194件中 61 - 70件表示
  • 吉野

    吉野から見た台風

    熊野地方(三重県南部から和歌山県南東部まで)と並ぶ多雨地帯であり、台風銀座でもある。吉野杉は秋田杉や木曽桧と並んで日本三大美林一つとされ、日本有数の林業地帯となっている。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た金峯山寺

    吉野郡吉野町吉野山にある寺院。正確な創建時期は不明であるが、開基は役小角(えんのおづぬ)と伝える。その後、一時途絶えていたが、平安時代に聖宝が再興して以来、吉野山には多数の寺院宝塔が建てられ、神社なども修験道の修行場として、神仏習合が行われていた。明治の神仏分離で多数の寺院が取り壊され、修行場となっていた神社は金峯山寺より独立して今日に至る。(詳しくは金峯山寺または修験道を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た滋岳川人

    また859年(貞観元年)には、五穀豊饒を願うために陰陽師、滋岳川人(しげおかのかわひと)が吉野郡の高山で、虫害除去の祭祀を行っている(三代実録巻三)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見たサクラ

    サクラの名所としても知られるが、多くは吉野の名を冠したソメイヨシノではなく、ヤマザクラの類である。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た中国地方

    この大峯修験道を支えたのは、全国の信者たちで、彼らはそれぞれ講を組織し、夏季には先達に率いられて山上へと登った。現在でも金峯山寺で行われている花供懺法会式にも各地(東は関東から西は中国地方・四国)から多くの修験者たちが集まり信仰を支えた。また11世紀頃から、有力社寺へ田地を寄進する動きが活発となり、金峯山寺も大峯山系周辺以外にも多数の寺領を有することになる(詳しくは荘園 (日本)または寄進地系荘園を参照)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た鎌倉時代

    鎌倉時代後期には、後醍醐天皇の皇子である護良親王が吉野山で倒幕の兵を挙げる。後醍醐天皇は幕府滅亡後に京都で建武の新政を開くが、南北朝時代には吉野へ移り、皇居や行政機関を置いて吉野朝廷(南朝)が成立した。南朝は吉野町の吉野山を中心とするが、旧西吉野村には行宮としての賀名生皇居があった。川上村にも伝承地がある。南北朝統一後、室町時代にも後南朝勢力の活動地となった。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た室町時代

    鎌倉時代後期には、後醍醐天皇の皇子である護良親王が吉野山で倒幕の兵を挙げる。後醍醐天皇は幕府滅亡後に京都で建武の新政を開くが、南北朝時代には吉野へ移り、皇居や行政機関を置いて吉野朝廷(南朝)が成立した。南朝は吉野町の吉野山を中心とするが、旧西吉野村には行宮としての賀名生皇居があった。川上村にも伝承地がある。南北朝統一後、室町時代にも後南朝勢力の活動地となった。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た吉野山

    吉野(よしの)は、大和国南部一帯、現在の奈良県南部一帯の地名。に相当する。吉野山から大峰山の山岳地帯をいい、狩りに適した良い野という意味である。吉野は口吉野と奥吉野に別れる。奥吉野は山々が連なる山岳地帯で、古くは大峰とよばれ、厳密には吉野に含まれなかった。大峰の山々は熊野まで連なる。大峰への道は修験者によって、熊野から開かれた。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た修験道

    587年に蘇我馬子が排仏派の物部守屋を滅ぼした丁未の乱ののち、推古天皇2年(594年)に仏教(三宝)興隆の詔が発せられて以降、各地に寺院が建てられるようになったが、吉野においても多数の寺院が建てられている。一方で、役小角が金峰山(吉野山・大峰山)で蔵王権現を感得し、従来の山岳信仰と仏教を習合した日本独自の修験道を開き、発達していくことになる。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た真言宗

    また役小角が開いた修験道は、一時途絶えていたが、平安時代前期、弘法大師空海の孫弟子にあたる真言宗の僧・聖宝(しょうぼう、天長9年(832年) - 延喜9年(909年))が、大峯山で修行を行い同地の修験道を再興している。聖宝は、吉野川の六田に渡しを作り、参詣路を整備し、お堂を建て、如意輪観音、多聞天、金剛蔵王菩薩を安置したという。この頃から金峯山は山岳信仰に密教、末法思想、浄土信仰などが融合して、多くの人々の信仰を集めることとなった。吉野 フレッシュアイペディアより)

194件中 61 - 70件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード