199件中 21 - 30件表示
  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た東京放送ホールディングス

    なお、かつてラテ兼営だったTBS東京放送(現東京放送ホールディングスは2001年10月1日よりラジオ部門を子会社化、その後テレビ部門も放送免許と現業全般を子会社に分割承継し、放送免許は「TBSテレビ」と「TBSラジオ(分割承継当時の商号はTBSラジオ&コミュニケーションズ)」に分離(コールサインをラテ別々化)。STVは2005年10月1日より(ラジオ部門を親会社の「札幌テレビ放送」より分社して子会社の「株式会社STVラジオ」に継承(ただしコールサインは網走局を除き開局当初からラテ別々)CBCは2014年4月1日より(2010年7月1日よりラジオ部門を子会社に承継。その後テレビ部門も放送免許と現業全般を子会社に分割承継し、放送免許は「CBCテレビ」と「CBCラジオ」に分離)。ただし各局アナの採用は(人件費削減の観点から)ラテ別々ではなく、TBSテレビ・札幌テレビ放送及びCBCテレビが行っており、TBSラジオ・STVラジオ及びCBCラジオにそれぞれ「アナウンサーの派遣業務」としてアナウンス業務を行っている。さらに(TBSラジオ・STVラジオ両局は)各ラジオ送信所の保守管理も(経費削減の観点から)TBSテレビおよび札幌テレビ放送に委託している。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た讀賣テレビ放送

    フジテレビは、かつて「専属リポーター・司会者募集」の名目でアナウンサーを募集していた。これは当時同局に存在していた「労組・第二労組」の2組織に対し、創業者の鹿内信隆が、組合所属のアナウンサーをそのまま“アナウンサー”と呼び、第二組合の所属者を“リポーター”(正式名は「報道局解説放送室付リポーター」)や「司会者」と呼んで差別化を図っていた、いわゆる会社の内紛に起因した事象である。どちらも業務内容は全く同じで、これがアナウンサー採用試験と知らずに受験した者もいた程だった。田丸美寿々や辛坊治郎らもその一員とされる。辛坊はこの事実を知りフジテレビに入社せず、読売テレビに入社した。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た中部日本放送

    なお、かつてラテ兼営だったTBS東京放送(現東京放送ホールディングスは2001年10月1日よりラジオ部門を子会社化、その後テレビ部門も放送免許と現業全般を子会社に分割承継し、放送免許は「TBSテレビ」と「TBSラジオ(分割承継当時の商号はTBSラジオ&コミュニケーションズ)」に分離(コールサインをラテ別々化)。STVは2005年10月1日より(ラジオ部門を親会社の「札幌テレビ放送」より分社して子会社の「株式会社STVラジオ」に継承(ただしコールサインは網走局を除き開局当初からラテ別々)CBCは2014年4月1日より(2010年7月1日よりラジオ部門を子会社に承継。その後テレビ部門も放送免許と現業全般を子会社に分割承継し、放送免許は「CBCテレビ」と「CBCラジオ」に分離)。ただし各局アナの採用は(人件費削減の観点から)ラテ別々ではなく、TBSテレビ・札幌テレビ放送及びCBCテレビが行っており、TBSラジオ・STVラジオ及びCBCラジオにそれぞれ「アナウンサーの派遣業務」としてアナウンス業務を行っている。さらに(TBSラジオ・STVラジオ両局は)各ラジオ送信所の保守管理も(経費削減の観点から)TBSテレビおよび札幌テレビ放送に委託している。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たUSEN

    GyaOは「ギャオーディション」というオーディション番組でアナウンサーを募集した。これはGyaOでのアナウンス業務をはじめ、ドラマ・バラエティ・映画など、自社媒体の番組へ出演する者の公募であり、Gyaoを運営するUSENの社員としての募集ではないので、一般にいわれる局アナウンサーとは意味が異なる。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た久保純子

    女子アナウンサー路線はフジテレビ、次いで日本テレビが先行していたが、TBSには1993年に雨宮塔子が、1994年に進藤晶子が入社しそれぞれバラエティ番組とスポーツ番組で局の看板アナウンサーとなった。NHKには1994年に久保純子が入局し看板アナウンサーとなった。以後女子アナウンサー人気の定着とともに、各局とも女子アナウンサーと呼ばれるアナウンサーが増えていった。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た田丸美寿々

    フジテレビは、かつて「専属リポーター・司会者募集」の名目でアナウンサーを募集していた。これは当時同局に存在していた「労組・第二労組」の2組織に対し、創業者の鹿内信隆が、組合所属のアナウンサーをそのまま“アナウンサー”と呼び、第二組合の所属者を“リポーター”(正式名は「報道局解説放送室付リポーター」)や「司会者」と呼んで差別化を図っていた、いわゆる会社の内紛に起因した事象である。どちらも業務内容は全く同じで、これがアナウンサー採用試験と知らずに受験した者もいた程だった。田丸美寿々や辛坊治郎らもその一員とされる。辛坊はこの事実を知りフジテレビに入社せず、読売テレビに入社した。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た芸能事務所

    放送局の正社員・契約社員として所属している者のほか、芸能事務所・制作会社からの派遣社員も存在する。在京キー局ではTBSのTBSニュースバードのキャスターや、TBS954情報キャスター(ラジオのみの出演)などが派遣社員でほぼ派遣先の放送局の専属出演する。TBSの場合、これらのキャスターは地上波放送への出演は少なく、それぞれCS放送やラジオへの出演が中心となる。局によっては「リポーター」「パーソナリティ」と称する。なお、ラジオ局の場合は中継車の運転やディレクター業務などアナウンス業務以外の業務も担うことがある。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た大学

    そのほとんどが日本の四年制大学、あるいは日本国外の大学を卒業している(学士)が、学部卒だけでなく、大学院卒もいる。アナウンサーというのは、視聴者の体験としては、直接声を聞いたり見たりする人間であり、その活動が直接的に感じられる(しばしば唯一の)存在なので、特に日本の若者からは、「メディアの前面に立つ花形職業」などと考えられており、就職を控えた学生などにとっては「憧れの職業」の1つでもあり、人気テレビ局のアナウンサー採用試験には数千倍の応募者が集まり、採用試験はいわゆる「狭き門」となっている。日本で特に平成ごろからアナウンサーの「タレント化・アイドル化」が進んでからは、メディアによりアナウンサーの好感度調査も行われているなど、容姿・タレント性についても重視されるようにもなった。「アナ」との略称が使用されたり、人名と組み合わせて「○○(人名)アナ」などと呼ばれることもある。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たTBSテレビ

    放送局の正社員・契約社員として所属している者のほか、芸能事務所・制作会社からの派遣社員も存在する。在京キー局ではTBSのTBSニュースバードのキャスターや、TBS954情報キャスター(ラジオのみの出演)などが派遣社員でほぼ派遣先の放送局の専属出演する。TBSの場合、これらのキャスターは地上波放送への出演は少なく、それぞれCS放送やラジオへの出演が中心となる。局によっては「リポーター」「パーソナリティ」と称する。なお、ラジオ局の場合は中継車の運転やディレクター業務などアナウンス業務以外の業務も担うことがある。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た日本放送協会

    1925年(大正14年)3月22日、社団法人東京放送局(現:NHK)によりラジオ放送が開始され、東京日日新聞の運動部記者出身の京田武男が第一声を発した。放送開始時のアナウンサーは他に、大羽涛(大羽仙外)、熊崎真吉、桐野音次郎の3名。6月には翠川秋子が入局し、日本初の女性アナウンサーとなった。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

199件中 21 - 30件表示

「女子アナ」のニューストピックワード