60件中 11 - 20件表示
  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たビューティ・ペア

    1978年3月、フジテレビの番組の企画で『ニューヤンキース』が結成された。視聴者から選手を一般公募し2,500人の応募者の中から選ばれた35人(平均年齢18歳)を女子野球選手として鍛え、芸能人の野球チームと対戦させるものであった。ちなみに選ばれた選手の中には広岡達朗の長女もいたが、チームが芸能活動を始めると父である広岡の意向で退団させられた。この時、元女子プロ野球選手の近藤信子(元サロンパス)と中村桂子(元三共)もコーチを依頼されて選手たちを指導している。この企画は当時人気だった女子プロレスのビューティ・ペアの野球版を狙ったもので、テレビという新しいメディアを通じて「興行としてのプロ」を目指したものであった。会場は主に横浜スタジアムで、当初は土曜日19:30?20:54というゴールデンタイムに放映されたが、平均視聴率が10%に届かず半年後に『欽ドン!』が再開されるのに伴って放映時間がゴールデンから格下げになった。その後、メンバーから選抜した3人を「スリー・ヤンキース」として歌手デビューさせたり女子プロレスにならって悪役軍団(『ブラックイーグル』)を登場させるなどのテコ入れを行ったが実らず1年後の1979年3月には放映終了、チームもしばらくして解散した。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た小泉吾郎

    この大会の人気に刺激され、銀座にあった『メリーゴールド』というダンスホールのダンサーたちが1948年に野球チームを結成し、上記のオハイオ靴店チームと試合を行った。その試合を見ていた小泉吾郎が女子による野球を興行として行うことを発案し、横浜女子商業の選手6名とメリーゴールドの選手を合流させて1948年7月に『東京ブルーバード』を結成した。これが非公式ながら日本初の女子プロ野球チームと言われる。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たアイラ・ボーダーズ

    なお、日本国外ではアイラ・ボーダーズが1997年に女性として初めてアメリカ独立リーグに加入し話題になった。彼女は2000年に近鉄バファローズのテストも受けている。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た山本栄一郎

    しかし小泉は引き続き女子プロ野球に情熱を燃やし、1949年5月に新たに選手を一般公募して『ロマンス・ブルーバード』を結成した。入団テストに際しては、「野球の腕前もさることながら、独身で容姿端麗という点も重視した」(小泉自身の言)。この時に入団した新人から後に「鉄腕麗人投手」と呼ばれる大島雅子投手、「女土井垣」の異名をとった富岡聡子捕手などの名選手が生まれた。チームの初代監督には元東京巨人軍の山本栄一郎を迎えたがチームの財政基盤は脆弱で、給料も満足に払えず地方出身の選手の多くが小泉の自宅に居候していた。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た高橋ツトム

    高橋ツトム(女子プロ野球に題材を採った作品『鉄腕ガール』を描いた)日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た大下弘

    この頃、トップクラスのスター選手でも月給は7000円程度(年収10万円程度)であった。男子プロ野球のトップスターである大下弘の年収が150万円弱、同時期に行われていた女子競輪の年間獲得賞金額が平均20万円前後であり、銀行員の初任給が3000円、あんパンが1個10円、喫茶店のコーヒーが1杯30円だった時代である。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た土井垣武

    しかし小泉は引き続き女子プロ野球に情熱を燃やし、1949年5月に新たに選手を一般公募して『ロマンス・ブルーバード』を結成した。入団テストに際しては、「野球の腕前もさることながら、独身で容姿端麗という点も重視した」(小泉自身の言)。この時に入団した新人から後に「鉄腕麗人投手」と呼ばれる大島雅子投手、「女土井垣」の異名をとった富岡聡子捕手などの名選手が生まれた。チームの初代監督には元東京巨人軍の山本栄一郎を迎えたがチームの財政基盤は脆弱で、給料も満足に払えず地方出身の選手の多くが小泉の自宅に居候していた。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た市岡忠男

    『ホーマー』:2月に東京・京橋のホーマー製菓の青井英隆社長()が早稲田大学野球部時代の先輩だった市岡忠男に依頼されてスポンサーとなり結成された。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た広岡達朗

    1978年3月、フジテレビの番組の企画で『ニューヤンキース』が結成された。視聴者から選手を一般公募し2,500人の応募者の中から選ばれた35人(平均年齢18歳)を女子野球選手として鍛え、芸能人の野球チームと対戦させるものであった。ちなみに選ばれた選手の中には広岡達朗の長女もいたが、チームが芸能活動を始めると父である広岡の意向で退団させられた。この時、元女子プロ野球選手の近藤信子(元サロンパス)と中村桂子(元三共)もコーチを依頼されて選手たちを指導している。この企画は当時人気だった女子プロレスのビューティ・ペアの野球版を狙ったもので、テレビという新しいメディアを通じて「興行としてのプロ」を目指したものであった。会場は主に横浜スタジアムで、当初は土曜日19:30?20:54というゴールデンタイムに放映されたが、平均視聴率が10%に届かず半年後に『欽ドン!』が再開されるのに伴って放映時間がゴールデンから格下げになった。その後、メンバーから選抜した3人を「スリー・ヤンキース」として歌手デビューさせたり女子プロレスにならって悪役軍団(『ブラックイーグル』)を登場させるなどのテコ入れを行ったが実らず1年後の1979年3月には放映終了、チームもしばらくして解散した。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た早稲田大学

    『ホーマー』:2月に東京・京橋のホーマー製菓の青井英隆社長()が早稲田大学野球部時代の先輩だった市岡忠男に依頼されてスポンサーとなり結成された。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「女子プロ野球リーグ」のニューストピックワード