60件中 31 - 40件表示
  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た小田急リゾーツ

    『パールス』:2月に国際観光を母体として結成された。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た日刊スポーツ

    これらの4チームの球団代表が連盟を結成することで同意し日刊スポーツ社に事務方を依頼した結果、同社の井上(斎藤)弘夫が事務局長となり1950年3月28日に日本女子野球連盟が結成された。連盟の理事会において6月から11月までの間に公式リーグ戦30試合を連盟主催で行うこと、また新規加盟希望球団については開放主義で受け入れることなどが合意された。ただし、リーグ戦については後述の連盟分裂などの影響で1950年シーズンに関しては機能しなかったようである。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た横浜スタジアム

    1978年3月、フジテレビの番組の企画で『ニューヤンキース』が結成された。視聴者から選手を一般公募し2,500人の応募者の中から選ばれた35人(平均年齢18歳)を女子野球選手として鍛え、芸能人の野球チームと対戦させるものであった。ちなみに選ばれた選手の中には広岡達朗の長女もいたが、チームが芸能活動を始めると父である広岡の意向で退団させられた。この時、元女子プロ野球選手の近藤信子(元サロンパス)と中村桂子(元三共)もコーチを依頼されて選手たちを指導している。この企画は当時人気だった女子プロレスのビューティ・ペアの野球版を狙ったもので、テレビという新しいメディアを通じて「興行としてのプロ」を目指したものであった。会場は主に横浜スタジアムで、当初は土曜日19:30?20:54というゴールデンタイムに放映されたが、平均視聴率が10%に届かず半年後に『欽ドン!』が再開されるのに伴って放映時間がゴールデンから格下げになった。その後、メンバーから選抜した3人を「スリー・ヤンキース」として歌手デビューさせたり女子プロレスにならって悪役軍団(『ブラックイーグル』)を登場させるなどのテコ入れを行ったが実らず1年後の1979年3月には放映終了、チームもしばらくして解散した。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た後楽園球場

    1950年4月10日、日本女子野球連盟の初めての公式戦となる日本女子野球連盟結成記念トーナメント大会が1万7000人の観客を集めて後楽園球場で開催された。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た本塁打

    当時も女子野球部がある中学・高校はほとんどなかった。男子プロ野球が高校野球という選手の供給源を持っており新人でも数年間の球歴があるのに対し、女子プロ野球は入団してから本格的に野球を始めた選手がほとんどだった。さらに、男女の筋力差からパワーやスピードの点でも男子プロ野球に比べると見劣りしていた。例えば、ランニングホームランはあったもののフェンス越えのホームランは女子プロ・ノンプロ野球を通じて1本も生まれなかったと言われる。これらの点から、「健全スポーツ」として観客を感動させるような試合をするには実力不足であった面が否めない。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たランニングホームラン

    当時も女子野球部がある中学・高校はほとんどなかった。男子プロ野球が高校野球という選手の供給源を持っており新人でも数年間の球歴があるのに対し、女子プロ野球は入団してから本格的に野球を始めた選手がほとんどだった。さらに、男女の筋力差からパワーやスピードの点でも男子プロ野球に比べると見劣りしていた。例えば、ランニングホームランはあったもののフェンス越えのホームランは女子プロ・ノンプロ野球を通じて1本も生まれなかったと言われる。これらの点から、「健全スポーツ」として観客を感動させるような試合をするには実力不足であった面が否めない。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たゴールデンタイム

    1978年3月、フジテレビの番組の企画で『ニューヤンキース』が結成された。視聴者から選手を一般公募し2,500人の応募者の中から選ばれた35人(平均年齢18歳)を女子野球選手として鍛え、芸能人の野球チームと対戦させるものであった。ちなみに選ばれた選手の中には広岡達朗の長女もいたが、チームが芸能活動を始めると父である広岡の意向で退団させられた。この時、元女子プロ野球選手の近藤信子(元サロンパス)と中村桂子(元三共)もコーチを依頼されて選手たちを指導している。この企画は当時人気だった女子プロレスのビューティ・ペアの野球版を狙ったもので、テレビという新しいメディアを通じて「興行としてのプロ」を目指したものであった。会場は主に横浜スタジアムで、当初は土曜日19:30?20:54というゴールデンタイムに放映されたが、平均視聴率が10%に届かず半年後に『欽ドン!』が再開されるのに伴って放映時間がゴールデンから格下げになった。その後、メンバーから選抜した3人を「スリー・ヤンキース」として歌手デビューさせたり女子プロレスにならって悪役軍団(『ブラックイーグル』)を登場させるなどのテコ入れを行ったが実らず1年後の1979年3月には放映終了、チームもしばらくして解散した。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た関西独立リーグ

    2008年11月、2009年に発足する関西独立リーグに参加する神戸9クルーズがリーグのドラフト会議で16歳の吉田えり投手を指名。12月に正式に入団が発表され、男子選手とプレーする日本で最初の女子プロ野球選手になった。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た独立リーグ

    なお、日本国外ではアイラ・ボーダーズが1997年に女性として初めてアメリカ独立リーグに加入し話題になった。彼女は2000年に近鉄バファローズのテストも受けている。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たカーブ (球種)

    三共の全盛時代の後、1963年から1967年まで5連覇を果たしたサロンパスの中心となったのはエースで4番の近藤信子投手であった。近藤はもともと1950年のプロ創設時から内野手としてプレーしていたがいったん引退するなど紆余曲折の末にサロンパスに加入し、20代後半になってから才能が開花した遅咲きの選手であった。1963年から1967年まで5年連続で最高殊勲選手、1963年から1966年まで4年連続で最優秀投手を受賞し「おんな長嶋」の異名を取った。1965年春季のリーグ戦で近藤は7勝0敗(7完封)、防御率0.1という驚異的な成績を残している。オーバースロー、サイドスロー、アンダースローを使い分けカーブ、シュート、スライダーといった変化球を駆使する近藤の前に相手チームは凡打の山を築いた。三共の大和田とサロンパスの近藤の対決は、どちらが投げてどちらが打つ場合も1960年代前半における女子野球最大の名勝負と言われた。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「女子プロ野球リーグ」のニューストピックワード