68件中 11 - 20件表示
  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た2009年

    これらの動きに刺激されて1980年代以降、各地で女子野球クラブチームが結成されると共に、大学・高校などでも女子硬式野球部が設置されるようになり女子野球の灯が再び点るようになってきており、女子プロ野球も2009年の日本女子プロ野球機構設立に伴い、関西基点ではあるものの復活の兆しを見せている。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た山本栄一郎

    しかし小泉は引き続き女子プロ野球に情熱を燃やし、1949年5月に新たに選手を一般公募して『ロマンス・ブルーバード』を結成した。入団テストに際しては、「野球の腕前もさることながら、独身で容姿端麗という点も重視した」(小泉自身の言)。この時に入団した新人から後に「鉄腕麗人投手」と呼ばれる大島雅子投手、「女土井垣」の異名をとった富岡聡子捕手などの名選手が生まれた。チームの初代監督には元東京巨人軍の山本栄一郎を迎えたがチームの財政基盤は脆弱で、給料も満足に払えず地方出身の選手の多くが小泉の自宅に居候していた。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たビューティ・ペア

    この企画は当時人気だった女子プロレスのビューティ・ペアの野球版を狙ったもので、テレビという新しいメディアを通じて「興行としてのプロ」を目指したものであった。会場は主に横浜スタジアムで、当初は土曜日19:30?20:54というゴールデンタイムに放映されたが、平均視聴率が10%に届かず半年後に『欽ドン!』が再開されるのに伴って放映時間がゴールデンから格下げになった。その後、メンバーから選抜した3人を「スリー・ヤンキース」として歌手デビューさせたり女子プロレスにならって悪役軍団(『ブラックイーグル』)を登場させるなどのテコ入れを行ったが、実らず1年後の1979年3月には放映終了、チームもしばらくして解散した。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た高橋ツトム

    ?橋ツトム(女子プロ野球に題材を採った作品『鉄腕ガール』を描いた)日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た大下弘

    この頃、トップクラスのスター選手でも月給は7000円程度(年収10万円程度)であった。男子プロ野球のトップスターである大下弘の年収が150万円弱、同時期に行われていた女子競輪の年間獲得賞金額が平均20万円前後であり、銀行員の初任給が3000円、あんパンが1個10円、喫茶店のコーヒーが1杯30円だった時代である。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た土井垣武

    しかし小泉は引き続き女子プロ野球に情熱を燃やし、1949年5月に新たに選手を一般公募して『ロマンス・ブルーバード』を結成した。入団テストに際しては、「野球の腕前もさることながら、独身で容姿端麗という点も重視した」(小泉自身の言)。この時に入団した新人から後に「鉄腕麗人投手」と呼ばれる大島雅子投手、「女土井垣」の異名をとった富岡聡子捕手などの名選手が生まれた。チームの初代監督には元東京巨人軍の山本栄一郎を迎えたがチームの財政基盤は脆弱で、給料も満足に払えず地方出身の選手の多くが小泉の自宅に居候していた。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た市岡忠男

    『ホーマー』:2月に東京・京橋のホーマー製菓の青井英隆社長()が早稲田大学野球部時代の先輩だった市岡忠男に依頼されてスポンサーとなり結成された。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たヴィクトル・スタルヒン

    『エーワン・ブリアンツ』:エーワンポマード本舗がスポンサー。「ブリアンツ」は英語の"Brilliants"だが、カタカナでは「ブリアンツ」と表記された。球団経営に際しては宣伝意識の強い他球団より本腰だったと言われ、結成当時の入団テストでは審査員としてヴィクトル・スタルヒンや杉下茂といった男子プロ野球選手が担当した。チームはその後、親会社が名古屋発祥だったことから中日ドラゴンズよりペットネームを拝借し、「エーワン・ドラゴンズ」と改称した。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た小泉吾郎

    この大会の人気に刺激され、銀座にあった『メリーゴールド』というダンスホールのダンサーたちが1948年に野球チームを結成し、上記のオハイオ靴店チームと試合を行った。その試合を見ていた小泉吾郎が女子による野球を興行として行うことを発案し、横浜女子商業の選手6名とメリーゴールドの選手を合流させて1948年7月に『東京ブルーバード』を結成した。これが非公式ながら日本初の女子プロ野球チームと言われる。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た岡田源三郎

    三共レッドソックスを率いた岡田源三郎監督は、全盛時代の三共について「甲子園に出場する高校野球のBクラスよりも、ちょっと上くらいの実力がありました」と語っている。また、ノンプロ野球の本業とも言える親会社の取引先との接待野球試合においては相手チームの多くが甲子園出場経験者を助っ人として呼んで対戦に臨んだにもかかわらず「本気で対戦したら全部勝っていた」「力の差がはっきりしている時には、わざと三振することもあった」と述懐している。他方で同じ三共が広島東洋カープの二軍と親善試合を行ったところ、先発投手の投げるボールを「片っ端から場外ホームランされた」という述懐もある。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

68件中 11 - 20件表示