211件中 81 - 90件表示
  • 吉野

    吉野から見た大塔村 (奈良県)

    「吉野(吉野地方)」の範囲は時代によって異なる。元々の吉野は、吉野川北岸と竜門山地(高取山・竜門岳)に挟まれた原野を指していた。また最小では吉野山或いは吉野の宮(宮滝遺跡)のみを指す場合もある。これらは時代が下ると共に南の山間部へと拡大し、現在は奈良県南部の吉野郡一帯(五條市と合併した西吉野村・大塔村の範囲を含む)を指すようになった。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た十津川村

    1141年(永治元年)に、金峯山寺は金剛峯寺に対して「金峯山寺領遠津川郷中津川村」の利権を侵害したとして抗議している。この中津川村は、現在の野迫川村中津川で、遠津川郷は十津川村と思われるが、この当時は現在の十津川村の地域まで発展しておらず、今の大塔村(現在の五條市大塔町)、野迫川村あたりが、ここでいう「遠津川郷」であったようである。遠津川郷は金峯山寺の寺領であったのは確かだったが、遠津川郷と高野山領との境界は明確でなく、その地域に杣人(そまびと)が入り込み、新しく中津川村が出来たので、その所属を巡り争いが起こったようである。その他にも吉野執行春賢らが、高野山領をかすめて境界の標木を高野山奥院の近くに建て、ここでの鹿狩りをしたり、遠津川郷人が高野山領の大滝村(高野山奥院より南へ4kmほど)・花園村(現在のかつらぎ町大字花園)にまで入り込みぼう示を立て、十津川郷の公事を勤めるよう強制するなどして、堪忍出来なくなった高野山側が1218年(建保6年)に朝廷に訴え出ているが、明確な決着は得られなかった(高野山文書、高野春秋)。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た伊勢国

    紀伊半島南部は、重畳(ちょうじょう)たる山岳地帯であり、近世に至るまで、大和国、紀伊国、伊勢国との国境は明白でなかった。一方で吉野山金峯山寺が勢力を拡大して行く中で、西に位置し紀伊国にある高野山金剛峯寺とも寺領を巡り争いが起こっている。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た大和国

    吉野(よしの)は、大和国南部(現在の奈良県南部)一帯を指す地名である。特に吉野山から大峰山にかけての山岳地帯をいう。狩りに適した良い野という意味である。吉野は口吉野と奥吉野に分かれる。奥吉野は山々が連なる山岳地帯で、古くは大峰とよばれ、厳密には吉野に含まれなかった。大峰の山々は熊野まで連なる。大峰への道は修験者によって、熊野から開かれた。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た西吉野村

    「吉野(吉野地方)」の範囲は時代によって異なる。元々の吉野は、吉野川北岸と竜門山地(高取山・竜門岳)に挟まれた原野を指していた。また最小では吉野山或いは吉野の宮(宮滝遺跡)のみを指す場合もある。これらは時代が下ると共に南の山間部へと拡大し、現在は奈良県南部の吉野郡一帯(五條市と合併した西吉野村・大塔村の範囲を含む)を指すようになった。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た和歌山県

    熊野地方(三重県南部から和歌山県南東部まで)と並ぶ多雨地帯であり、台風銀座でもある。吉野杉は秋田杉や木曽檜と並んで日本三大美林一つとされ、日本有数の林業地帯となっている。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た宮滝遺跡

    「吉野(吉野地方)」の範囲は時代によって異なる。元々の吉野は、吉野川北岸と竜門山地(高取山・竜門岳)に挟まれた原野を指していた。また最小では吉野山或いは吉野の宮(宮滝遺跡)のみを指す場合もある。これらは時代が下ると共に南の山間部へと拡大し、現在は奈良県南部の吉野郡一帯(五條市と合併した西吉野村・大塔村の範囲を含む)を指すようになった。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た延喜式神名帳

    以下に現在の吉野地方(五條市を含む)にある創建時期が奈良時代(9世紀)以前と伝えられる寺院と、『延喜式神名帳』(延長5年(927年)にまとめられた『延喜式』の巻九・十)に記載されている神社を列記する。吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た梵鐘

    五條市小島町にある寺院。養老3年(719年)に藤原武智麻呂が創建したとされる。以後、藤原南家の菩提寺となり、鎌倉時代までおおいに栄えたと伝わる。境内には国宝の八角堂や梵鐘がある。また南北朝時代には南朝の行在所が置かれ、史跡「栄山寺行宮跡」に指定されている。 (詳しくは栄山寺を参照)吉野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野

    吉野から見た南朝 (日本)

    五條市小島町にある寺院。養老3年(719年)に藤原武智麻呂が創建したとされる。以後、藤原南家の菩提寺となり、鎌倉時代までおおいに栄えたと伝わる。境内には国宝の八角堂や梵鐘がある。また南北朝時代には南朝の行在所が置かれ、史跡「栄山寺行宮跡」に指定されている。 (詳しくは栄山寺を参照)吉野 フレッシュアイペディアより)

211件中 81 - 90件表示

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード