199件中 111 - 120件表示
  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た裏番組

    放送局同士のコラボレーション企画等により、局アナが他局の番組に出演するケースもある。この影響で局アナが裏番組と重複出演となるケースもある(詳細は「小林麻耶」の項を参照)。その他、放送局同士の共同制作番組を放送する際、そのCMに各局アナが勢揃いで出演することもある。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た視聴率

    1980年代後半以降に採用された女子アナウンサーの大半が、俗に言う「ブランド大学」(東京六大学や関関同立など)の出身であり、またミスキャンパスに選出された経歴を持つ者も少なくない。また、業務上必要なアナウンス技術よりも、容姿を優先したり、誤読やトチリなど本来は許されないはずのミスを視聴率獲得のため珍重した結果、芸能人さながらの扱いを受けるケースが多いと見る向きもある。さらに2000年代以降は平井理央、紺野あさ美、宮澤智など元アイドルが女子アナとなる事例が見られる。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たマスメディア

    アナウンサーとは、基本的には、放送をするマスメディアが、収拾した情報を元に作った原稿を、(あるいは動画にのせて)視聴者に一方的に読み聞かせる役割を担う者である。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た今夜はなまらナイト

    富山では、山田重光が福岡を一旦離れてUターンして以降、アナウンスを統括する放送部副部長が3代続けて地元富山県出身者となっている。隣の新潟では、2009年8月の時点で6人いるアナウンサーの半分が地元新潟県出身者だった(後に転勤で1人出て2人に)。拠点局ではない一般放送局でこうした事例はまれである。山形県では、柴田徹がUターン後、山形弁でふるさとを語るバラエティ番組『今夜はなまらナイト』を立ち上げ、今や全国にファンを有する。拠点局でも、名古屋は単身赴任者を含め愛知県出身者が多く在籍している。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た取材

    欧米では、たとえばニュースというのは記者の取材活動がなにより重要であることが広く認識されており、また取材・原稿の作成・編集から読み上げにいたる 一連の作業や、音声(マイクや録音などの)担当者やカメラマン、ディレクター、アシスタントディレクターなども含めて組織的連携の全てが本当は大切で、それらどの役割や人物が欠けても番組というものは成立しない、ということは広く認識されており、(たとえばニュースに関しては)マイクの前やカメラの前に位置して原稿を読む役割を担う職業も、組織的な責任の最後の部分を担っていることを表現した「アンカー」や、(提示のしかたに工夫をする専門的職業だという意味が込められた)「news presenter」という用語・概念のほうが重要視されている(たとえ大部分は単に原稿を読む番組でも、「アナウンサー」と呼ばれることは あまり好まれていない)が、日本では欧米ほどの認識は醸成されておらず、画面に出て原稿を読む人は、一般に、単に「アナウンサー」と呼ばれている。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た衣装

    番組出演の前打ち合わせと準備(メイクや衣装合わせ、原稿の下読みなど)および反省会。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たコマーシャルメッセージ

    ナレーション(VTRや、スポンサー名読み、番組宣伝CMなど)。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た実況中継

    各種スポーツの実況中継やリポート。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たブログ

    放送局やアナウンサー自身のブログやtwitterの管理。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たアルバイト

    新卒採用の場合、4年制大学卒業を必須としている局がほとんど(地方局では短期大学卒業者を採用対象とするところもある)で、さらに募集要領には年齢制限、留年制限を設けているところが圧倒的に多い。また総務、制作などの部門とは採用枠が別に設けられていることも多い。前述の通り非常に人気の高い職種であるため、その競争率は高い。居住地や出身地以外、さながら日本全国の放送局に対し応募書類を送ることも珍しくはなく、面接の度に日本全国を行脚する志望者もいる。学生時代にアルバイトでアナウンサーやリポーターの経験を積むか、アナウンススクールで指導を受けた方が有利であるとされる。一部の大学には「アナウンス研究会」(アナ研)というサークルまで存在する。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

199件中 111 - 120件表示

「女子アナ」のニューストピックワード