194件中 51 - 60件表示
  • 吉野

    吉野から見た源頼俊

    頼房の子、頼俊(陸奥守)は、摂政家の要職にあり延久蝦夷合戦で活躍した。頼俊は栄山寺領を侵し、その所領を宇智郡から葛上郡に拡げ、その子である頼治は、大和国に居住し宇智郡を中心に一族の土着がはじまった。さらに頼治の孫、親治(名乗りは「宇野七郎親治」)は、保元の乱の顛末を描いた軍記物語「保元物語」に登場する。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た藤原頼通

    藤原頼通(1049年(永承4年))吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た増誉

    本山派 - 天台宗系。園城寺(三井寺)聖護院の円珍を開祖とする。1090年(寛治4年)の白河法皇の熊野御幸の先達をつとめた聖護院の増誉僧正が、その功を認められ、熊野三山の検校職に補されてから、聖護院は熊野を根拠にした山伏を傘下に集めた。のちに勢力は金峯山まで及び、役小角の正当性をもって任じ、本山派と称した。本山派では奥駆道は順峯(熊野→大峯→吉野)を通る。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た円珍

    本山派 - 天台宗系。園城寺(三井寺)聖護院の円珍を開祖とする。1090年(寛治4年)の白河法皇の熊野御幸の先達をつとめた聖護院の増誉僧正が、その功を認められ、熊野三山の検校職に補されてから、聖護院は熊野を根拠にした山伏を傘下に集めた。のちに勢力は金峯山まで及び、役小角の正当性をもって任じ、本山派と称した。本山派では奥駆道は順峯(熊野→大峯→吉野)を通る。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た藤原鎌足

    多武峯寺(現在の談山神社)は、寺伝によると藤原鎌足の死後の天武天皇7年(678年)、長男で僧の定恵が唐からの帰国後に、父の墓を摂津安威の地から大和の地に移し、十三重塔を造立したのが発祥と伝えられる。以後、講堂(現在の拝殿)、祠堂(現在の本殿)が建立され聖霊院と号した。その後、藤原氏の繁栄と共に発展を遂げたが、平安時代に天台僧の増賀を迎えたことから、同じ大和国の藤原氏縁の寺院でありながら、宗派の違う興福寺とは争いが絶えなかった。(詳しくは談山神社を参照)。吉野郡とは、龍門岳(または音羽三山)から西へと伸びる稜線を北に越えた位置にあり、細峠(現在の奈良県道37号線、鹿路トンネル付近)または竜在峠を通じて結ばれていた。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た醍醐寺

    当山派 - 真言宗系。醍醐寺三宝院の聖宝を開祖とする。先に述べたように、聖宝は参詣路を整備し、お堂を建て、如意輪観音、多聞天、金剛蔵王菩薩を安置したという。また小篠(おざさ) に伽藍を建立し、鳥住(吉野郡下市町)に鳳閣寺を建てたと伝わる。当山派では、奥駆道は逆峯(吉野→大峯→熊野)を通る。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た天海

    江戸時代初期には、1614年に徳川家康の顧問を務めた天海の支配下となった。なお、1706年(宝永年3)刊行の「風俗文選」(森川許六・選)には「芳野の賦」の項があり、吉野に関する名所、短歌などが記載されている。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た世界遺産

    2004年には、吉野・大嶺を含む紀伊山地の霊場と参詣道が、ユネスコの世界遺産に登録された。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た四国

    この大峯修験道を支えたのは、全国の信者たちで、彼らはそれぞれ講を組織し、夏季には先達に率いられて山上へと登った。現在でも金峯山寺で行われている花供懺法会式にも各地(東は関東から西は中国地方・四国)から多くの修験者たちが集まり信仰を支えた。また11世紀頃から、有力社寺へ田地を寄進する動きが活発となり、金峯山寺も大峯山系周辺以外にも多数の寺領を有することになる(詳しくは荘園 (日本)または寄進地系荘園を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た国際連合教育科学文化機関

    2004年には、吉野・大嶺を含む紀伊山地の霊場と参詣道が、ユネスコの世界遺産に登録された。吉野 フレッシュアイペディアより)

194件中 51 - 60件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード