36件中 11 - 20件表示
  • オールスター紅白バレーボール大会

    オールスター紅白バレーボール大会から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    『大運動会』同様、1973年と1974年は春秋開催だったが、1975年からは(1978年を除き)単独開催に変更、『大運動会』が秋単独となったのに対し、当番組は春単独になっている。例外として1978年は、4年振りに秋大会を『火WSP』で放送したのに対し、通常の春大会は、当時フジテレビが結成した女子プロ野球チーム「ニューヤンキース」宣伝のために、ニューヤンキースの試合をメインとした『土GSP』で放送、ニューヤンキースも参加した。オールスター紅白バレーボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 新田恭一

    新田恭一から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    プロ野球が二リーグに分裂した1950年、松竹のキャンプに臨時コーチとして招かれる。松竹はこの年、水爆打線を擁し記録的な勝数でセントラル・リーグ優勝を果たした。同年、女子プロ野球の指導も行う。この年オフ、小西得郎の辞任で翌1951年、同チーム監督に就任。小西と新田は「野球時代」(野球時代社、1948年-1949年)という雑誌の編集で知り合いだった。理論派ではあったが、監督としては不適格であったとされ、投手・大島信雄、打者・岩本義行を除いた他の選手には背を向かれて、チームは次第に弱体化し同年4位。1952年は投打とも振るわず最下位に沈み、更に勝率.288と3割を下回ってリーグの処罰(具体的な内容は決められていなかった)の対象となったことと、球団に出資していた繊維商社の田村駒が経営悪化で撤退したことから、1953年に大洋と合併し球団は消滅した。完全試合の"惜しい"エピソードとして有名な1952年6月15日、巨人の別所毅彦に9回2死まで抑えられたが、投手の打順で「ピッチャーよりはマシじゃろ」とブルペン捕手の神崎安隆を代打に送り別所の夢を砕いた。1953年は合併した大洋の二軍監督を務めた。読売ジャイアンツが初めてコーチ制を採用した翌1954年、読売新聞・安田庄司副社長に招かれて三宅大輔(ヘッドコーチ)と共に巨人軍二軍コーチに就任。いずれも水原茂監督より先輩で、水原がリーダーシップを執れるか懸念された。新田恭一 フレッシュアイペディアより)

  • 全国女子中学硬式野球大会

    全国女子中学硬式野球大会から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟 - 1950年から1951年まで存在した女子プロ野球全国女子中学硬式野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • オールスター春秋の祭典スペシャル

    オールスター春秋の祭典スペシャルから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    また『春秋の祭典』初回の1978年では、『土曜グランドスペシャル』が参加、唯一の単発特別番組枠が出演したが、出演したのは同番組で中継される試合などに出演する女子野球チーム「ニューヤンキース」だった。オールスター春秋の祭典スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 日曜スペシャル (フジテレビ)

    日曜スペシャル (フジテレビ)から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    ニューヤンキース(『土曜グランドスペシャル』廃枠後に継続)日曜スペシャル (フジテレビ) フレッシュアイペディアより)

  • ニューヤンキース

    ニューヤンキースから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    ニューヤンキース フレッシュアイペディアより)

  • 神戸9クルーズ

    神戸9クルーズから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    初年度のドラフト会議に7位で指名された吉田えりは、1951年に女子プロ野球(日本女子野球連盟)が消滅して以来、58年ぶりの女子プロ野球選手となった。吉田の入団はマスコミではおおむね肯定的に報じられたが、球界関係者の中には中村勝広(当時オリックス・バファローズ球団本部長)が吉田の公式戦初登板時に「万が一のことを考えると怖いし、バッターもやりにくい。話題をつくる狙いは分からないではないが、いかがなものか」と評するなど批判的な反応も見られた。神戸9クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • 浅岡信夫

    浅岡信夫から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    1950年(昭和25年)、日本初の女子プロ野球創設に関与。浅岡信夫 フレッシュアイペディアより)

  • アイドル水泳大会

    アイドル水泳大会から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    '78真夏の水泳フェスティバル - 1978年のみ。女子プロ野球チーム「ニューヤンキース」宣伝企画の一環として、女性限定で放送。アイドル水泳大会 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    2008年11月の関西独立リーグの合同トライアウトに合格し、同リーグのドラフト会議で神戸9クルーズから7巡目で指名を受けた。12月2日に正式契約し、背番号は17となった。日本プロ野球リーグ所属の女子選手としては日本女子野球連盟(1950年 - 1951年)以来、そして日本で初の「男性と同一チームでプレーする女性プロ野球選手」となった。吉田えり フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示