31件中 11 - 20件表示
  • 小泉吾郎

    小泉吾郎から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    小泉 吾郎(こいずみ ごろう、1908年8月26日 - 1987年8月30日)は、実業家、興行師。 1950年、1951年の2年間存在した日本の女子プロ野球創設者。小泉吾郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日曜ビッグスペシャル

    日曜ビッグスペシャルから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    開始当初のレギュラー企画。ソフトボールチーム「ピンクベアーズ」が芸能人チーム(監督:辻佳紀)と対戦。主審は講談師の田辺一鶴。フジテレビの女子プロ野球チーム「ニューヤンキース」誕生へのきっかけともなった。なお、エンディングにはザ・スリー・ディグリーズの「天使のささやき」が使われていた。日曜ビッグスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 浅岡信夫

    浅岡信夫から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    その後、大陸に十年余滞在し1946年(昭和21年)12月、上海から引き揚げ。海外同胞引揚の救済運動に尽力。1946年(昭和21年)、プロ野球球団・東京セネタースの身売り話を小西得郎と共に仲介。東急社長・五島慶太に野球を薦めたのは強羅ホテル支配人・猿丸元の友人浅岡で、広島一中時代の親友で、東急の専務黒川渉三を通じて五島に会い、話をまとめたという。1947年(昭和22年)、日本自由党から参議院議員選挙に立候補し当選、吉田内閣で厚生政務次官を務めた。浅岡は児玉誉士夫と親しい右翼の辻嘉六の懐刀といわれていたという。1948年(昭和23年)4月に「辻嘉六氏をめぐる政治資金の問題について」国会で証人として答弁を行なっている。学生時代から徳川義親や辻に世話になっており、「自身は辻の弟子のようなもの」と話している。また1950年(昭和25年)の日本初の女子プロ野球創設にも関与している。広島の戦後復興の礎になった1949年の広島平和記念都市建設法は、浅岡の発言がきっかけで検討が始まったものという。浅岡信夫 フレッシュアイペディアより)

  • レッドビッキーズ

    レッドビッキーズから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    ハナコの祖父で接骨院を営む。両親のいないハナコを育て上げた。もっとも彼によると、「わしが養われた」とのことである。夢はハナコを女性初のプロ野球選手にすること。なお、現在は日本野球機構の規約が改正されて女性の入団が可能になっているが、2009年7月現在まで入団した女性はいない。女性のプロ野球選手自体は1950年-1951年に日本で女子プロ野球(日本女子野球連盟主催によるリーグ戦)が行われているなど、何名か存在する。詳しくは「日本女子野球連盟」、「鈴木慶子」および「吉田えり」を参照のこと。レッドビッキーズ フレッシュアイペディアより)

  • 欽ドン!

    欽ドン!から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    なお、1977年4月 - 8月と1978年4月 - 8月、1979年4月 - 8月までは、萩本の企画構想期間として同番組は一旦中断。1977年4月 - 8月は、伊東四朗らをメインキャストとした同じく常田久仁子プロデューサー・三宅恵介ディレクターの『がんばれ!ピンチヒッターショー』を、1978年4月 - 8月は『土曜グランドスペシャル(第1期)』もしくは『ニューヤンキース』を、1979年4月 - 8月は『土曜グランドスペシャル(第2期)』(厳密には枠名称は無し)をそれぞれ穴埋め番組として放送していた。これは、視聴率へのこだわりが強い萩本が、自身の冠番組をナイター中継の裏では絶対にやらないという強い意向を持っていたからである。そのため、以後の萩本のプライムタイムでの冠番組は、すべて21・22時台に放送されており、19・20時台に放送されたものはいずれもプロ野球シーズンオフのみである(1988年4月 - 6月に放送された「欽ちゃんの気楽にリン」(日本テレビ、水曜夜20時 - 20時54分を除く)。なお『土曜グランド』(第1期)では『欽ドン!』ファンのために、1978年6月17日・同年7月29日・同年8月19日3回に渡って、『欽ちゃんのドンとやってみよう!○月編』(『○』には放送月が入る)が放送されたが、『土曜グランド』でレギュラー的な存在のニューヤンキースは出演しなかった。欽ドン! フレッシュアイペディアより)

  • 昭和九年会

    昭和九年会から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    1978年にはメンバーが野球チーム「オールナインズ」を引提げ、当時フジテレビが結成した女子プロ野球チーム「ニューヤンキース」と試合をした事があった。背番号は全て「9」、監督は初代引田天功が務め、岩崎宏美が特別参加した(ユニフォームは着ず私服参加)。試合の模様は、1978年6月24日にフジテレビ系列の『土曜グランドスペシャル』(第1期)内で放送された。昭和九年会 フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ

    フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    ドラマ中断。この間はつなぎ番組『土曜特番(第1期)』、19:30からの90分番組『オールスター90分』『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(4期有り)『がんばれ!ピンチヒッターショー』『土曜グランドスペシャル』(2期有り。第1期は「ニューヤンキース」の試合と平行)『土曜ナナハン学園危機一髪』を放送。なおこの間の1975年10月より終了時刻が20:54に変更(更に1分縮小)。フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 神戸9クルーズ

    神戸9クルーズから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    初年度のドラフト会議にて、吉田えりが7位で指名され、1951年に女子プロ野球(日本女子野球連盟)が消滅して以来、58年ぶりに女子プロ野球選手が誕生した。吉田の入団はマスコミではおおむね肯定的に報じられたが、球界関係者の中には中村勝広(当時オリックス・バファローズ球団本部長)が吉田の公式戦初登板時に「万が一のことを考えると怖いし、バッターもやりにくい。話題をつくる狙いは分からないではないが、いかがなものか」と評するなど批判的な反応も見られた。神戸9クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • 女子野球

    女子野球から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    1948年7月、非公式ながら日本初の女子プロ野球チームと言われる「東京ブルーバード」が結成される。1950年にはプロリーグである日本女子野球連盟が発足されたが、1952年にはノンプロに移行。1959年には日本女子野球連盟に代わり、新たに日本女子野球協会が設立されリーグが存続されたものの、1967年を最後にリーグ戦休止、1971年に自然消滅した。女子野球 フレッシュアイペディアより)

  • 火曜ワイドスペシャル

    火曜ワイドスペシャルから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    ニューヤンキース(1978年8月に『土曜グランドスペシャル(第1期)』が終了したのに伴い、本枠で継続放送。芸能人チームとの試合の他、「ブラックイーグルス」との対戦も平行して放送)火曜ワイドスペシャル フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「女子プロ野球リーグ」のニューストピックワード