194件中 71 - 80件表示
  • 吉野

    吉野から見た談山神社

    多武峯寺(現在の談山神社)は、寺伝によると藤原鎌足の死後の天武天皇7年(678年)、長男で僧の定恵が唐からの帰国後に、父の墓を摂津安威の地から大和の地に移し、十三重塔を造立したのが発祥と伝えられる。以後、講堂(現在の拝殿)、祠堂(現在の本殿)が建立され聖霊院と号した。その後、藤原氏の繁栄と共に発展を遂げたが、平安時代に天台僧の増賀を迎えたことから、同じ大和国の藤原氏縁の寺院でありながら、宗派の違う興福寺とは争いが絶えなかった。(詳しくは談山神社を参照)。吉野郡とは、龍門岳(または音羽三山)から西へと伸びる稜線を北に越えた位置にあり、細峠(現在の奈良県道37号線、鹿路トンネル付近)または竜在峠を通じて結ばれていた。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た大和国

    吉野(よしの)は、大和国南部一帯、現在の奈良県南部一帯の地名。に相当する。吉野山から大峰山の山岳地帯をいい、狩りに適した良い野という意味である。吉野は口吉野と奥吉野に別れる。奥吉野は山々が連なる山岳地帯で、古くは大峰とよばれ、厳密には吉野に含まれなかった。大峰の山々は熊野まで連なる。大峰への道は修験者によって、熊野から開かれた。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た興福寺

    古代から中世にかけて寺社では、僧兵を抱えていたが、金峯山寺でも同様に吉野大衆と呼ばれる僧兵を抱えている。山法師(延暦寺)、奈良法師(興福寺)ほどの勢力ではなかったが、史上に時折登場している。古いところで1028年(長元元年)に、大和守藤原保昌の圧政を訴えて上洛している(日本紀略、左経記)。吉野大衆は事が有れば、勝手神社の御輿を担いで、示威行動をもって都に強訴のために出向いた。また他の寺社同様に領地的な勢力を拡大する中で、軍事組織としても機能して行くことになる。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た奈良盆地

    紀伊半島の中部に位置し、奈良盆地の南に位置する。高地・盆地・山岳地帯が並存する。口吉野は吉野川流域、奥吉野は十津川・北山川流域である。吉野川は紀ノ川となって紀伊水道へと流れ下り、十津川と北山川は熊野川となって熊野灘へ注いでいる。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た仙境

    仏教が伝来する以前の日本では、自然崇拝や精霊崇拝を中心とする古神道が信仰の中心であった。吉野でも、宮の平遺跡で祭壇と見られる環状配石遺構が発見されており、また竜門山の史書における初見は神仙境として登場している。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た紀伊半島

    紀伊半島の中部に位置し、奈良盆地の南に位置する。高地・盆地・山岳地帯が並存する。口吉野は吉野川流域、奥吉野は十津川・北山川流域である。吉野川は紀ノ川となって紀伊水道へと流れ下り、十津川と北山川は熊野川となって熊野灘へ注いでいる。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た十津川村

    1141年(永治元年)に、金峯山寺は金剛峯寺に対して「金峯山寺領遠津川郷中津川村」の利権を侵害したとして抗議している。この中津川村は、現在の野迫川村中津川で、遠津川郷は十津川村と思われるが、この当時は現在の十津川村の地域まで発展しておらず、今の大塔村(現在の五條市大塔町)、野迫川村あたりが、ここでいう「遠津川郷」であったようである。遠津川郷は金峯山寺の寺領であったのは確かだったが、遠津川郷と高野山領との境界は明確でなく、その地域に杣人(そまびと)が入り込み、新しく中津川村が出来たので、その所属を巡り争いが起こったようである。その他にも吉野執行春賢らが、高野山領をかすめて境界の標木を高野山奥院の近くに建て、ここでの鹿狩りをしたり、遠津川郷人が高野山領の大滝村(高野山奥院より南へ4kmほど)・花園村(現在のかつらぎ町大字花園)にまで入り込みぼう示を立て、十津川郷の公事を勤めるよう強制するなどして、堪忍出来なくなった高野山側が1218年(建保6年)に朝廷に訴え出ているが、明確な決着は得られなかった(高野山文書、高野春秋)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た和歌山県

    熊野地方(三重県南部から和歌山県南東部まで)と並ぶ多雨地帯であり、台風銀座でもある。吉野杉は秋田杉や木曽桧と並んで日本三大美林一つとされ、日本有数の林業地帯となっている。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た梵鐘

    五條市小島町にある寺院。養老3年(719年)に藤原武智麻呂が創建したとされる。以後、藤原南家の菩提寺となり、鎌倉時代までおおいに栄えたと伝わる。境内には国宝の八角堂や梵鐘がある。また南北朝時代には南朝の行在所が置かれ、史跡「栄山寺行宮跡」に指定されている。 (詳しくは栄山寺を参照)吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た南朝 (日本)

    五條市小島町にある寺院。養老3年(719年)に藤原武智麻呂が創建したとされる。以後、藤原南家の菩提寺となり、鎌倉時代までおおいに栄えたと伝わる。境内には国宝の八角堂や梵鐘がある。また南北朝時代には南朝の行在所が置かれ、史跡「栄山寺行宮跡」に指定されている。 (詳しくは栄山寺を参照)吉野 フレッシュアイペディアより)

194件中 71 - 80件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード