前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • 三共レッドソックス

    三共レッドソックスから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    三共レッドソックス(さんきょうレッドソックス、Sankyo Redsox)は、1950年から日本女子野球連盟に参入した日本の女子プロ野球球団。三共レッドソックス フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のテレビ (日本)

    1978年のテレビ (日本)から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    フジテレビが女子プロ野球チーム「ニューヤンキース」を結成、1ヶ月に1回の割で芸能人などのチームと試合を行ったり、『土曜グランドスペシャル』などの番組に出演させる。1978年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球協会

    日本女子野球協会から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    1959年〜1971年まで存在したアマチュア野球団体。元々プロ野球団体として発足したアマ野球団体日本女子野球連盟の後継団体として発足した。日本女子野球連盟を参照。日本女子野球協会 フレッシュアイペディアより)

  • 山本栄一郎

    山本栄一郎から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    1942年(昭和17年)、現役を引退。引退後は巨人でスカウトを務めたほか、女子プロ野球ロマンス・ブルーバードや京浜ジャイアンツの監督も務めた。山本栄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子プロ野球機構

    日本女子プロ野球機構から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    4月23日 1年目のシーズンが開幕し、59年振りに女子プロ野球が復活。2295人(報道された速報値。その後、確定値2653人を正式発表)の観客を集め、深夜に地上波で中継録画放送(ABCテレビ)も行われた。日本女子プロ野球機構 フレッシュアイペディアより)

  • 京浜ジャイアンツ

    京浜ジャイアンツから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    1950年8月1日、「京浜ジャイアンツ」として発足した。1952年11月、日本女子野球連盟がノンプロ化するとノンプロに組織転換を行い、1959年6月まで活動を行った後、解散した。京浜ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 1950年のスポーツ

    1950年のスポーツから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    3月2日 - 女子のプロ野球団体「日本女子野球連盟」発足1950年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1950年の日本の女性史

    1950年の日本の女性史から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    3月2日 女子プロ野球4チームで「日本女子野球連盟」結成。1950年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • がんばれ!ピンチヒッターショー

    がんばれ!ピンチヒッターショーから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    当番組終了後『欽ドン!』は再開されたが、翌1978年4月に再び企画構想期間&萩本の前述の意向のため、再び一時休止になる事となるも、当番組の失敗、更にフジテレビが女子プロ野球チーム「ニューヤンキース」を結成した事から、新たに単発特別番組枠『土曜グランドスペシャル』を設置する事にした(但しニューヤンキースの試合の時はこのタイトルは使わず)。がんばれ!ピンチヒッターショー フレッシュアイペディアより)

  • 新田恭一

    新田恭一から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    プロ野球が二リーグに分裂した1950年、松竹のキャンプに臨時コーチとして招かれる。松竹はこの年、水爆打線を擁し記録的な勝数でセントラル・リーグ優勝を果たした。同年、女子プロ野球の指導も行う。この年オフ、小西得郎の辞任で翌1951年、同チーム監督に就任。小西と新田は「野球時代」(野球時代社、1948年-1949年)という雑誌の編集で知り合いだった。理論派ではあったが、監督としては不適格であったとされ、投手・大島信雄、打者・岩本義行を除いた他の選手には背を向かれて、チームは次第に弱体化し同年4位。1952年は投打とも振るわず最下位に沈み、更に勝率.288と3割を下回ってリーグの処罰(具体的な内容は決められていなかった)の対象となったことと、球団に出資していた繊維商社の田村駒が経営悪化で撤退したことから、1953年に大洋と合併し球団は消滅した。完全試合の"惜しい"エピソードとして有名な1952年6月15日、巨人の別所毅彦に9回2死まで抑えられたが、投手の打順で「ピッチャーよりはマシじゃろ」とブルペン捕手の神崎安隆を代打に送り別所の夢を砕いた。1953年は合併した大洋の二軍監督を務めた。読売ジャイアンツが初めてコーチ制を採用した翌1954年、読売新聞・安田庄司副社長に招かれて三宅大輔(ヘッドコーチ)と共に巨人軍二軍コーチに就任。いずれも水原茂監督より先輩で、水原がリーダーシップを執れるか懸念された。新田恭一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「女子プロ野球リーグ」のニューストピックワード