199件中 61 - 70件表示
  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た芸能人

    1980年代後半以降に採用された女子アナウンサーの大半が、俗に言う「ブランド大学」(東京六大学や関関同立など)の出身であり、またミスキャンパスに選出された経歴を持つ者も少なくない。また、業務上必要なアナウンス技術よりも、容姿を優先したり、誤読やトチリなど本来は許されないはずのミスを視聴率獲得のため珍重した結果、芸能人さながらの扱いを受けるケースが多いと見る向きもある。さらに2000年代以降は平井理央、紺野あさ美、宮澤智など元アイドルが女子アナとなる事例が見られる。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た学士

    そのほとんどが日本の四年制大学、あるいは日本国外の大学を卒業している(学士)が、学部卒だけでなく、大学院卒もいる。アナウンサーというのは、視聴者の体験としては、直接声を聞いたり見たりする人間であり、その活動が直接的に感じられる(しばしば唯一の)存在なので、特に日本の若者からは、「メディアの前面に立つ花形職業」などと考えられており、就職を控えた学生などにとっては「憧れの職業」の1つでもあり、人気テレビ局のアナウンサー採用試験には数千倍の応募者が集まり、採用試験はいわゆる「狭き門」となっている。日本で特に平成ごろからアナウンサーの「タレント化・アイドル化」が進んでからは、メディアによりアナウンサーの好感度調査も行われているなど、容姿・タレント性についても重視されるようにもなった。「アナ」との略称が使用されたり、人名と組み合わせて「○○(人名)アナ」などと呼ばれることもある。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た育児

    かつて女性アナウンサーの担当する分野は、料理、育児、手芸をテーマとする番組や、インタビューの聞き手などが主だった。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たインターネットラジオ

    その後は、それら旧来からの地上波の放送圏域が広いラジオやテレビに加えて、ミニFMやイベント放送局やコミュニティ放送、そして、ケーブルテレビや衛星放送、インターネットラジオやインターネットテレビ等が登場しており、各々でアナウンサーが存在する。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たラジオ

    日本の放送メディアでは、最初のアナウンサーはラジオのそれであり、日本のアナウンサーの第一号は1925年(大正14年)に東京放送局(現NHK)のラジオで声を発した京田武男とされ、当時のアナウンサー陣は他3名を加えた計4名であった。その後テレビのアナウンサーが登場した。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たイベントコンパニオン

    商品説明や司会進行を担当するイベントコンパニオン日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たセクシャルハラスメント

    女子アナは男性プロデューサーからセクシャルハラスメントを受けることが多くあるほか、局の幹部から接待の相手役に繰り出されることも多いとされる。これらの行為にも女子アナは番組キャスティング権を持つ重役からの命令であるため、否定できないという。女子アナがフリー転身を決断する背景にはこの風潮も一因であるとの向きがある。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たミスキャンパス

    1980年代後半以降に採用された女子アナウンサーの大半が、俗に言う「ブランド大学」(東京六大学や関関同立など)の出身であり、またミスキャンパスに選出された経歴を持つ者も少なくない。また、業務上必要なアナウンス技術よりも、容姿を優先したり、誤読やトチリなど本来は許されないはずのミスを視聴率獲得のため珍重した結果、芸能人さながらの扱いを受けるケースが多いと見る向きもある。さらに2000年代以降は平井理央、紺野あさ美、宮澤智など元アイドルが女子アナとなる事例が見られる。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たタレント

    そのほとんどが日本の四年制大学、あるいは日本国外の大学を卒業している(学士)が、学部卒だけでなく、大学院卒もいる。アナウンサーというのは、視聴者の体験としては、直接声を聞いたり見たりする人間であり、その活動が直接的に感じられる(しばしば唯一の)存在なので、特に日本の若者からは、「メディアの前面に立つ花形職業」などと考えられており、就職を控えた学生などにとっては「憧れの職業」の1つでもあり、人気テレビ局のアナウンサー採用試験には数千倍の応募者が集まり、採用試験はいわゆる「狭き門」となっている。日本で特に平成ごろからアナウンサーの「タレント化・アイドル化」が進んでからは、メディアによりアナウンサーの好感度調査も行われているなど、容姿・タレント性についても重視されるようにもなった。「アナ」との略称が使用されたり、人名と組み合わせて「○○(人名)アナ」などと呼ばれることもある。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たアナウンサー

    本記事日本のアナウンサー(にほんのアナウンサー)では、アナウンサーの、日本国内での状況について述べる。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

199件中 61 - 70件表示

「女子アナ」のニューストピックワード