68件中 31 - 40件表示
  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た日本女子プロ野球機構

    これらの動きに刺激されて1980年代以降、各地で女子野球クラブチームが結成されると共に、大学・高校などでも女子硬式野球部が設置されるようになり女子野球の灯が再び点るようになってきており、女子プロ野球も2009年の日本女子プロ野球機構設立に伴い、関西基点ではあるものの復活の兆しを見せている。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た小田急リゾーツ

    『パールス』:2月に国際観光を母体として結成された。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た京急ストア

    『京浜ジャイアンツ』:京浜急行電鉄、京浜百貨店(現:京急ストア)がスポンサー。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た東京生命保険

    5月には新宿西口に東京生命球場が完成し、女子プロ野球の本拠地として使用されることになった。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た大阪近鉄バファローズ

    なお、日本国外ではアイラ・ボーダーズが1997年に女性として初めてアメリカ独立リーグに加入し話題になった。彼女は2000年に近鉄バファローズのテストも受けている。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た日刊スポーツ

    これらの4チームの球団代表が連盟を結成することで同意し日刊スポーツ社に事務方を依頼した結果、同社の井上(斎藤)弘夫が事務局長となり1950年3月28日に日本女子野球連盟が結成された。連盟の理事会において6月から11月までの間に公式リーグ戦30試合を連盟主催で行うこと、また新規加盟希望球団については開放主義で受け入れることなどが合意された。ただし、リーグ戦については後述の連盟分裂などの影響で1950年シーズンに関しては機能しなかったようである。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た三共 (製薬会社)

    また、この頃には各チームとも企業スポンサーをバックに持つようになり日産パールス、 三共レッドソックス、富国ホーマー(富国興業)などと改称した。ブルーバードの脱退後、日本女子野球連盟所属のチームは上記3チームにエーワン・ブリアンツ、わかもとフラビンズ、京浜ジャイアンツ、クロス・スターズ、京都ラアミース、京都ヴィナス、滋賀レーク・クイン、神戸タイガースを加えた11チームとなった。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た横浜スタジアム

    この企画は当時人気だった女子プロレスのビューティ・ペアの野球版を狙ったもので、テレビという新しいメディアを通じて「興行としてのプロ」を目指したものであった。会場は主に横浜スタジアムで、当初は土曜日19:30?20:54というゴールデンタイムに放映されたが、平均視聴率が10%に届かず半年後に『欽ドン!』が再開されるのに伴って放映時間がゴールデンから格下げになった。その後、メンバーから選抜した3人を「スリー・ヤンキース」として歌手デビューさせたり女子プロレスにならって悪役軍団(『ブラックイーグル』)を登場させるなどのテコ入れを行ったが、実らず1年後の1979年3月には放映終了、チームもしばらくして解散した。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たフィート

    バッテリー間の距離は16.8m/55フィート(男子プロ野球は18.44m/60フィート6インチ)日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た後楽園球場

    1950年4月10日、日本女子野球連盟の初めての公式戦となる日本女子野球連盟結成記念トーナメント大会が1万7000人の観客を集めて後楽園球場で開催された。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

68件中 31 - 40件表示