55件中 21 - 30件表示
  • 高山幸代

    高山幸代から見た女子アナ日本のアナウンサー

    このときは明石家さんまから相当いじられたとか。それがきっかけで写真週刊誌『FLASH』でも女子アナ特集で取り上げられた。高山幸代 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱ドライビングポップス

    三菱ドライビングポップスから見た日本のアナウンサー日本のアナウンサー

    名古屋のCBCラジオも18:00からの放送だったが、当時は通常18:15放送開始だった『CBCラジオナイター』において、後楽園球場(1988年から東京ドーム)からの巨人対中日戦など18:00試合開始の中日ビジターゲームがあった場合はナイターの放送開始も18:00(新聞等の番組表上)に変更していた為、当番組はその試合終了後に放送されていた。但し18時の時報(スジャータ)直後に、CBCの女性アナウンサーによる「『三菱ドライビングポップス・(パーソナリティ名)と歌おう』は、ナイター中継の終了後にお送り致します。ご了承下さい」という告知があり、約2分間三菱自動車のCMのみを集中的に流した後、18:02位からナイター本編に入っていた。三菱ドライビングポップス フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た女子アナ日本のアナウンサー

    田丸と美里は翌年2月に結婚したが、これは田丸によるいわゆる“略奪婚”であり、また当時美里の妻が妊娠中であったこともあって、世間の不興を買った。これに対して田丸は、「(美里泰伸を前妻から)奪ったのではなく、譲ってもらった」と発言、写真週刊誌 『FOCUS』をはじめとするマスメディアからの更なるバッシングを受けることとなった。これは、日本の女子アナ史上初の不倫スキャンダルであり、田丸は、“不倫女子アナ”の草分けとも看做される。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 新海史子

    新海史子から見た日本のアナウンサー日本のアナウンサー

    新海史子(しんかい ふみこ、1987年3月5日 - )は、新潟県新潟市出身の新潟放送の女性アナウンサー。学生時代から仙台SOSモデルエージェンシーに所属し、宮城県仙台市を拠点にプロアイススケーター、モデル、ローカルタレントとして活動していた。新海史子 フレッシュアイペディアより)

  • 「ぷっ」すまの企画

    「ぷっ」すまの企画から見た女子アナ日本のアナウンサー

    結果発表の前に、カーテン越しや女子アナの持つCCDカメラで身体の一部を写す。最近は『セクシークリーム』というシェービングクリームを塗ったガラスが登場しクリームをへらでこそぎ取りそこから写った身体の一部を公開というケースも出現。「ぷっ」すまの企画 フレッシュアイペディアより)

  • 大好き!東京ゲスト10

    大好き!東京ゲスト10から見た日本のアナウンサー日本のアナウンサー

    司会は爆笑問題が担当。その他の出演者に高田純次、進行役はTBSアナウンサー・小倉弘子が務めた。大好き!東京ゲスト10 フレッシュアイペディアより)

  • こぶし (お笑い)

    こぶし (お笑い)から見た女子アナ日本のアナウンサー

    趣味:女子アナの見比べ、フットサル、プラネタリウム(宇宙に関すること)こぶし (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • 谷保恵美

    谷保恵美から見た日本のアナウンサー日本のアナウンサー

    谷保 恵美(たにほ えみ、1966年 - )は、千葉ロッテマリーンズのスタジアムアナウンサー(ウグイス嬢)。帯広市観光大使。北海道帯広市生まれ。谷保恵美 フレッシュアイペディアより)

  • 少女漫画 (漫画)

    少女漫画 (漫画)から見た日本のアナウンサー日本のアナウンサー

    映画監督を父に、女優を母に持ち、女子アナ界の姫川亜弓の異名を取るアナウンサー・万城目雅(まんじょうめ みやび)。小学生の頃、クラスで流行った『ガラスの仮面』、クラスメイトは北島マヤを応援する子ばかりだったが、自分は血の滲むような努力をしてきた亜弓さんの大ファンだった。少女漫画 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 大奥 (2006年の映画)

    大奥 (2006年の映画)から見た日本のアナウンサー日本のアナウンサー

    フジテレビで放送されたテレビドラマ「大奥」の集大成的な作品であるため、監督と脚本はそのままシリーズを担当した林徹と浅野妙子が担当し、テレビドラマ版に出演したキャストが多数出演した。2003年版の「大奥」からは、浅野ゆう子、鈴木砂羽、本田博太郎、原田龍二、井之上淳が、「大奥〜第一章〜」(2004年版)からは、松下由樹、高島礼子、藤田まこと、西島秀俊、山田夏海、「大奥〜華の乱〜」(2005年版)からは、谷原章介、平泉成、中山忍、徳井優、佐藤仁美、火野正平が出演した(大奥スリーアミーゴスの鷲尾真知子、山口香緒里、久保田磨希の3人も出演した)。1983年版からも杉田かおるが出演した。1983年版及び「華の乱」にも出演した江波杏子が出演し、1983年版及び「第一章?」にも出演した梶芽衣子はナレーションを担当する。「大奥スペシャル?幕末の女たち?」及び「第一章」にも出演した園英子、星野真里や、「第一章」及び「華の乱」にも出演したかとうあつきや、「大奥」「第一章」「華の乱」とシリーズ3作に出演した木下ほうか、山田明郷、北村一輝や「大奥」「第一章」に出演した小松みゆき、紅萬子、木村多江も出演し、シリーズの集大成らしさが伺える。また、女子アナ31名が出演することも話題になった。フジテレビからは平井理央、阿部知代、遠藤玲子の現役3名と2005年12月退社の千野志麻、そしてフジテレビ系列27局から各1名ずつである。大奥 (2006年の映画) フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「女子アナ」のニューストピックワード