199件中 31 - 40件表示
  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たDORA

    続編として1991年に発行された『アナ本2』では、当時「花の三人娘」と呼ばれた、有賀さつき、河野景子、八木亜希子に焦点が当てられた。1993年には、日本テレビの人気アナウンサー永井美奈子ら3人からなるユニット「DORA」が結成され、CDをリリースした。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た河野景子

    続編として1991年に発行された『アナ本2』では、当時「花の三人娘」と呼ばれた、有賀さつき、河野景子、八木亜希子に焦点が当てられた。1993年には、日本テレビの人気アナウンサー永井美奈子ら3人からなるユニット「DORA」が結成され、CDをリリースした。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た小林悠 (アナウンサー)

    また、滝川クリステル(共同テレビ→フリー)、葉山エレーヌ→石田エレーヌ→葉山エレーヌ(日本テレビ)、加藤シルビアや小林悠(共にTBS)など、ハーフのアナウンサーが多く起用される傾向も見られる。外国人とのインタビューに際し通訳を介さず直接取材できる人材としての帰国子女や海外留学経験者と同等の理由で採用されているが、日本人のハーフに対するイメージから採用が多くなっているとも見られる。滝川、葉山(石田)などは当初は日本名で活動していたが、局のイメージ戦略のために意図的に外国名を名乗っており、タレント化の是非を巡る議論の一端となっている。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た寺田理恵子

    今日のようにタレント並みに注目を浴びる女子アナウンサーにつながる系譜は、1975年フジテレビに入社し、同局初の女性キャスターとなった後、女子アナウンサー史上初のスキャンダルを起こした田丸美寿々や、1978年NHKに入局し「TVガイド」の表紙を飾ったり、民放への大型移籍や玉の輿婚が話題になった頼近美津子らを端緒とする見方や、1980年代前半のフジテレビアナウンサーによる当時は異例だった「コント色の強いバラエティ番組への参加」からなど、いくつかの見方がある。1977年入社の益田由美は、なるほど!ザ・ワールドで体を張ったリポートで、「ひょうきん由美」と呼ばれ親しまれた。1980年入社の山村美智子、1984年入社の寺田理恵子、1985年入社の長野智子は、オレたちひょうきん族に「ひょうきんアナウンサー」と称され司会を務めた。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た高橋圭三

    1961年(昭和36年)にNHKを退職して独立し、翌年1962年(昭和37年)に民放番組の司会に抜擢された高橋圭三が日本初のフリーアナウンサーであるとされる。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た小宮悦子

    その一方で、大塚範一、露木茂、羽鳥慎一のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もある。特に羽鳥は日本テレビ退職の数日後にテレビ朝日でレギュラーでの冠番組を開始させた。この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという。羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある。また、一時期の三雲孝江、小宮悦子、高島彩などのように、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た森田美由紀

    契約アナウンサーをキャスターまたはリポーターと称している。そこからNHKの正職員・局アナウンサーとなったのは、現在までのところ森田美由紀と荒木美和の2人である。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た上原康樹

    NHKの女性職員アナウンサーも以前は東京本部に転勤になるとほとんど動かないケースが圧倒的だったが、2010年代に入ると40歳代以上は管理職として、30歳代については男性アナウンサーとの格差是正を主眼として、東京から強制的に転勤させるケースが急増している。2011年は、年度替わりに30歳前後の2人が東京から出されたほか、6月24日付の幹部級人事では一気に5人が地域放送局のアナウンス統括職に起用され東京から転出、1人が東京内部で配置転換となった。なお、NHKの男性アナウンサーは全国各地を転々とするのが普通で、その途中人事でアナウンスから離れることも珍しくない。東京本部で働いた経験がないという事例も少なくないほか、東京本部で長く残れる人もほんの一握りである。中にはその地方の土地柄や環境などを気に入り、家まで建ててその地方局に半永久的に在籍するアナウンサーも極僅かではあるが存在する。(一例としてNHKではNHK盛岡放送局の上原康樹アナウンサー、NHK佐賀放送局の三上たつ次アナウンサーなど)日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た露木茂

    その一方で、大塚範一、露木茂、羽鳥慎一のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もある。特に羽鳥は日本テレビ退職の数日後にテレビ朝日でレギュラーでの冠番組を開始させた。この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという。羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある。また、一時期の三雲孝江、小宮悦子、高島彩などのように、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た河西三省

    1936年のベルリンオリンピックで、水泳女子の前畑秀子が金メダルを獲得した際、ラジオ中継を担当していた河西三省は、激しいデッドヒートを受けて「前畑頑張れ!前畑頑張れ!」と38回連呼し、日本中に感動と興奮を伝えた。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

199件中 31 - 40件表示

「女子アナ」のニューストピックワード