源氏や大寺社に蜂起を促す令旨を発したが、準備不足のために露見し、追討を受け以仁王と頼政は宇治平等院の戦いで敗死、早期に鎮圧された(詳しくは以仁王の挙兵を参照)。この時、金峯山寺は源氏に味方している。また親治の子である宇野氏の宇野太郎有治、次郎清治、三郎義治、四郎業治らが源氏に味方した(『源平盛衰記』)。敗れた頼政一党の一部は吉野に逃れたが、平清盛による頼政一党の捜索はきびしく、相次いで捕らえられている。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た源頼親

    大和源氏の源流である源頼親は、藤原道長に仕える侍で、11世紀はじめに大和守に任ぜられた。だが、当時の大和国の大和平野(奈良盆地)北部は興福寺の勢力下にあり、頼親の拠点は大和平野南部が中心となった。国府は高市郡内にあったとされる。一方で大和国の南部といっても吉野川(紀ノ川)より南は修験道の根本であったため、頼親の勢力は高市郡から宇智郡の範囲に限られた。頼親は高市郡と宇智郡に私領を設けている(『前田本右記』)が、この高市郡越智庄と宇智郡宇野庄がのちの越智氏と宇野氏の起源となる。なお、源頼親と子頼房(加賀守)は興福寺と争い頼親は土佐国に、頼房は隠岐国に流されている(『扶桑略記』)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た義淵

    吉野郡吉野町山口にあった寺院。醍醐寺本『諸寺縁起集』に収める「龍門寺縁起」によれば、7世紀後半に義淵が「龍蓋寺(=岡寺)」と共に国家隆泰、藤氏栄昌のために建立したと伝えられている。龍門山は古くは神仙境の地として史書に登場しており、この龍門寺には仙人がいたと伝わる。室町時代頃に廃寺となった。(詳しくは龍門寺跡を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た森川許六

    江戸時代初期には、1614年に徳川家康の顧問を務めた天海の支配下となった。なお、1706年(宝永年3)刊行の『風俗文選』(森川許六・選)には「芳野の賦」の項があり、吉野に関する名所、短歌などが記載されている。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た物部守屋

    587年に蘇我馬子が排仏派の物部守屋を滅ぼした丁未の乱ののち、推古天皇2年(594年)に仏教(三宝)興隆の詔が発せられて以降、各地に寺院が建てられるようになったが、吉野においても多数の寺院が建てられている。一方で、役小角が金峰山(吉野山・大峰山)で蔵王権現を感得し、従来の山岳信仰と仏教を習合した日本独自の修験道を開き、発達していくことになる。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た平維盛

    野迫川村平(たいら)は、平維盛がその生涯を終えた場所とされ、また十津川村五百瀬には維盛の墓と伝えられる祠がある(詳しくは平維盛を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た持統天皇

    持統天皇(鸕野讚良皇女) - 頻繁に吉野の宮へ行幸している。その数は禅位後の1回を含めて32回に及ぶ。(『日本書紀』巻第卅〇)吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た源親治

    頼房の子、頼俊(陸奥守)は、摂政家の要職にあり延久蝦夷合戦で活躍した。頼俊は栄山寺領を侵し、その所領を宇智郡から葛上郡に拡げ、その子である頼治は、大和国に居住し宇智郡を中心に一族の土着がはじまった。さらに頼治の孫、親治(名乗りは「宇野七郎親治」)は、保元の乱の顛末を描いた軍記物語『保元物語』に登場する。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た藤原師通

    藤原師通(1088年(寛治2年)、1090年(寛治4年))吉野 フレッシュアイペディアより)

211件中 21 - 30件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード