154件中 51 - 60件表示
  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た山田重光

    富山では、山田重光が福岡を一旦離れてUターンして以降、アナウンスを統括する放送部副部長が3代続けて地元富山県出身者となっている。隣の新潟では、2009年8月の時点において6人いるアナウンサーの半分が地元新潟県出身者であった(後に転勤で1人出て2人に)。拠点局ではない一般放送局でこうした事例はまれである。山形県では、柴田徹がUターン後、山形弁でふるさとを語るバラエティ番組『今夜はなまらナイト』を立ち上げ、今や全国にファンを有する。拠点局においても、名古屋は単身赴任者を含め愛知県出身者が多く在籍している。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た福澤朗福澤 朗

    バラエティ番組やクイズ番組などにおいて、社会的常識に欠ける発言や回答をするアナウンサーが時折見られ、これを「資質低下」として批判する意見と、番組の盛り上げ役を果たしているとして擁護する意見が存在する。元日テレアナウンサーの石川牧子が「若者の読み書きの能力は年々低下している」、「入社希望の学生の漢字テストの成績が良くない」と語っている(ただしこういう若者論は、俗流若者論も参照)他、日本テレビOBの福澤朗も自身のブログで、「非常に憂慮している」とした上で、「テレビはもうアナウンサーを必要としていない」と苦言を呈している。有賀さつきは、出演者の瞬間的なリアクションに、自分を含めた番組製作者らは台本にはない魅力を共有しており、自分もボケの役割をある程度進んで引き受けていたことや、社会的常識があるはずの局アナのイメージを逆手に取った、演出の一面があったことを明かしている。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た長野智子長野 智子

    今日のようにタレント並みに注目を浴びる女子アナウンサーにつながる系譜は、1975年フジテレビに入社し、同局初の女性キャスターとなった後、女子アナウンサー史上初のスキャンダルを起こした田丸美寿々や、1978年NHKに入局し「TVガイド」の表紙を飾ったり、民放への大型移籍や玉の輿婚が話題になった頼近美津子らを端緒とする見方や、1980年代前半のフジテレビアナウンサーによる当時は異例だった「コント色の強いバラエティ番組への参加」からなど、いくつかの見方がある。1977年入社の益田由美は、なるほど!ザ・ワールドで体を張ったリポートで、「ひょうきん由美」と呼ばれ親しまれた。1980年入社の山村美智子、1984年入社の寺田理恵子、1985年入社の長野智子は、オレたちひょうきん族に「ひょうきんアナウンサー」と称され司会を務めた。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た道上洋三

    アナウンサーが叩き上げで放送局の役員に就任したケースとしては、ニッポン放送の社長を務めた亀渕昭信(実際はアナウンサーではなくディレクター出身)が有名で、任期内にライブドアによる買収騒動があり、渦中の経営者として報道される側になった。なお、現職のアナウンサーの役員就任は、2003年に朝日放送取締役に就任した道上洋三(2007年に退任、現在は常勤顧問)や2001年にフジテレビ社長に就任した村上光一(現在は相談役)などを除き稀で、多くは他部署に異動後、就任している(亀渕も編成制作部門を経て就任)。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た芸能人

    1980年代後半以降に採用された女子アナウンサーの大半が、俗に言う「ブランド大学」の出身であり、またミスキャンパスに選出された経歴を持つ者も少なくない。また、業務上必要なアナウンス技術よりも、容姿を優先したり、誤読やトチリなど本来は許されないはずのミスを視聴率獲得のため珍重した結果、芸能人さながらの扱いを受けるケースが多いと見る向きもある。さらに2000年代以降は平井理央、紺野あさ美、宮澤智など入社以前に芸能活動を経験した者が女子アナとなる事例が見られる。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たラジオ

    1925年3月22日、社団法人東京放送局(現在のNHK)によりラジオ放送が開始され、東京日日新聞の運動部記者出身の京田武男が第一声を発した。放送開始時のアナウンサーは他に、大羽涛、熊崎真吉、桐野音次郎の3名。6月には翠川秋子が入局し、日本初の女性アナウンサーとなった。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たイベントコンパニオン

    商品説明や司会進行を担当するイベントコンパニオン日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たNHK紅白歌合戦

    女子アナウンサー路線はフジテレビ、次いで日本テレビが先行していたが、TBSには1993年に雨宮塔子が、1994年に進藤晶子が入社しそれぞれバラエティ番組とスポーツ番組で局の看板アナウンサーとなった。NHKには1994年に久保純子が入局し「紅白歌合戦」などに起用されNHKの看板アナウンサーとなった。以後女子アナウンサー人気の定着とともに、各局とも女子アナウンサーと呼ばれるアナウンサーが増えていった。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た大学

    新卒採用の場合、4年制大学卒業を必須としている局がほとんどで、さらに募集要領には年齢制限、留年制限を設けているところが圧倒的に多い。前述の通り非常に人気の高い職種であるため、その競争率は高い。居住地や出身地以外、さながら日本全国の放送局に対し応募書類を送ることも珍しくはなく、面接のたびに日本全国を行脚する志望者もいる。学生時代にアルバイトでアナウンサーやリポーターの経験を積むか、アナウンススクールで指導を受けた方が有利であるとされる。一部の大学には「アナウンス研究会」(アナ研)というサークルまで存在する。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たタクシー

    若手を中心に宿直・早番・遅番などの交代勤務があり、早朝や深夜の生放送を担当する場合も含め、勤務時間や生活サイクルが不規則になることが多い。報道・情報番組は準備のため放送開始2時間前には出勤する必要があるため、早朝番組で生放送する出演者は深夜(3?4時)に自宅を出る(もちろん公共交通機関は一切動いていないので、局差し回しのタクシー、または許可を受けて自家用車で出社。自動車通勤は交通事故の懸念から通常は許されていないが、地方局では通勤のための交通機関がない場合もあり自動車通勤が認められている放送局もある)など、その勤務実態は過酷である。職務の性格上、勤務は曜日が基準となり祝日も無関係であるが、一般に年に1回5日間程度のまとまった休みをとることが認められている(番組中で別のアナウンサーが「Aさんは今日からお休みですので私が代わって担当します」とあいさつする)。一部放送局では、労働組合との協定で週休二日制を強く守っている場合もある。社員であるため年次有給休暇も与えられるが、ほとんど消化できていないのが現状で、1〜2か月まとめて消化してから退社するといったケースも多い。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

154件中 51 - 60件表示

「女子アナ」のニューストピックワード