162件中 21 - 30件表示
  • 女子サッカー

    女子サッカーから見た第一次世界大戦

    予想以上の盛り上がりに対し、サッカーを「男の中の男のスポーツ」と考えたイングランドサッカー協会 (FA) は1902年、傘下のクラブに対し女性との試合を禁ずる。しかし1914年に第一次世界大戦が勃発して男性が戦場へ借り出されると、女子サッカーはヨーロッパ各地で盛んに行われるようになった。女子サッカー フレッシュアイペディアより)

  • 女子サッカー

    女子サッカーから見た伊賀フットボールクラブくノ一

    一方で、1976年に神戸市で神戸FCの女子チーム (神戸FCレディース)、三重県上野市で伊賀上野くノ一が設立された他、1978年には清水市立入江小学校でサッカーの指導にあたっていた杉山勝四郎によって清水第八スポーツクラブが、また大阪府高槻市では高槻女子フットボールクラブ (スペランツァFC大阪高槻の前身とは別のチーム) が設立された。関西地区においては関西女子サッカーリーグが設立され、神戸女学院 (中学部・高等学部)や高槻女子FC、大阪FCレディース (現バニーズ京都SC) などが参加した。女子サッカー フレッシュアイペディアより)

  • 女子サッカー

    女子サッカーから見たユニバーシアード

    そして同年4月には、この年トルコのイズミルで行われるユニバーシアード世界大会に参加する女子代表チームの監督に本田美登里(なでしこリーグ・岡山湯郷Belle監督)を任命。日本では各年代を通じて初の「女性代表監督」となる。8月10日から行われた本大会では、大学チーム所属選手となでしこリーグ所属選手による混成チームを率いて第3位の成績を収めた。女子サッカー フレッシュアイペディアより)

  • 女子サッカー

    女子サッカーから見た上海市

    前述の通り、1920年代にイギリスから伝わったサッカーが学校教育の一環として取り入れられるようになる。第二次世界大戦中の1939年には西北大学で女子サッカー大会が開催された。戦後、1950年代に当時イギリス領であった香港で女子サッカーが盛んになり、1960年代半ばには女子サッカークラブが結成されるようになった。1975年には香港で1975 AFC女子選手権が開催され、中国国内でも次第に女子サッカーへの注目が集まるようになる。1979年に西安で中国国内初の公式なサッカークラブが結成されると、各地で女子サッカークラブが結成され、1981年には北京、上海、広州など大都市圏で女子サッカークラブ大会が開催されるようになった。1982年8月には全国10省市女子サッカー選手権が開催されるまでになる。これを受け、1982年末に中国サッカー協会が正式に女子サッカーを管轄競技の一つと認定、1983年に全国女子サッカークラブ選手権が開始された。1986年にはサッカー中華人民共和国女子代表が結成され1986 AFC女子選手権に参加、いきなり初優勝を果たし、国内の女子サッカー人気が高まった。1988年にはFIFAにより非公式の女子ナショナルチームサッカー大会である1988 FIFA女子招待トーナメントが広州で開催された。この大会で中国は国内の女子サッカー人気と世界選手権開催能力を示し、1989年2月16日に1991 FIFA女子世界選手権の開催国となることが決定、無事に第一回FIFA女子世界選手権を開催する。翌年の1992年には中国女子サッカー・全国リーグが結成され、リーグ戦が開催されるようになった。AFC女子アジアカップでは1986年の初参加以降1999年まで7連覇を達成し、1999 FIFA女子ワールドカップでは準優勝するなどアジアの女子サッカーにおいて一定の地位を示している。女子サッカー フレッシュアイペディアより)

