3620件中 31 - 40件表示
  • シビル・バンマー

    シビル・バンマーから見たテニステニス

    シビル・バンマー(Sybille Bammer, 1980年4月27日 - )は、オーストリア・リンツ出身の女子プロテニス選手。彼女は25歳で4大大会にデビューした遅咲きタイプの選手で、WTAツアーでシングルス2勝を挙げた。1人の娘を持つ“ママさん選手”として活動していた。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。世界ランキング自己最高位は19位(2007年12月)。シビル・バンマー フレッシュアイペディアより)

  • チャンスボール

    チャンスボールから見たテニステニス

    テニスやソフトテニスにおいては、打ち損ないが原因などでふわっと上がった、スピードが遅い打球を「浮き球」と呼ぶ場合がある。チャンスボール フレッシュアイペディアより)

  • ハロルド・ソロモン

    ハロルド・ソロモンから見たテニステニス

    ハロルド・ソロモン(Harold Solomon, 1952年9月17日 - )は、アメリカ・ワシントン出身の元男子プロテニス選手。1976年の全仏オープン男子シングルス準優勝者。シングルス自己最高ランキングは5位。ATPツアーでシングルス22勝、ダブルス1勝を挙げた。身長167cm、体重59kgで、男子プロテニス界では小柄な体格の選手だった。ソロモンは“the human backboard”(人間バックボード)と呼ばれたほど温厚な人柄の持ち主だったが、対戦相手の選手たちは彼の巧みなロブショットやリターンに“いらだつ”ことが多かったという。ハロルド・ソロモン フレッシュアイペディアより)

  • シュロモ・グリックステイン

    シュロモ・グリックステインから見たテニステニス

    シュロモ・グリックステイン(, Shlomo Glickstein, 1958年1月6日 - )は、イスラエル・アシュケロン出身の元男子プロテニス選手。1985年の全仏オープン男子ダブルス準優勝者で、当地のテニス選手として史上初の4大大会決勝進出者になった人である。彼はイスラエルにおけるテニスの先駆者として、主に1970年代後半から1980年代にかけて活動した。自己最高ランキングはシングルス22位、ダブルス28位で、単複ともに世界トップ30に入った最初のイスラエル人男子選手になる。ATPツアーではシングルス2勝を挙げ、当地の男子選手として最初のツアータイトルを獲得した。ダブルスの優勝はないが、1985年全仏オープンを含めて7度の準優勝があった。男子テニス国別対抗戦・デビスカップでも1976年-1987年の12年連続で出場し、通算勝利数を含む4部門でチーム歴代1位記録を保持している。シュロモ・グリックステイン フレッシュアイペディアより)

  • 中国短期大学

    中国短期大学から見たテニステニス

    体育系:テニス・サッカー・フットサル・ソフトボール・テニス・バレーボール・バドミントン・アイススケート・ダンス・草野球ほか中国短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • スー・バーカー

    スー・バーカーから見たテニステニス

    スー・バーカー(Sue Barker, 1956年4月19日 - )は、イングランド・ペイントン出身の元女子プロテニス選手。1976年の全仏オープン女子シングルス優勝者である。WTAツアーでシングルス15勝、ダブルス16勝を挙げた。強力なフォアハンド・ストロークを最大の武器にした選手である。スー・バーカー フレッシュアイペディアより)

  • フィオレラ・ボニセジ

    フィオレラ・ボニセジから見たテニステニス

    フィオレラ・ボニセジ(Fiorella Bonicelli, 1951年12月21日 - )は、ウルグアイの元女子プロテニス選手。ペルーのリマに生まれる。全仏オープンで1975年の混合ダブルス部門、1976年の女子ダブルス部門に優勝し、当地のテニス選手として最初の4大大会優勝者になった選手である。WTAツアー大会では、シングルスの優勝はなかったが(準優勝2度)、ダブルスで1976年全仏オープンを含む2勝を挙げた。フィオレラ・ボニセジ フレッシュアイペディアより)

  • メノ・オースティング

    メノ・オースティングから見たテニステニス

    メノ・オースティング(Menno Oosting, 1964年5月17日 - 1999年2月22日)は、オランダ・北ブラバント州ソーネンブレウヘル出身の男子プロテニス選手。1994年の全仏オープン混合ダブルス部門で、同じオランダのクリスティ・ボーグルトとペアを組んで優勝した選手である。キャリアを通じてダブルスを活動の重点に置いたが、1999年2月22日に自動車事故で死去した。自己最高ランキングはシングルス72位、ダブルス20位。ATPツアーでシングルスの優勝はなかったが、ダブルスで7勝を挙げた。メノ・オースティング フレッシュアイペディアより)

  • 高雄恵利加

    高雄恵利加から見たテニステニス

    高雄 恵利加(たかお えりか、1987年10月12日 - )は、千葉県習志野市出身の元女子プロテニス選手。2006年と2012年の全日本テニス選手権女子シングルス優勝者である。北日本物産所属。マネジメントはレプロエンタテインメント。渋谷幕張高校を中退し、千葉東高校通信制を経て、学芸館高等学校通信制卒業。身長150cm、体重52kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。WTAツアーのシングルス自己最高ランキングは128位(2006年11月)。現役の女子プロテニス選手の中でも際だって小柄な選手であるが、強打を武器に活躍した。高雄恵利加 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリー・ヘルドマン

    ジュリー・ヘルドマンから見たテニステニス

    ジュリー・ヘルドマン(Julie Heldman, 1945年12月8日 - )は、アメリカ・カリフォルニア州バークレー出身の元女子プロテニス選手。名門のテニス一家に生まれ育ち、1960年代後半から1970年代前半にかけて、アメリカを代表する女子選手のひとりとして活動した。彼女はウィンブルドンを除く4大大会で女子シングルスのベスト4に入ったが、決勝戦には進出できず、故障のため早い年齢での現役引退を余儀なくされた。ジュリー・ヘルドマン フレッシュアイペディアより)

3620件中 31 - 40件表示

「女子テニス」のニューストピックワード