111件中 11 - 20件表示
  • 樽滝 (長野県)

    樽滝 (長野県)から見たカップルカップル

    国道から見て樽川を挟んで対岸には高さ80メートルの岩壁がそびえる。ここには毎年5月8日になると、高さ50メートルの滝が現れる。この幻の滝は、樽川上流で取り入れた水を中部電力の水力発電所・樽川発電所へと送る途中、導水路からこぼれた分が滝となって樽川に落ちるもので、いつしかこれも樽滝と呼ばれるようになった。毎年5月8日には、幻の滝を一目見ようと多くの観光客で賑わう。中には幻の滝を見ると幸せになれると聞いて訪れるカップルもいるという。樽滝 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • スラッと女

    スラッと女から見たカップルカップル

    『スラッと女』(Slut Girl)は、12章構成の日本の性愛/コメディ漫画で、作者であるISUTOSHIの処女作にあたる。性に奔放な主要キャラクター間のカップル関係が中心に据えられ、ユーモラスに描かれている。スラッと女 フレッシュアイペディアより)

  • 21ガンズ

    21ガンズから見たカップルカップル

    この曲にはプロモーション・ビデオが制作されており、バンドのメンバーによる演奏シーンや男女のカップル(アルバムのストーリーの主人公、"クリスチャン"と"グロリア")によるシーン、銃弾が飛び交うシーンなどを中心とした作品となっている。また、ビデオにはサポートメンバーのギタリスト、ジェイソン・ホワイトも出演している。このビデオは、2009年のMTV Video Music Awardsで最優秀ロックビデオ賞などを受賞している。21ガンズ フレッシュアイペディアより)

  • エチカ (商業施設)

    エチカ (商業施設)から見たカップルカップル

    20代 - 40代カップルをターゲットとし、全40店の専門店(2009年4月現在、副都心線部)で構成されている。面積は約1,400m2。エチカ (商業施設) フレッシュアイペディアより)

  • 100の質問

    100の質問から見たカップルカップル

    前述を考慮した内容、たとえば性別や出身地・身長・体重などに関する質問内容(参照)が主となっている一方、ある分野専用に特化とした内容ばかりも挙げても構わないことになっている。また質問という特定された形を持たない器なのだから、質問内容に制限はない。このことから大人向けとしてアダルト関連の100の質問もいくつか作成されている。また、前述で挙げた通り、主な層が10代前 - 30代前後の男女となっているためか、一部男性側からは萌え、主な層である女性側の、更に自らが腐女子と称する一部女性側からはカップル間に関する話題を取り扱った100の質問なども作成されている。100の質問 フレッシュアイペディアより)

  • PACS

    PACSから見たカップルカップル

    民事連帯契約法 (Pacte Civil de Solidarité) 。共同生活を営む内縁のカップル(異性、同性を問わず)を対象に、法的婚姻関係になるカップルと同等の権利(結婚より規則が緩い)を認め、公証する制度。1999年にフランスで制定された(フランス民法第515-1条)。PACS フレッシュアイペディアより)

  • 祝女 (NHK)

    祝女 (NHK)から見たカップルカップル

    愛のドラマチックカップル 若いカップルのリカ(臼田)と勉(内田)の恋愛模様を描く祝女 (NHK) フレッシュアイペディアより)

  • 郁沃会

    郁沃会から見たカップルカップル

    皇太子明仁親王夫妻が結婚した直後に発足しており、同級生とその家族がメンバーになっている。メンバーは40組足らずだが、そのカップル80人には兄弟姉妹がいて、今上天皇一家の子らと同世代の子供がいるし、兄弟達を通じてその輪は無限に広がっている。郁沃会は「気心の知れた友人ばかりで、家族的」と会員は言う。郁沃会 フレッシュアイペディアより)

  • ひまわりっ 〜健一レジェンド〜

    ひまわりっ 〜健一レジェンド〜から見たカップルカップル

    実はカラオケ音痴(副主任とカップル成立の予感?とアキコはひそかに願っている)。ひまわりっ 〜健一レジェンド〜 フレッシュアイペディアより)

  • ないしょのプリンセス

    ないしょのプリンセスから見たカップルカップル

    奏と航生の幼稚園の頃からの友人。奏とは小学校も一緒で、中学でも同級生。奏は航生の事は最初から最後まで「航生くん」と呼んでいたが、隆一郎の事は最初から最後まで下の名前で呼び捨てにしており、かなり親しい友人である事が分かる。バスケが得意で小学校の時はミニバスケのエース、中学でも部活はバスケ部でレギュラー。7つ年上の姉がいる。幼稚園の頃から奏に恋していたが、奏がいつまでも航生に恋している為、他の女の子と付き合っていた。複数の女の子と同時に付き合う軽い性格。小学校6年生の夏に航生から隆一郎に電話があり「8月20日に東京へ行くから、奏に会いたいと伝えて欲しい。俺の母親と奏の母親は仲が悪いから取り次いで貰えないかもしれないから、待ち合わせ場所と時間を伝えて欲しい」と頼まれる。しかし隆一郎は奏に恋していた為に、奏と航生を会わせたくなかったので伝えなかった。この事は航生が転校してきた事で二人にばれてしまい、隆一郎は二人に謝罪して許される。航生のヒヨコのキーホルダーが安藤の物になった時には、それを安藤から取り返した。文化祭の白雪姫の劇で、奏が白雪姫を演じ隆一郎が王子を演じ、大木のせいで二人がキスをしてしまった事もあって、二人は文化祭恒例のベストカップル賞に選ばれ、全校生徒の前で大々的に表彰されてしまう。その事は校内新聞にもかかれて全校生徒に知られ、さらに奏が本当は航生と付き合っている事を周囲に内緒にしている事も手伝って、奏と隆一郎が周囲の公認のカップルになってしまう。その事は奏の母親にも知られるが、奏の母親は隆一郎を気に入っており、奏が隆一郎と付き合う事には賛成していた。しかし徐々に周囲に「奏と隆一郎は偽装カップルで、本当は奏は航生と付き合っているのではないか」という事がばれていく。奏と航生が分かれた時には、自分の気持に正直になるように航生と奏を咎めた。クラスでは大木や千里と同じ班で、奏や航生や依子や伊藤とは班が違う。本編でははっきりとは描かれていないが、番外編「プリンセスの春休み」では安藤に恋をしている。ないしょのプリンセス フレッシュアイペディアより)

111件中 11 - 20件表示

「女性と男性」のニューストピックワード