156件中 31 - 40件表示
  • 祝女 (NHK)

    祝女 (NHK)から見たカップルカップル

    愛のドラマチックカップル 若いカップルのリカ(臼田)と勉(内田)の恋愛模様を描く祝女 (NHK) フレッシュアイペディアより)

  • 雨のなかの噴水

    雨のなかの噴水から見たカップルカップル

    『雨のなかの噴水』(あめのなかのふんすい)は、三島由紀夫の短編小説。ごくふつうの少年少女カップルの別れの日の一コマを描いた作品で、降りしきる雨のなかの噴水を背景に、冷たい少年と泣きぬれる少女の涙を、「残酷さと俗悪さと詩」が混じった可愛らしさで表現している。三島の代表的な作品ではないが、数多くのアンソロジーに収録されている人気の高い一品である。また、噴水に喩えて、絶えざる挫折を描いているところに三島の重要なモチーフがよく表れているため、その噴水描写の一節は三島論で言及されている。雨のなかの噴水 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮オークラ劇場

    宇都宮オークラ劇場から見たカップルカップル

    毎週金曜日、土曜日はオールナイト上映しており、晩年は女装、カップルの利用者も増加していた。宇都宮オークラ劇場 フレッシュアイペディアより)

  • BiKiNi

    BiKiNiから見たカップルカップル

    バラエティのロケ企画を中心とする一方、レギュラーコーナーとしてビキニギャルが都内やその近郊の駅前でナンパ待ちをする「ザ・ハンティングワールド」や、カップルのデートの様子を追跡する「カップルストーカー」など、お色気の中でも個性的な企画があった。また、「BiKiNi白書」では主にカップルの生態をビキニギャルの演技映像で紹介しており、メンバーが男役を演ずることも多かった。BiKiNi フレッシュアイペディアより)

  • 基数詞

    基数詞から見たカップルカップル

    英語においては「2つ(組)」を"pair"(ペア)、"double"(ダブル)、"couple"(カップル)、"brace"などと呼ぶことがある(集合数詞)。眼鏡は"a pair of glasses"(一対のレンズ)といった様に、日本語の感覚では単数でも英語では(固定的に)複数である。Binoculars(双眼鏡)、pants(パンツ、脚が二本入るから)、pajamas(パジャマ、上下で対だから)なども同様。"A couple of people"は文字通りには「2人」だが、「数人」を意味するのが普通。"A lot of ..."、"a bunch of ..."(いずれも「沢山の」「大勢の」)もよく使われる。基数詞 フレッシュアイペディアより)

  • ワンダ・ガアグ

    ワンダ・ガアグから見たカップルカップル

    1920年初めはニューイングランド、ニューヨーク、コネチカット州といった複数の場所で夏を過ごし絵を描いていた。1925年から1930年までニュージャージー州に3エーカーの農地(タンブル・ティンバーズ)を借りていて、1931年に同州のでもより広大な農地(オール・クリエイション)を買収している。結婚していないきょうだいへの援助も続けていて、一部を除いて常に同居していた。きょうだいの1人であるハワードはワンダの著作のほとんどでレタリングしていて、姉妹のフラビア・ガアグにも子供向け絵本を書くように薦めていた。1943年8月27日に長年の恋人でビジネスマネージャーのアーリー・ハンフリーと結婚したが、肺がんを患い、1946年6月27日にニューヨーク市で死去した。ワンダ・ガアグ フレッシュアイペディアより)

  • ジリアン夫人

    ジリアン夫人から見たカップルカップル

    ジリアンとウィリアムのブレイク夫妻は、ニューヨークで人気のラジオ・ショー「ビリー・アンド・ジリー・ショー」の司会をつとめ、番組内では完璧なカップルとしてふるまっていた。しかし夫が浮気をしていることに気づいたジリアンは、自分もロングアイランドの隣人たちと浮気し、夫に復讐することを決意する。本書はほぼ全編にわたって、進歩的なラビからヤクザな歌手まで様々な男たちとアヴァンチュールを試みるジリアン夫人の寸描にページが割かれ、その内容を数え上げるならば「中絶が1回、離婚が5回、別離が3回、ノイローゼが1回、自殺が2回、殺人が1回」描かれている。また章ごとに作者が変わり、筋や設定には矛盾と混乱が多い。ジリアン夫人 フレッシュアイペディアより)

  • いきなり!クライマックス

    いきなり!クライマックスから見たカップルカップル

    サバイバル合コンバスツアー - 最初に、男女各10人がバスに乗り込み、途中2ヶ所に設けられた中途地点で、男女別に協議して、1ヶ所目で4人、2ヶ所目で3人と、異性の脱落者をそれぞれ決め、最終地点まで残った男女各3人の中からカップルが決まるコーナー。後日、番組の独断で以前参加した女性脱落者の恋人を募集する派生企画も行なった。いきなり!クライマックス フレッシュアイペディアより)

  • 1.5次会

    1.5次会から見たカップルカップル

    日本国外で挙式した者が、現地あるいは帰国後に行う場合もある。またできちゃった結婚をしたカップルが時間をかけずにパーティを開くのにこの形式をとったり、新郎と新婦の出身地が離れている場合に両方の地元で披露宴を行う余裕がない場合にも行われる。1.5次会 フレッシュアイペディアより)

  • 沈める滝

    沈める滝から見たカップルカップル

    『沈める滝』(しずめるたき)は、三島由紀夫の長編小説。原題は旧漢字の『沈める瀧』である。愛を信じないダム設計技師が建設調査の冬ごもりの間、或る不感症の人妻と会わないことで人工恋愛を合成しようとする物語。ダム建設を背景にした一組の男女の恋愛心理の変化を軸に、芸術と愛情の関連を描いた作品である。人間を圧倒する超絶的な自然環境の中で推移する男の心理、やがてダムによって沈む小さな滝に象徴される女、人間主義的な同僚との絡み合いを通じ、冷徹な物質の世界と感情に包まれた人間の世界との対比や、社会的効用主義に先んずる技術者(芸術家)の純粋情熱が暗喩的に描かれ、自然と技術(芸術)との相互関係が考察されている。沈める滝 フレッシュアイペディアより)

156件中 31 - 40件表示

「女性と男性」のニューストピックワード