194件中 21 - 30件表示
  • 吉野

    吉野から見た源親治

    頼房の子、頼俊(陸奥守)は、摂政家の要職にあり延久蝦夷合戦で活躍した。頼俊は栄山寺領を侵し、その所領を宇智郡から葛上郡に拡げ、その子である頼治は、大和国に居住し宇智郡を中心に一族の土着がはじまった。さらに頼治の孫、親治(名乗りは「宇野七郎親治」)は、保元の乱の顛末を描いた軍記物語「保元物語」に登場する。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た藤原師通

    藤原師通(1088年(寛治2年)、1090年(寛治4年))吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た草壁皇子

    また天武天皇となったあとの天武天皇8年(679年)にも吉野へ行幸し、皇后の鸕野讚良皇女との間にもうけた草壁皇子が次期天皇であると宣言し後継者で争わないことを誓わせた(吉野の盟約)。(日本書紀巻第廿九)吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た源頼房

    大和源氏の源流である源頼親は、藤原道長に仕える侍で、11世紀はじめに大和守に任ぜられた。だが、当時の大和国の大和平野(奈良盆地)北部は興福寺の勢力下にあり、頼親の拠点は大和平野南部が中心となった。国府は高市郡内にあったとされる。一方で大和国の南部といっても吉野川(紀ノ川)より南は修験道の根本であったため、頼親の勢力は高市郡から宇智郡の範囲に限られた。頼親は高市郡と宇智郡に私領を設けている(前田本右記)が、この高市郡越智庄と宇智郡宇野庄がのちの越智氏と宇野氏の起源となる。なお、源頼親と子頼房(加賀守)は興福寺と争い頼親は土佐国に、頼房は隠岐国に流されている(扶桑略記)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た聖武天皇

    元正天皇と聖武天皇が芳野(吉野の雅称)へ行幸した時の歌を笠金村が作り万葉集に収められている。(元正天皇の行幸は、万葉集6-907から6-909、聖武天皇の行幸は万葉集6-920から6-922)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た皇極天皇

    斉明天皇 - 斉明天皇2年(656年)に離宮として吉野の宮を作った。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た源師時

    源頼俊の外孫で、源師任(父、源師時)という武士が宇智郡に所領を有していたが、師任は頼俊から譲られた所領を興福寺に寄進した。しかし、興福寺の課役が厳しく、改めて金峯山寺に寄進するという二重寄進の結果になった。この頃、興福寺と金峯山寺は争っており、憤慨した興福寺僧兵が、金峯山寺を攻めた。師任は金峯山を下り、宇智郡に潜伏するが、これを知った金峯山寺衆徒は、師任を捕らえようと、1146年(久安2年)に宇智郡に乱入し、郡司藤原頼金と戦ったとされる(本朝世紀)。この後の動静は明らかではないが、金峯山寺勢力が宇智郡に浸透し、栄山寺領をも横領していた例証が残っている(栄山寺文書)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た文武天皇

    文武天皇 - 吉野へ行幸した時の歌を詠んでいる。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た増賀

    多武峯寺(現在の談山神社)は、寺伝によると藤原鎌足の死後の天武天皇7年(678年)、長男で僧の定恵が唐からの帰国後に、父の墓を摂津安威の地から大和の地に移し、十三重塔を造立したのが発祥と伝えられる。以後、講堂(現在の拝殿)、祠堂(現在の本殿)が建立され聖霊院と号した。その後、藤原氏の繁栄と共に発展を遂げたが、平安時代に天台僧の増賀を迎えたことから、同じ大和国の藤原氏縁の寺院でありながら、宗派の違う興福寺とは争いが絶えなかった。(詳しくは談山神社を参照)。吉野郡とは、龍門岳(または音羽三山)から西へと伸びる稜線を北に越えた位置にあり、細峠(現在の奈良県道37号線、鹿路トンネル付近)または竜在峠を通じて結ばれていた。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た柿本人麻呂

    柿本人麻呂 - 万葉集1-36から1-39吉野 フレッシュアイペディアより)

194件中 21 - 30件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード