68件中 21 - 30件表示
  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た広岡達朗

    1978年3月、フジテレビの番組の企画で『ニューヤンキース』が結成された。視聴者から選手を一般公募し2,500人の応募者の中から選ばれた35人(平均年齢18歳)を女子野球選手として鍛え、芸能人の野球チームと対戦させるものであった。選ばれた選手の中には広岡達朗の長女もいたが、チームが芸能活動を始めると父である広岡の意向で退団となった。この時、元女子プロ野球選手の近藤信子(元サロンパス)と中村桂子(元三共)もコーチを依頼されて選手たちを指導している。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たアイラ・ボーダーズ

    なお、日本国外ではアイラ・ボーダーズが1997年に女性として初めてアメリカ独立リーグに加入し話題になった。彼女は2000年に近鉄バファローズのテストも受けている。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た中日ドラゴンズ

    『エーワン・ブリアンツ』:エーワンポマード本舗がスポンサー。「ブリアンツ」は英語の"Brilliants"だが、カタカナでは「ブリアンツ」と表記された。球団経営に際しては宣伝意識の強い他球団より本腰だったと言われ、結成当時の入団テストでは審査員としてヴィクトル・スタルヒンや杉下茂といった男子プロ野球選手が担当した。チームはその後、親会社が名古屋発祥だったことから中日ドラゴンズよりペットネームを拝借し、「エーワン・ドラゴンズ」と改称した。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た早稲田大学

    『ホーマー』:2月に東京・京橋のホーマー製菓の青井英隆社長()が早稲田大学野球部時代の先輩だった市岡忠男に依頼されてスポンサーとなり結成された。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た広島東洋カープ

    三共レッドソックスを率いた岡田源三郎監督は、全盛時代の三共について「甲子園に出場する高校野球のBクラスよりも、ちょっと上くらいの実力がありました」と語っている。また、ノンプロ野球の本業とも言える親会社の取引先との接待野球試合においては相手チームの多くが甲子園出場経験者を助っ人として呼んで対戦に臨んだにもかかわらず「本気で対戦したら全部勝っていた」「力の差がはっきりしている時には、わざと三振することもあった」と述懐している。他方で同じ三共が広島東洋カープの二軍と親善試合を行ったところ、先発投手の投げるボールを「片っ端から場外ホームランされた」という述懐もある。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た日本野球機構

    1991年に日本野球機構が「不適格選手」の項目から「医学上男子ではないもの」の項目を撤廃し、協約上は女子選手がプロ野球に参加することが可能となった。同年、早速2人の女性がオリックス・ブルーウェーブの入団テストを受けるなどこれまで数名がプロ野球チームの入団テストに挑んできたが、現在までのところ合格した女子選手はいない。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た女性

    日本女子野球連盟(にほんじょしやきゅうれんめい)とは1950年から1951年の2年間にわたって女子によるプロ野球リーグを運営した団体である。その後、1952年からはノンプロ(社会人)野球団体に改組し1959年まで存続。その後日本女子野球協会(にほんじょしやきゅうきょうかい。2002年設立のものとは関係ない。)が新設され、1971年まで存続した。本項では、日本女子野球協会を含めたノンプロ時代、前後の女子プロ・社会人野球の歴史についても記述する。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たオリックス・バファローズ

    1991年に日本野球機構が「不適格選手」の項目から「医学上男子ではないもの」の項目を撤廃し、協約上は女子選手がプロ野球に参加することが可能となった。同年、早速2人の女性がオリックス・ブルーウェーブの入団テストを受けるなどこれまで数名がプロ野球チームの入団テストに挑んできたが、現在までのところ合格した女子選手はいない。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た阪神タイガース

    神戸タイガース(大阪タイガースとは無関係)日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た白元

    1956年6月には坂口翁も解散となったが、8月に白元が旧岡田乾電池と坂口翁の選手を引き継いで女子野球部を創設した。しかし12月にはエーワンポマード本舗も解散となり残る球団は三共、京浜急行、わかもと、白元の4チームとなった。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

68件中 21 - 30件表示