154件中 61 - 70件表示
  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た編集

    ディレクターを兼ねたり、編集作業の一部を担当(地方局やミニ番組では人員的制約によりこの傾向が強い)などの地味な作業もある。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た育児

    かつて女性アナウンサーの担当する分野は、料理、育児、手芸をテーマとする番組や、インタビューの聞き手などが主であった。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たタレント

    番組の司会やアシスタント。タレント化が進んで以降は、タレントと同様にパネラーやトークゲストとしての出演も多い。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た労働組合

    若手を中心に宿直・早番・遅番などの交代勤務があり、早朝や深夜の生放送を担当する場合も含め、勤務時間や生活サイクルが不規則になることが多い。報道・情報番組は準備のため放送開始2時間前には出勤する必要があるため、早朝番組で生放送する出演者は深夜(3?4時)に自宅を出る(もちろん公共交通機関は一切動いていないので、局差し回しのタクシー、または許可を受けて自家用車で出社。自動車通勤は交通事故の懸念から通常は許されていないが、地方局では通勤のための交通機関がない場合もあり自動車通勤が認められている放送局もある)など、その勤務実態は過酷である。職務の性格上、勤務は曜日が基準となり祝日も無関係であるが、一般に年に1回5日間程度のまとまった休みをとることが認められている(番組中で別のアナウンサーが「Aさんは今日からお休みですので私が代わって担当します」とあいさつする)。一部放送局では、労働組合との協定で週休二日制を強く守っている場合もある。社員であるため年次有給休暇も与えられるが、ほとんど消化できていないのが現状で、1〜2か月まとめて消化してから退社するといったケースも多い。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た留学

    また、滝川クリステル(共同テレビ→フリー)、葉山エレーヌ(日本テレビ)、加藤シルビア(TBS)など、ハーフのアナウンサーが多く起用される傾向も見られる。外国人とのインタビューに際し通訳を介さず直接取材できる人材としての帰国子女や海外留学経験者と同等の理由で採用されているが、日本人のハーフに対するイメージから採用が多くなっているとも見られる。滝川、葉山などは当初は日本名で活動していたが、局のイメージ戦略のために意図的に外国名を名乗っており、タレント化の是非を巡る議論の一端となっている。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た労働者派遣事業

    放送局の正社員・契約社員として所属している者のほか、芸能事務所・制作会社からの派遣社員も存在する。在京キー局ではTBSのTBSニュースバードのキャスターや、TBS954情報キャスター(ラジオのみの出演)などが派遣社員でほぼ派遣先の放送局の専属出演する。(TBSの場合、これらのキャスターは地上波放送への出演は少なく、それぞれCS放送やラジオへの出演が中心となる。)ちなみに局によっては「リポーター」「パーソナリティ」と称する。なお、ラジオ局の場合は中継車の運転やディレクター業務などアナウンス業務以外の業務も担うことがある。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た翠川秋子

    1925年3月22日、社団法人東京放送局(現在のNHK)によりラジオ放送が開始され、東京日日新聞の運動部記者出身の京田武男が第一声を発した。放送開始時のアナウンサーは他に、大羽涛、熊崎真吉、桐野音次郎の3名。6月には翠川秋子が入局し、日本初の女性アナウンサーとなった。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た料理

    かつて女性アナウンサーの担当する分野は、料理、育児、手芸をテーマとする番組や、インタビューの聞き手などが主であった。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た化粧

    番組出演の前打ち合わせと準備(メイクや衣装合わせ、原稿の下読みなど)および反省会。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たSTVラジオ

    なおかつてラテ兼営だったTBSは2001年10月1日よりラジオ部門を子会社化し、放送免許は「TBSテレビ」と「TBSラジオ&コミュニケーションズ」に分離(コールサインをラテ別々化)。STVは2005年10月1日より(TBS同様に)ラジオ部門を親会社の「札幌テレビ放送」より分社して子会社の「株式会社STVラジオ」に継承(ただしコールサインは網走局を除き開局当初からラテ別々)。ただしTBS・STV両局アナの採用は(人件費削減の観点から)ラテ別々ではなく(子会社ラジオ局単独では実施せず、従前のラテ兼営時代同様)親会社(TBSテレビおよび札幌テレビ放送)が一括で行っており、新人研修カリキュラムにはラジオ部門(番組およびCM)の研修も従前通り盛り込まれている(TBS・STV両局における局アナ出演ラジオ番組&CMもテレビ番組に出演している親会社所属の局アナが従前通り担当)。さらに(TBSラジオ・STVラジオ両局は)各ラジオ送信所の保守管理も(経費削減の観点から)親会社(となっているTBSテレビおよび札幌テレビ放送)に委託している。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

154件中 61 - 70件表示

「女子アナ」のニューストピックワード