  • 女子サッカー

    女子サッカーから見たメキシコシティ

    1986年、メキシコシティで行われた国際サッカー連盟 (FIFA) 総会でノルウェーサッカー協会から派遣された女性、エレン・ウィレ(エレン・ヴィッレ)が「人類の半数は女性である。FIFAは女子サッカーにもっともっと力を入れるべきである。そして女子サッカーがもつ限りない将来性に目を向けなければならない。」と演説し、女子ワールドカップの開催、オリンピックに女子サッカーの追加、男女とも同一のルールの採用を提案した。これに感銘を受けた議長のジョアン・アヴェランジェ会長(当時)は、2年後の1988年に中華人民共和国広州市で非公式な世界大会を実施。この結果をもとに1991年、第1回女子サッカー世界選手権を中国の5会場で開催した。のちにFIFA女子ワールドカップと呼ばれるこの大会が開かれ、さらにオリンピックでも1996年のアトランタ大会から正式種目に採用されたことにより、少しずつ市民権を得てきている。2004年にはFIFA会長のゼップ・ブラッターが「より女性らしさを出すために、バレーボールで採用されているような服装にし、ボールも男子の競技で使用されているものより軽いボールを扱うべきではないか」と発言して物議を醸したこともあったが、2012年にはヨーロッパで開催されているクラブ国際大会のUEFA女子チャンピオンズリーグ決勝戦で50,000人を超える観客を集めるなど、近年では男子サッカーに劣らない人気を誇る試合も現れるようになっている。女子サッカー フレッシュアイペディアより)

  • 女子サッカー

    女子サッカーから見た女性

    女子サッカー(じょしサッカー)は、女性が選手としてプレーするサッカーであり、約100年以上にわたって行われてきた。しかし黎明期は慈善活動や運動の一環として行われており、1970年代に女性のサッカーが組織化され、進歩への道程を歩み始めるまでは、サッカーといえば「男性のためのスポーツ」という見方が大勢であった。今日いくつかの国においては、サッカーは女性にとって最も身近なスポーツ競技であり、またいくつかある女子のプロスポーツのひとつでもある。女子サッカー フレッシュアイペディアより)

  • 女子サッカー

    女子サッカーから見た皇后杯全日本女子サッカー選手権大会

    1980年には全日本女子サッカー選手権大会が開催され、男子サッカーの天皇杯全日本サッカー選手権大会にあたる大会として日本全国のチームを対象とするトーナメントが行われるようになった。第1回大会ではFCジンナンと高槻女子FCが決勝戦に進み、2-1で勝利したジンナンが初代チャンピオンとなった。第2回大会から第8回大会までは、清水第八SCが7連覇した。第1回・第2回大会までは、8人制、25分ハーフ、4号球使用で行われていたが、第3回大会より11人制でグラウンドの面積も男子サッカーと同じ大きさとなり、第4回大会では試合時間が25分ハーフから30分ハーフに変更された。第7回大会からは、試合用のボールが男子と同じ5号球に変更された。女子サッカー フレッシュアイペディアより)

  • 女子サッカー

    女子サッカーから見たスペランツァFC大阪高槻

    一方で、1976年に神戸市で神戸FCの女子チーム (神戸FCレディース)、三重県上野市で伊賀上野くノ一が設立された他、1978年には清水市立入江小学校でサッカーの指導にあたっていた杉山勝四郎によって清水第八スポーツクラブが、また大阪府高槻市では高槻女子フットボールクラブ (スペランツァFC大阪高槻の前身とは別のチーム) が設立された。関西地区においては関西女子サッカーリーグが設立され、神戸女学院 (中学部・高等学部)や高槻女子FC、大阪FCレディース (現バニーズ京都SC) などが参加した。女子サッカー フレッシュアイペディアより)

  • 女子サッカー

    女子サッカーから見たオリンピック

    世界で最も女子サッカーが盛んな国の一つである。FIFAの統計によると、2006年時点での協会登録選手は約167万人であり、世界の4割以上のシェアを占めている。アメリカ女子代表は世界の強豪国の一つであり、FIFA女子ランキングでは2008年以降首位を維持している。FIFA女子ワールドカップの優勝回数は史上最多タイの2回、オリンピックでは史上最多4回の金メダル獲得を誇る。女子サッカー フレッシュアイペディアより)

  • 女子サッカー

    女子サッカーから見たカリフォルニア大学ロサンゼルス校

    1960年代に国内で非公式の女子サッカークラブが出来ると、1979年にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校の学生であったマーガレット・フォーブスが国内初の公式な女子サッカークラブを結成する。1980年の秋には全国大学女子サッカー大会が開催されるようになり、1985年にサッカーアメリカ合衆国女子代表が結成され、イタリアで初の国際試合(ムンディアリート)を経験する。1991年に開催されたFIFA女子世界選手権で優勝すると、自国開催となった1999 FIFA女子ワールドカップでも優勝。アメリカ合衆国国内では300を超える大学で女子サッカークラブの活動が行われており、2011年現在、アメリカ合衆国が世界で最も競技人口が多い国である。女子サッカー フレッシュアイペディアより)

162件中 21 - 30件表示

「女子サッカー」のニューストピックワード