女子プロ野球リーグ ニュース&Wiki etc.

日本女子野球連盟(にほんじょしやきゅうれんめい)とは1950年から1951年の2年間にわたって女子によるプロ野球リーグを運営した団体である。その後、1952年からはノンプロ(社会人)野球団体に改組し1959年まで存続。その後日本女子野球協会(にほんじょしやきゅうきょうかい。2002年設立のものとは関係ない。)が新設され、… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「女子プロ野球」のつながり調べ

  • 新田恭一

    新田恭一から見た日本女子野球連盟

    プロ野球が二リーグに分裂した1950年、松竹のキャンプに臨時コーチとして招かれる。松竹はこの年、水爆打線を擁し記録的な勝数でセントラル・リーグ優勝を果たした。同年、女子プロ野球の指導も行う。この年オフ、小西得郎の辞任で翌1951年、同チーム監督に就任。小西と新田は「野球時代」(野球時代社、1948年-1949年)という雑誌の編集で知り合いだった。理論派ではあったが、監督としては不適格であったとされ、投手・大島信雄、打者・岩本義行を除いた他の選手には背を向かれて、チームは次第に弱体化し同年4位。1952年は投打とも振るわず最下位に沈み、更に勝率.288と3割を下回ってリーグの処罰(具体的な内容は決められていなかった)の対象となったことと、球団に出資していた繊維商社の田村駒が経営悪化で撤退したことから、1953年に大洋と合併し球団は消滅した。完全試合の"惜しい"エピソードとして有名な1952年6月15日、巨人の別所毅彦に9回2死まで抑えられたが、投手の打順で「ピッチャーよりはマシじゃろ」とブルペン捕手の神崎安隆を代打に送り別所の夢を砕いた。1953年は合併した大洋の二軍監督を務めた。読売ジャイアンツが初めてコーチ制を採用した翌1954年、読売新聞・安田庄司副社長に招かれて三宅大輔(ヘッドコーチ)と共に巨人軍二軍コーチに就任。いずれも水原茂監督より先輩で、水原がリーダーシップを執れるか懸念された。(新田恭一 フレッシュアイペディアより)

  • 600 こちら情報部

    600 こちら情報部から見た日本女子野球連盟

    橋本美砂子(元「ニューヤンキース」のキャプテン)(600 こちら情報部 フレッシュアイペディアより)

「女子プロ野球」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「女子プロ野球リーグ」のニューストピックワード