211件中 51 - 60件表示
  • 吉野

    吉野から見た本居宣長

    吉野河の河尻 - 河尻とは下流域や河口付近を指すが、そうなると和歌山県の紀ノ川(吉野川)河口となる。そのため江戸時代の国学者・本居宣長が『古事記伝』で「河尻」は「川上(現在の川上村)」の書き間違えだとしている。また吉野河の河尻で「阿陀の鵜養の祖」に会ったとあり、この阿陀が現在の五條市南阿田ではないかとも考えられている(南阿田には阿陀比売神社がある)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た藤原頼通

    藤原頼通(1049年(永承4年))吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た増誉

    本山派 - 天台宗系。園城寺(三井寺)聖護院の円珍を開祖とする。1090年(寛治4年)の白河法皇の熊野御幸の先達をつとめた聖護院の増誉僧正が、その功を認められ、熊野三山の検校職に補されてから、聖護院は熊野を根拠にした山伏を傘下に集めた。のちに勢力は金峯山まで及び、役小角の正当性をもって任じ、本山派と称した。本山派では奥駆道は順峯(熊野→大峯→吉野)を通る。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た円珍

    本山派 - 天台宗系。園城寺(三井寺)聖護院の円珍を開祖とする。1090年(寛治4年)の白河法皇の熊野御幸の先達をつとめた聖護院の増誉僧正が、その功を認められ、熊野三山の検校職に補されてから、聖護院は熊野を根拠にした山伏を傘下に集めた。のちに勢力は金峯山まで及び、役小角の正当性をもって任じ、本山派と称した。本山派では奥駆道は順峯(熊野→大峯→吉野)を通る。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た藤原鎌足

    多武峯寺(現在の談山神社)は、寺伝によると藤原鎌足の死後の天武天皇7年(678年)、長男で僧の定恵が唐からの帰国後に、父の墓を摂津安威の地から大和の地に移し、十三重塔を造立したのが発祥と伝えられる。以後、講堂(現在の拝殿)、祠堂(現在の本殿)が建立され聖霊院と号した。その後、藤原氏の繁栄と共に発展を遂げたが、平安時代に天台僧の増賀を迎えたことから、同じ大和国の藤原氏縁の寺院でありながら、宗派の違う興福寺とは争いが絶えなかった。(詳しくは談山神社を参照)。吉野郡とは、龍門岳(または音羽三山)から西へと伸びる稜線を北に越えた位置にあり、細峠(現在の奈良県道37号線、鹿路トンネル付近)または竜在峠を通じて結ばれていた。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た柿本人麻呂

    柿本人麻呂 - 万葉集1-36から1-39吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た蘇我馬子

    587年に蘇我馬子が排仏派の物部守屋を滅ぼした丁未の乱ののち、推古天皇2年(594年)に仏教(三宝)興隆の詔が発せられて以降、各地に寺院が建てられるようになったが、吉野においても多数の寺院が建てられている。一方で、役小角が金峰山(吉野山・大峰山)で蔵王権現を感得し、従来の山岳信仰と仏教を習合した日本独自の修験道を開き、発達していくことになる。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た四国

    この大峯修験道を支えたのは、全国の信者たちで、彼らはそれぞれ講を組織し、夏季には先達に率いられて山上へと登った。現在でも金峯山寺で行われている花供懺法会式にも各地(東は関東から西は中国地方・四国)から多くの修験者たちが集まり信仰を支えた。また11世紀頃から、有力社寺へ田地を寄進する動きが活発となり、金峯山寺も大峯山系周辺以外にも多数の寺領を有することになる(詳しくは荘園 (日本)または寄進地系荘園を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た国際連合教育科学文化機関

    2004年には、吉野・大嶺を含む紀伊山地の霊場と参詣道が、ユネスコの世界遺産に登録された。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た高野山

    紀伊半島南部は、重畳(ちょうじょう)たる山岳地帯であり、近世に至るまで、大和国、紀伊国、伊勢国との国境は明白でなかった。一方で吉野山金峯山寺が勢力を拡大して行く中で、西に位置し紀伊国にある高野山金剛峯寺とも寺領を巡り争いが起こっている。吉野 フレッシュアイペディアより)

211件中 51 - 60件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード