95件中 51 - 60件表示
  • 吉原炎上

    吉原炎上から見た奈良岡朋子奈良岡 朋子

    ナレーション - 奈良岡朋子吉原炎上 フレッシュアイペディアより)

  • RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

    RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語から見た奈良岡朋子奈良岡 朋子

    筒井絹代(肇の母): 奈良岡朋子RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 フレッシュアイペディアより)

  • 淡谷幹彦

    淡谷幹彦から見た奈良岡朋子奈良岡 朋子

    6歳よりギターを始め、古賀政男が運営の古賀ギター歌謡学院卒業後阿部保夫に弟子入りしクラシックギターを学ぶ。15歳でギター教室を開く。メキシコのコーラスグループ トリオ・ロス・パンチョスの奏者アルフレド・ヒルの影響を受け、ラテン音楽を研究。1965年ラテン音楽ブームに乗り、マナセプロダクションの創立者である曲直瀬正雄が鶴岡雅義、淡谷幹彦、アントニオ古賀の三方で日本のラテントリオ結成を試みたがデビューに至らなかった。日本のラテンコーラスグループ、トリオロスチカノスと出会い東京キューバンボーイズのコンサートに参加しプロとしてデビュー。トリオロスチカノスの恩師吉田秀士に歌の指導を受ける。後に有馬徹にスカウトされ、ノーチェ・クバーナの専属歌手として入団し看板歌手として活動、日本全国をはじめ海外でも演奏するようになる。在籍中、劇団民藝の創立者の一人である宇野重吉の目にとまり、東京都港区青山にある劇団民芸の稽古場において宇野重吉、奈良岡朋子の審査員によるオーディションに合格。外部出演として『泰山木の木の下で』(1963年初公開)小山裕士作、宇野重吉演出、北林谷栄主演で客演448回の舞台を演じ宇野重吉から劇団民藝の番号入り(221番)の名誉バッチを授与された。1965年4月3日から4月29日に石原慎太郎作・演出、日生劇場ミュージカル『焔のカーブ』に出演、自動車レーサーでレース中事故をおこし失明、盲らの役を演じた。この役は本来平尾昌晃が出演する予定だったが平尾本人の事情により、出演を辞退したため淡谷が抜擢された。現在有馬徹とノーチェ・クバーナコンサート他、外部出演で活動している。淡谷幹彦 フレッシュアイペディアより)

  • 犬と麻ちゃん

    犬と麻ちゃんから見た奈良岡朋子奈良岡 朋子

    宗近みどり:奈良岡朋子 - 耕平の戦友、宗近忠正の妻(第14話)犬と麻ちゃん フレッシュアイペディアより)

  • ほんとうに

    ほんとうにから見た奈良岡朋子奈良岡 朋子

    上条昭子:奈良岡朋子 - 祐人の妻ほんとうに フレッシュアイペディアより)

  • 毎日芸術賞

    毎日芸術賞から見た奈良岡朋子奈良岡 朋子

    第47回(2005年度)谷川俊太郎(『シャガールと木の葉』)、三木卓(『北原白秋』)、奈良岡朋子、西村朗、李禹煥毎日芸術賞 フレッシュアイペディアより)

  • ホタル (映画)

    ホタル (映画)から見た奈良岡朋子奈良岡 朋子

    八木秀次によると、セリフや描き方に関する違和感を雑誌に書いたところ(「反戦映画に仕立てられたホタル」『諸君!』2001年9月号)、その一年後、それを読んだという朝日新聞社の幹部が「そろそろ話しても良い頃だと思う」と以下の趣旨の手紙を寄越したという。朝日新聞社は『ホタル』製作委員会のメンバーであり、その幹部は前もってシナリオに目を通すことのできる立場にあった。映画の中に鳥濱トメをモデルにした奈良岡朋子演じるところの富子に、特攻隊員を「殺したんだよっ」と絶叫させる場面がある。また、朝鮮出身の特攻隊員・金山少尉に「遺書に本当のことが書けるか」と言わせるシーンもある。前者は年若い特攻隊員を不憫に思って実の子供のようにかわいがり、戦後はその慰霊のために生涯を捧げた鳥濱トメの口からは出ることのない政治的メッセージに満ちた言葉であり、鳥濱トメの加害性すら強調したものである。後者は知覧の特攻平和会館に保存・展示されている特攻隊員の遺書すべてが虚飾と体面の集積と言わんばかりのものである。その幹部は映画の製作発表直後にそれに気づき、思い余って鳥濱トメのお嬢さんの赤羽礼子に事実確認の連絡を取った。シナリオの細部に目を通していなかった赤羽は驚き、すぐに東映に問い、その点を質した。その幹部も東映に掛け合い、「東映は酷い映画を作ろうとしていますね。まだご遺族も、特攻隊の生き残りの方も存命中です。ぜひシナリオを訂正すべきです」と進言した。やがて東映の枢要な立場の人から「趣旨は分かったのでなんとかしたい」と返事が来た。しかしその直後、「監督が一度フィルム・ラッシュを見て欲しいと言っているので、撮影所まで来てくれないか」ということになり、赤羽と幹部が撮影所まで出向し、問題の場面を見せられた。奈良岡朋子が絶叫するシーンはいつでも吹き替えができるように奈良岡朋子の背中が大写しになっており、それは「どうにでも致します」という意味であった。フィルム・ラッシュを見た赤羽と幹部は、「完成寸前にもかかわらず、東映が吹き替えの準備までしているなら、その誠意は分かった。決して認めるわけにはいかないが、裏方で携わった人たちの陰の苦労を考えて、あくまで東映のオリジナル・フィクションということならば、この件は以降『黙』とします」と述べて撮影所を辞去した。また、シナリオ段階の「遺書に本当のことが書けるか」というセリフは「検閲のある遺書に本当のことが書けるか」に改められていた。改悪であり、特攻隊員たちは遺書をしたためるに当たって検閲を想定し、建前を書いただけで決して本心は語らなかったということをほのめかすものであり、幹部はその意味に後で気づくことになるのだが、もう後の祭りであったという。ホタル (映画) フレッシュアイペディアより)

  • わが生涯のかがやける日

    わが生涯のかがやける日から見た奈良岡朋子奈良岡 朋子

    『安城家の舞踏会』『誘惑』に続いて吉村と新藤がコンビを組んだ作品。戦中から戦後の権力者の告発がテーマの作品だが、脚本段階でGHQから、完成後は検察庁からの検閲で大幅にカットされた。群衆場面には民衆芸術劇場の研究生であった垂水悟郎、大滝秀治、内藤武敏、奈良岡朋子らも出演していた。第22回キネマ旬報ベスト・テン第5位。わが生涯のかがやける日 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥濱トメ

    鳥濱トメから見た奈良岡朋子奈良岡 朋子

    奈良岡朋子 - 映画『ホタル』(富屋食堂主人・富子 2001年)鳥濱トメ フレッシュアイペディアより)

  • 狼 (映画)

    狼 (映画)から見た奈良岡朋子奈良岡 朋子

    十二号の看護婦:奈良岡朋子狼 (映画) フレッシュアイペディアより)

95件中 51 - 60件表示

「奈良岡朋子」のニューストピックワード

  • 恋人という感覚から家族に...自分の変化がピュアに反映されるのが僕の音楽の特徴

  • よしもと流プレミアムフライデー サマーキャンペーン2018

  • 昼めし旅〜あなたのご飯見せて下さい〜