154件中 71 - 80件表示
  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たセント・フォース

    1990年代後半から芸能事務所「セント・フォース」などは女性キャスター、リポーターに特化したマネージメント展開を行い、各局のニュース・ワイドショー番組に所属タレントを派遣。各局を退職したアナウンサーを所属タレントとして受け入れる他、学生の所属タレントがその後、出演していた局のアナウンス職として採用される事例も存在し(本田朋子など)、さらには局との共同出資で芸能事務所(フォニックス)を設立するなど、局と事務所、相互の関係を深めている。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た札幌テレビ放送

    なおかつてラテ兼営だったTBSは2001年10月1日よりラジオ部門を子会社化し、放送免許は「TBSテレビ」と「TBSラジオ&コミュニケーションズ」に分離(コールサインをラテ別々化)。STVは2005年10月1日より(TBS同様に)ラジオ部門を親会社の「札幌テレビ放送」より分社して子会社の「株式会社STVラジオ」に継承(ただしコールサインは網走局を除き開局当初からラテ別々)。ただしTBS・STV両局アナの採用は(人件費削減の観点から)ラテ別々ではなく(子会社ラジオ局単独では実施せず、従前のラテ兼営時代同様)親会社(TBSテレビおよび札幌テレビ放送)が一括で行っており、新人研修カリキュラムにはラジオ部門(番組およびCM)の研修も従前通り盛り込まれている(TBS・STV両局における局アナ出演ラジオ番組&CMもテレビ番組に出演している親会社所属の局アナが従前通り担当)。さらに(TBSラジオ・STVラジオ両局は)各ラジオ送信所の保守管理も(経費削減の観点から)親会社(となっているTBSテレビおよび札幌テレビ放送)に委託している。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たニッポン放送

    アナウンサーが叩き上げで放送局の役員に就任したケースとしては、ニッポン放送の社長を務めた亀渕昭信(実際はアナウンサーではなくディレクター出身)が有名で、任期内にライブドアによる買収騒動があり、渦中の経営者として報道される側になった。なお、現職のアナウンサーの役員就任は、2003年に朝日放送取締役に就任した道上洋三(2007年に退任、現在は常勤顧問)や2001年にフジテレビ社長に就任した村上光一(現在は相談役)などを除き稀で、多くは他部署に異動後、就任している(亀渕も編成制作部門を経て就任)。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た民間放送

    1961年にNHKを退職して独立し、翌年に民放の番組の司会に抜擢された高橋圭三が日本初のフリーアナウンサーであるとされる。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たインタビュー

    報道対象に対する取材やインタビュー日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た生放送

    若手を中心に宿直・早番・遅番などの交代勤務があり、早朝や深夜の生放送を担当する場合も含め、勤務時間や生活サイクルが不規則になることが多い。報道・情報番組は準備のため放送開始2時間前には出勤する必要があるため、早朝番組で生放送する出演者は深夜(3?4時)に自宅を出る(もちろん公共交通機関は一切動いていないので、局差し回しのタクシー、または許可を受けて自家用車で出社。自動車通勤は交通事故の懸念から通常は許されていないが、地方局では通勤のための交通機関がない場合もあり自動車通勤が認められている放送局もある)など、その勤務実態は過酷である。職務の性格上、勤務は曜日が基準となり祝日も無関係であるが、一般に年に1回5日間程度のまとまった休みをとることが認められている(番組中で別のアナウンサーが「Aさんは今日からお休みですので私が代わって担当します」とあいさつする)。一部放送局では、労働組合との協定で週休二日制を強く守っている場合もある。社員であるため年次有給休暇も与えられるが、ほとんど消化できていないのが現状で、1〜2か月まとめて消化してから退社するといったケースも多い。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た契約社員

    局アナウンサーは、編成部門のアナウンス部あるいは放送部などに属している。労働条件については正社員のほか、契約社員として勤務している者もいる。局アナウンサーは「社員」なので、基本的に局内に机もあり、仮眠室・食堂・ネットワーク・保険など社内の施設・福利厚生を利用できる。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見たナレーター

    ナレーション(VTRや、スポンサー名読み、番組宣伝CMなど)。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た自家用車

    若手を中心に宿直・早番・遅番などの交代勤務があり、早朝や深夜の生放送を担当する場合も含め、勤務時間や生活サイクルが不規則になることが多い。報道・情報番組は準備のため放送開始2時間前には出勤する必要があるため、早朝番組で生放送する出演者は深夜(3?4時)に自宅を出る(もちろん公共交通機関は一切動いていないので、局差し回しのタクシー、または許可を受けて自家用車で出社。自動車通勤は交通事故の懸念から通常は許されていないが、地方局では通勤のための交通機関がない場合もあり自動車通勤が認められている放送局もある)など、その勤務実態は過酷である。職務の性格上、勤務は曜日が基準となり祝日も無関係であるが、一般に年に1回5日間程度のまとまった休みをとることが認められている(番組中で別のアナウンサーが「Aさんは今日からお休みですので私が代わって担当します」とあいさつする)。一部放送局では、労働組合との協定で週休二日制を強く守っている場合もある。社員であるため年次有給休暇も与えられるが、ほとんど消化できていないのが現状で、1〜2か月まとめて消化してから退社するといったケースも多い。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た選挙カー

    選挙立候補者の応援演説や、選挙カーから候補者名や政策を連呼する活動が知られる。女性の場合、その声を鳥に例え「ウグイス嬢」と呼ばれる。男性の場合「カラス君」や「カラスボーイ」の俗称があるが、女性が一般的なのであまり使われない。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

154件中 71 - 80件表示

「女子アナ」のニューストピックワード