154件中 31 - 40件表示
  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た寺田理恵子

    今日のようにタレント並みに注目を浴びる女子アナウンサーにつながる系譜は、1975年フジテレビに入社し、同局初の女性キャスターとなった後、女子アナウンサー史上初のスキャンダルを起こした田丸美寿々や、1978年NHKに入局し「TVガイド」の表紙を飾ったり、民放への大型移籍や玉の輿婚が話題になった頼近美津子らを端緒とする見方や、1980年代前半のフジテレビアナウンサーによる当時は異例だった「コント色の強いバラエティ番組への参加」からなど、いくつかの見方がある。1977年入社の益田由美は、なるほど!ザ・ワールドで体を張ったリポートで、「ひょうきん由美」と呼ばれ親しまれた。1980年入社の山村美智子、1984年入社の寺田理恵子、1985年入社の長野智子は、オレたちひょうきん族に「ひょうきんアナウンサー」と称され司会を務めた。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た露木茂露木 茂

    なお、局アナが放送局を退職してフリーアナウンサーに転身する場合、古巣局への義理立ての意味もあり、フリー転身直後は一定期間他局への出演を控えるという慣例がある(明確に一定期間他局に出演しないと古巣局と取り決めを持つ場合もある。系列局制作番組や企業のコマーシャルへの出演はフリー転身直後でも可能の場合あり)。その一方で、大塚範一、露木茂、羽鳥慎一のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もあり、特に羽鳥は日本テレビ退職の数日後にテレビ朝日でレギュラーでの冠番組を開始させる形であった(この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという)。羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある。また、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する(例:三雲孝江、小宮悦子など)。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た益田由美

    今日のようにタレント並みに注目を浴びる女子アナウンサーにつながる系譜は、1975年フジテレビに入社し、同局初の女性キャスターとなった後、女子アナウンサー史上初のスキャンダルを起こした田丸美寿々や、1978年NHKに入局し「TVガイド」の表紙を飾ったり、民放への大型移籍や玉の輿婚が話題になった頼近美津子らを端緒とする見方や、1980年代前半のフジテレビアナウンサーによる当時は異例だった「コント色の強いバラエティ番組への参加」からなど、いくつかの見方がある。1977年入社の益田由美は、なるほど!ザ・ワールドで体を張ったリポートで、「ひょうきん由美」と呼ばれ親しまれた。1980年入社の山村美智子、1984年入社の寺田理恵子、1985年入社の長野智子は、オレたちひょうきん族に「ひょうきんアナウンサー」と称され司会を務めた。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た羽佐間正雄

    NHKアナウンサーがフリーとなる場合、初めのうちは民放局と専属契約を結び、軌道に乗ったら完全フリーに、という傾向が多い(羽佐間正雄、久保純子のようにNHK退職直後にNHKと専属契約した人物もいる)。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た頼近美津子

    今日のようにタレント並みに注目を浴びる女子アナウンサーにつながる系譜は、1975年フジテレビに入社し、同局初の女性キャスターとなった後、女子アナウンサー史上初のスキャンダルを起こした田丸美寿々や、1978年NHKに入局し「TVガイド」の表紙を飾ったり、民放への大型移籍や玉の輿婚が話題になった頼近美津子らを端緒とする見方や、1980年代前半のフジテレビアナウンサーによる当時は異例だった「コント色の強いバラエティ番組への参加」からなど、いくつかの見方がある。1977年入社の益田由美は、なるほど!ザ・ワールドで体を張ったリポートで、「ひょうきん由美」と呼ばれ親しまれた。1980年入社の山村美智子、1984年入社の寺田理恵子、1985年入社の長野智子は、オレたちひょうきん族に「ひょうきんアナウンサー」と称され司会を務めた。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た鹿内信隆

    フジテレビは、かつて「専属リポーター・司会者募集」の名目でアナウンサーを募集していた。これは当時同局に存在していた「労組・第二労組」の2組織に対し、創業者の鹿内信隆が、組合所属のアナウンサーをそのまま“アナウンサー”と呼び、第二組合の所属者を“リポーター”(正式名は「報道局解説放送室付リポーター」)や「司会者」と呼んで差別化を図っていた、いわゆる会社の内紛に起因した事象であった。当然ながら、どちらも業務内容は全く同じで、これがアナウンサー採用試験と知らずに受験した者もいたほどであった。田丸美寿々や辛坊治郎(辛坊はこの事実を知りフジテレビに入社せず、読売テレビに入社した)らもその一員とされる。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た小笠原正典

    テレビ大分では、現在でもアナウンサーの採用を大分県出身者に限っている模様である。公式サイトで紹介している「アナウンサー」は全員県内出身者で、生まれが県外の小笠原正典も、「県内育ち」であることを併記している。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た前畑秀子

    1936年のベルリンオリンピックにおいて、水泳女子の前畑秀子選手が金メダルを獲得した際、ラジオ中継を担当していた河西三省は、激しいデッドヒートを受けて「前畑頑張れ!前畑頑張れ!」と38回連呼し、日本中に感動と興奮を伝えた伝説は有名。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た局契約

    NHKアナウンサーがフリーとなる場合、初めのうちは民放局と専属契約を結び、軌道に乗ったら完全フリーに、という傾向が多い(羽佐間正雄、久保純子のようにNHK退職直後にNHKと専属契約した人物もいる)。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た三雲孝江

    なお、局アナが放送局を退職してフリーアナウンサーに転身する場合、古巣局への義理立ての意味もあり、フリー転身直後は一定期間他局への出演を控えるという慣例がある(明確に一定期間他局に出演しないと古巣局と取り決めを持つ場合もある。系列局制作番組や企業のコマーシャルへの出演はフリー転身直後でも可能の場合あり)。その一方で、大塚範一、露木茂、羽鳥慎一のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もあり、特に羽鳥は日本テレビ退職の数日後にテレビ朝日でレギュラーでの冠番組を開始させる形であった(この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという)。羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある。また、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する(例:三雲孝江、小宮悦子など)。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

154件中 31 - 40件表示

「女子アナ」のニューストピックワード