194件中 41 - 50件表示
  • 吉野

    吉野から見た大伴家持

    大伴家持 - 万葉集18-4098から4100吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た源頼朝

    治承・寿永の乱(1180年(治承4年)から1185年(文治元年))の後、兄源頼朝と対立した源義経は、京を落ちて九州行きを図る。1185年(文治元年)11月6日には摂津国大物浜から九州へ船出しようとしたが、途中暴風に遭い難破し軍兵のほとんどと離散し、義経は摂津に吹き戻されてしまう。義経郎党と愛妾・静御前らは頼朝の捜索網をくぐり抜け、吉野山に身を隠したが、ここでも追討を受け義経は静御前と別れて、義経らは東国へと脱した(吾妻鏡)。(吉野山での出来事は静御前を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た後醍醐天皇

    鎌倉時代後期には、後醍醐天皇の皇子である護良親王が吉野山で倒幕の兵を挙げる。後醍醐天皇は幕府滅亡後に京都で建武の新政を開くが、南北朝時代には吉野へ移り、皇居や行政機関を置いて吉野朝廷(南朝)が成立した。南朝は吉野町の吉野山を中心とするが、旧西吉野村には行宮としての賀名生皇居があった。川上村にも伝承地がある。南北朝統一後、室町時代にも後南朝勢力の活動地となった。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た藤原忠実

    金峯山検校職には興福寺関係の僧侶が入り、金峯山寺はその傘下に入ったが、完全な支配下に入ったわけではなく、時折、金峯山寺と興福寺との間で争いごとが起こっている。1114年(永久2年)3月30日には、興福寺大衆は金峯山別当のことで争い神木を擁して京師へ上ろうとしたので、関白藤原忠実が長者宣を下し、これを慰諭してことなきを得ている(中右記)。しかし、これが起因したことかは不明だが、1126年(大治元年)には、金峯山寺衆徒が蜂起し、また1145年(久安元年)には興福寺僧が金峯山寺を攻め両寺の僧徒が戦ったことが「台記」に出てくる。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た定恵

    多武峯寺(現在の談山神社)は、寺伝によると藤原鎌足の死後の天武天皇7年(678年)、長男で僧の定恵が唐からの帰国後に、父の墓を摂津安威の地から大和の地に移し、十三重塔を造立したのが発祥と伝えられる。以後、講堂(現在の拝殿)、祠堂(現在の本殿)が建立され聖霊院と号した。その後、藤原氏の繁栄と共に発展を遂げたが、平安時代に天台僧の増賀を迎えたことから、同じ大和国の藤原氏縁の寺院でありながら、宗派の違う興福寺とは争いが絶えなかった。(詳しくは談山神社を参照)。吉野郡とは、龍門岳(または音羽三山)から西へと伸びる稜線を北に越えた位置にあり、細峠(現在の奈良県道37号線、鹿路トンネル付近)または竜在峠を通じて結ばれていた。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た大伴旅人

    大伴旅人 - 万葉集3-315から316吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た静御前

    治承・寿永の乱(1180年(治承4年)から1185年(文治元年))の後、兄源頼朝と対立した源義経は、京を落ちて九州行きを図る。1185年(文治元年)11月6日には摂津国大物浜から九州へ船出しようとしたが、途中暴風に遭い難破し軍兵のほとんどと離散し、義経は摂津に吹き戻されてしまう。義経郎党と愛妾・静御前らは頼朝の捜索網をくぐり抜け、吉野山に身を隠したが、ここでも追討を受け義経は静御前と別れて、義経らは東国へと脱した(吾妻鏡)。(吉野山での出来事は静御前を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た徳川家康

    江戸時代初期には、1614年に徳川家康の顧問を務めた天海の支配下となった。なお、1706年(宝永年3)刊行の「風俗文選」(森川許六・選)には「芳野の賦」の項があり、吉野に関する名所、短歌などが記載されている。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た山部赤人

    山部赤人 - 万葉集6-923から927吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た藤原武智麻呂

    五條市小島町にある寺院。養老3年(719年)に藤原武智麻呂が創建したとされる。以後、藤原南家の菩提寺となり、鎌倉時代までおおいに栄えたと伝わる。境内には国宝の八角堂や梵鐘がある。また南北朝時代には南朝の行在所が置かれ、史跡「栄山寺行宮跡」に指定されている。 (詳しくは栄山寺を参照)吉野 フレッシュアイペディアより)

194件中 41 - 50件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード