36件中 21 - 30件表示
  • 3月28日

    3月28日から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    1950年 - 女子プロ野球の日本女子野球連盟が発足。3月28日 フレッシュアイペディアより)

  • 単発特別番組枠

    単発特別番組枠から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    土曜グランドスペシャル(フジテレビ、1978年4月 - 8月・1979年4月 - 8月。なお1978年版でニューヤンキースの試合を放送する時は、このタイトルは使わない)単発特別番組枠 フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ

    フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    ドラマ中断。この間はつなぎ番組、19:30からの90分番組『オールスター90分』『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(4期有り)『がんばれ!ピンチヒッターショー』『土曜グランドスペシャル』(2期有り。第1期は「ニューヤンキース」の試合と平行)『土曜ナナハン学園危機一髪』を放送。なおこの間の1975年10月より終了時刻が20:54に変更(更に1分縮小)。フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 600 こちら情報部

    600 こちら情報部から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    橋本美砂子(元「ニューヤンキース」のキャプテン)600 こちら情報部 フレッシュアイペディアより)

  • オールスター紅白大運動会

    オールスター紅白大運動会から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    開催は、1970年から1974年までは春秋開催だったが、1975年からは(1978年を除き)単独開催に変更、1994年からは春秋開催が復活した。また放送枠は、1972年春までは『木曜スペシャル』(以降『木SP』)や『TGSP』といった木曜単発枠で放送、同年秋からは主に『火曜ワイドスペシャル』(以降『火WSP』)で放送したが、回によっては別の枠で放送した事も有り、特に1978年は、当時フジテレビが結成した女子プロ野球チーム「ニューヤンキース」の宣伝のため、特別に春大会を開催し、ニューヤンキースも出場、放送枠もニューヤンキースの試合をメインとした『土曜グランドスペシャル』(以降『土GSP』)で放送した。オールスター紅白大運動会 フレッシュアイペディアより)

  • おはよう!こどもショー

    おはよう!こどもショーから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    大下弘(2代目「モーニングス」監督、元:東急セネタース内野手, ?〜1978年、フジテレビの女子プロ野球チーム「ニューヤンキース」監督就任のため降板)おはよう!こどもショー フレッシュアイペディアより)

  • 昭和九年会

    昭和九年会から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    1978年にはメンバーが野球チーム「オールナインズ」を引提げ、当時フジテレビが結成した女子プロ野球チーム「ニューヤンキース」と試合をした事があった。背番号は全て「9」、監督は初代引田天功が務め、岩崎宏美が特別参加した(ユニフォームは着ず私服参加)。試合の模様は、1978年6月24日にフジテレビ系列の『土曜グランドスペシャル』(第1期)内で放送された。昭和九年会 フレッシュアイペディアより)

  • 火曜ワイドスペシャル

    火曜ワイドスペシャルから見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    ニューヤンキース(1978年8月に『土曜グランドスペシャル』(以降『土GSP』)が終了したのに伴い、本枠で継続放送。芸能人チームとの試合の他、「ブラックイーグルス」との対戦も平行して放送。なお『土GSP』同様、OPにはスリーヤンキースの歌『ザ・ベースボール』を使用した)火曜ワイドスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 全日本女子プロレス中継

    全日本女子プロレス中継から見た日本女子野球連盟日本女子野球連盟

    また、会場レポーターを、タレントの宮尾すすむ、アイドル歌手の岡崎ひとみ、所属レスラーの佐藤ちの(引退後も継続)、元女子野球選手(「ニューヤンキース」所属)の橋本美砂子らが担当。クラッシュギャルズ全盛期には小早川正昭(志生野の日テレ時代の後輩)が“リングサイドレポーター”を務め、さらに後は全女と提携関係にあったユニバーサル・プロレスリングのリングアナウンサーやフジテレビの局アナが、会場レポートを行った。長与千種もクラッシュギャルズ時代にレポーターを経験している。全日本女子プロレス中継 フレッシュアイペディアより)

  • 大下弘

    大下弘から見たニューヤンキース日本女子野球連盟

    その後は2度目の関西テレビ・フジテレビ解説者( - )を経て、からまで大洋ホエールズの一軍打撃コーチを務め、長崎慶一・山下大輔ら若手を一流選手に育てた。当時、大下夫妻は東京都世田谷区経堂に住んでいたが、大洋退団後は野球の盛んな千葉県の地を気に入り、千葉市稲毛園生のマンション・丸紅ファミールハイツに移り住んだ。プロ野球界から身を退いた後は少年野球の発展に務めた。自身のマンション群に住む子供たちを集め、千葉ファミールズ(現:稲毛区柏台にある柏台フェニックス)監督として甲子園球児を多く育てた。その後も少年野球チーム・大下フライヤーズ(現:千葉市中央区にある大森フライヤーズ)監督、フジテレビの女子野球チーム・ニューヤンキース監督、横浜市の本牧リトルリーグ監督などを歴任する。6月、東京都隅田公園のグラウンドで少年野球を指導中に倒れ、数日自宅で静養したが、国立千葉病院に入院。脳血栓と診断される。左半身麻痺の後遺症が残り、石和温泉などで懸命にリハビリに取り組んだが、麻痺は残り手足が不自由となり、自宅療養生活になる。大下弘 フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示