1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示
  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た日本プロフェッショナル野球協約

    フィクションの世界においては1975年、『野球狂の詩』(水島新司)に「日本初の女性プロ野球選手」水原勇気が登場した(『野球狂の詩』自体は1972年連載開始)。同作品は1977年に実写映画やアニメにもなるなど人気を呼んだが実際には当時は日本プロフェッショナル野球協約第83条「不適格選手」に「1.医学上男子ではないもの」という項目が明記されており、女子が(男子の)プロ野球に参加することは禁止されていた。なお、『野球狂の詩』の中ではこの問題をコミッショナー裁定によって特例として入団を認めるという形で処理している。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たオーバースロー

    三共の全盛時代の後、1963年から1967年まで5連覇を果たしたサロンパスの中心となったのはエースで4番の近藤信子投手であった。近藤はもともと1950年のプロ創設時から内野手としてプレーしていたがいったん引退するなど紆余曲折の末にサロンパスに加入し、20代後半になってから才能が開花した遅咲きの選手であった。1963年から1967年まで5年連続で最高殊勲選手、1963年から1966年まで4年連続で最優秀投手を受賞し「おんな長嶋」の異名を取った。1965年春季のリーグ戦で近藤は7勝0敗(7完封)、防御率0.1という驚異的な成績を残している。オーバースロー、サイドスロー、アンダースローを使い分けカーブ、シュート、スライダーといった変化球を駆使する近藤の前に相手チームは凡打の山を築いた。三共の大和田とサロンパスの近藤の対決は、どちらが投げてどちらが打つ場合も1960年代前半における女子野球最大の名勝負と言われた。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た火曜ワイドスペシャル

    ※1978年9月から1979年3月までは、『火曜ワイドスペシャル』や、土・日の夕方などで放送。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たサイドスロー

    三共の全盛時代の後、1963年から1967年まで5連覇を果たしたサロンパスの中心となったのはエースで4番の近藤信子投手であった。近藤はもともと1950年のプロ創設時から内野手としてプレーしていたがいったん引退するなど紆余曲折の末にサロンパスに加入し、20代後半になってから才能が開花した遅咲きの選手であった。1963年から1967年まで5年連続で最高殊勲選手、1963年から1966年まで4年連続で最優秀投手を受賞し「おんな長嶋」の異名を取った。1965年春季のリーグ戦で近藤は7勝0敗(7完封)、防御率0.1という驚異的な成績を残している。オーバースロー、サイドスロー、アンダースローを使い分けカーブ、シュート、スライダーといった変化球を駆使する近藤の前に相手チームは凡打の山を築いた。三共の大和田とサロンパスの近藤の対決は、どちらが投げてどちらが打つ場合も1960年代前半における女子野球最大の名勝負と言われた。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たガールズケイリン

    この頃、トップクラスのスター選手でも月給は7000円程度(年収10万円程度)であった。男子プロ野球のトップスターである大下弘の年収が150万円弱、同時期に行われていた女子競輪の年間獲得賞金額が平均20万円前後であり、銀行員の初任給が3000円、あんパンが1個10円、喫茶店のコーヒーが1杯30円だった時代である。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たスライダー (球種)

    三共の全盛時代の後、1963年から1967年まで5連覇を果たしたサロンパスの中心となったのはエースで4番の近藤信子投手であった。近藤はもともと1950年のプロ創設時から内野手としてプレーしていたがいったん引退するなど紆余曲折の末にサロンパスに加入し、20代後半になってから才能が開花した遅咲きの選手であった。1963年から1967年まで5年連続で最高殊勲選手、1963年から1966年まで4年連続で最優秀投手を受賞し「おんな長嶋」の異名を取った。1965年春季のリーグ戦で近藤は7勝0敗(7完封)、防御率0.1という驚異的な成績を残している。オーバースロー、サイドスロー、アンダースローを使い分けカーブ、シュート、スライダーといった変化球を駆使する近藤の前に相手チームは凡打の山を築いた。三共の大和田とサロンパスの近藤の対決は、どちらが投げてどちらが打つ場合も1960年代前半における女子野球最大の名勝負と言われた。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たシュート (球種)

    三共の全盛時代の後、1963年から1967年まで5連覇を果たしたサロンパスの中心となったのはエースで4番の近藤信子投手であった。近藤はもともと1950年のプロ創設時から内野手としてプレーしていたがいったん引退するなど紆余曲折の末にサロンパスに加入し、20代後半になってから才能が開花した遅咲きの選手であった。1963年から1967年まで5年連続で最高殊勲選手、1963年から1966年まで4年連続で最優秀投手を受賞し「おんな長嶋」の異名を取った。1965年春季のリーグ戦で近藤は7勝0敗(7完封)、防御率0.1という驚異的な成績を残している。オーバースロー、サイドスロー、アンダースローを使い分けカーブ、シュート、スライダーといった変化球を駆使する近藤の前に相手チームは凡打の山を築いた。三共の大和田とサロンパスの近藤の対決は、どちらが投げてどちらが打つ場合も1960年代前半における女子野球最大の名勝負と言われた。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たコミッショナー (日本プロ野球)

    フィクションの世界においては1975年、『野球狂の詩』(水島新司)に「日本初の女性プロ野球選手」水原勇気が登場した(『野球狂の詩』自体は1972年連載開始)。同作品は1977年に実写映画やアニメにもなるなど人気を呼んだが実際には当時は日本プロフェッショナル野球協約第83条「不適格選手」に「1.医学上男子ではないもの」という項目が明記されており、女子が(男子の)プロ野球に参加することは禁止されていた。なお、『野球狂の詩』の中ではこの問題をコミッショナー裁定によって特例として入団を認めるという形で処理している。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たテレビ

    1960年代後半はテレビが急速に普及し、各企業の広告戦略がテレビCMにシフトしていった時代であった。それまで企業の広告塔として充分な費用対効果を挙げていると考えられていた女子野球に対して広告効果の面でも疑問符が付けられるようになり、解散に追い込まれるチームが増えた。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見たリボフラビン

    『わかもとフラビンズ』:わかもと製薬がスポンサー。ローズ女子野球団の選手を引き継いで結成された。「フラビン」はビタミンB2の学名「リボフラビン」から採られた。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示

「女子プロ野球リーグ」のニューストピックワード