31件中 21 - 30件表示
  • 土曜グランドスペシャル

    土曜グランドスペシャルから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    前年(1977年)4月、「ナイター中継の裏で冠番組はやりたくない」という萩本欽一の意向で中断し、9月より再開された『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(欽ドン!)だったが、1978年4月より同じ理由で再び中断する事となったため、穴埋め番組を放送する事となるが、前年放送した『がんばれ!ピンチヒッターショー』は全く受けなかったので、別な番組を企画。その頃フジテレビでは1978年度最大のイベントとして、女子プロ野球チーム「ニューヤンキース」を結成、月1回の割合で芸能人などのチームと試合をする事となり、その放送枠が必要となってきた。だが、当時フジゴールデン唯一の単発特別番組枠『火曜ワイドスペシャル』はレギュラー企画が一杯で、更にプロ野球中継も平行放送しなければならず、とても間に合わなかった。そこでこの枠に、ニューヤンキースの試合を中心にした単発特別番組枠を設ける事になった。またニューヤンキース宣伝のために、全番組にニューヤンキースを出演させ、OPではニューヤンキースによる歌も歌わせる事にした。更に『欽ドン!』ファンのために、月1回の割合で『欽ちゃんのドンとやってみよう!○月編』(「○」には放送月が入る)も放送する様にした。土曜グランドスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 全日本女子プロレス中継

    全日本女子プロレス中継から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    また、会場レポーターを、タレントの宮尾すすむ、アイドル歌手の岡崎ひとみ、所属レスラーの佐藤ちの(引退後も継続)、元女子野球選手(「ニューヤンキース」所属)の橋本美砂子らが担当。クラッシュギャルズ全盛期には小早川正昭(志生野の日テレ時代の後輩)が“リングサイドレポーター”を務め、さらに後は全女と提携関係にあったユニバーサル・プロレスリングのリングアナウンサーやフジテレビの局アナが、会場レポートを行った。全日本女子プロレス中継 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田 えり

    吉田えりから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    2008年11月の関西独立リーグの合同トライアウトに合格し、同リーグのドラフト会議で神戸9クルーズから7巡目で指名を受けた。12月2日に正式契約し、背番号は17となった。日本プロ野球リーグ所属の女子選手としては日本女子野球連盟(1950年 - 1951年)以来の「男性と同一チームでプレーする女性プロ野球選手」となった。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 3月28日

    3月28日から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    1950年 - 女子プロ野球の日本女子野球連盟が発足。3月28日 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    女性によるプロ野球リーグとして、1950 - 1951年にかけて日本女子野球連盟が存在した。日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 花王

    花王から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    ドラマ(青春)→テレビグランドスペシャル(第1期)→マイティジャック→コント55号の世界は笑う→コント55号のやるぞみてくれ!→なつメロ・ヒット・フェスティバル(つなぎ番組、この後1ヶ月、単発特番を放送)→ドラマ(この後1ヶ月単発特番)→オールスター90分(ここから19:30開始の90分枠)→欽ちゃんのドンとやってみよう(中断中は『がんばれ!ピンチヒッターショー』『土曜グランドスペシャル』と、『ニューヤンキース』の試合)→土曜ナナハン学園危機一髪(ここまで90分枠)→ドラマ(再び60分枠)→決定!土曜特集→オレたちひょうきん族(この後単発特番)→ドラマ(あいつがトラブル)→ザ・ウォッチング!!→ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!!(この後単発特番)→ドラマ(ボクたちのドラマシリーズ・第2シリーズ)→ゴールデンタイム→学校では教えてくれないこと!!(この後単発特番)→BANG! BANG! BANG!→めちゃ×2イケてるッ!(2000年9月まで)花王 フレッシュアイペディアより)

  • 600 こちら情報部

    600 こちら情報部から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    橋本美砂子(元「ニューヤンキース」のキャプテン)600 こちら情報部 フレッシュアイペディアより)

  • 単発特別番組枠

    単発特別番組枠から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    土曜グランドスペシャル(フジテレビ、1978年4月 - 8月・1979年4月 - 8月。なお1978年版でニューヤンキースの試合を放送する時は、このタイトルは使わない)単発特別番組枠 フレッシュアイペディアより)

  • ロート製薬の製品

    ロート製薬の製品から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    TVCMは当初は渥美清が担当、長期に渡って出演し、商品の顔となった。1970年後半からは佐々木信也に交代、その後は十朱幸代や、ロート製薬提供番組『クイズダービー』の司会者であった大橋巨泉が担当した。なお佐々木時代の1978年には、女子プロ野球チーム「ニューヤンキース」から橋本美砂子・松尾貴子・川崎志津子らが共演したが、そのニューヤンキースの試合を放送する『土曜グランドスペシャル』は、前30分のみ『クイズダービー』の裏番組であった。ロート製薬の製品 フレッシュアイペディアより)

  • パールス

    パールスから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟に属していたチーム。1950年2月に国際観光を母体に創立。同年中に、日産自動車傘下に入り「日産パールス」となる。1951年に伊奈大二郎監督の個人経営により「日産」の冠が取れ、同年途中より岡田乾電池傘下に入り「岡田バッテリーズ」となる。1952年にノンプロ化され「岡田乾電池」となり、岡田乾電池本社がレイ・オ・バック社に吸収・解散する1955年まで活動した。パールス フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「女子プロ野球リーグ」のニューストピックワード