156件中 51 - 60件表示
  • ボギー THE GREAT

    ボギー THE GREATから見たカップルカップル

    第8話に登場。歩行者天国で大音量でロックンロールをかけるストリートダンサーの集団。しかしそれは表向きの姿で、実際は夜な夜な町でアベックを襲い金品を強奪していた盗賊集団である。おとり捜査を行っていたボギーと(女装させられていた)大岸を誤って闇討ちにし、刑事だと分かると池に沈めて始末しようとしたものの、縄を引き千切って脱走したボギーにボートの船底をぶち抜かれ全滅。全員がお縄に付き、ボギーのしょうもないダジャレによる制裁(重いローラーを轢かされる)を受けることになった。ボギー THE GREAT フレッシュアイペディアより)

  • 一卵性母娘

    一卵性母娘から見たカップルカップル

    第二に挙げられるのはカップルや結婚後の夫婦の関係を妨害したり、崩壊させる要因となっていることである。娘のことに対して必要以上に口出しをする母親が増えてしまい、それを受容する娘も増えてしまったため、うんざりした恋人や夫が愛想を尽かして別れたり離婚したりするケースが近年後を絶たなくなってきている。母親の心理としては嫁に嫉妬する姑と同じであり、形を変えた新たな嫁姑問題とも言える。母親は娘のことをどこかでライバル視しているので、娘の幸せを妨害しようとする深層心理があるという説もある。一卵性母娘 フレッシュアイペディアより)

  • YouPorn

    YouPornから見たカップルカップル

    投稿動画には非現実的な内容のアダルトビデオ作品とは一線を画し、アマチュアカップルの性行為を撮影した手作り感に溢れる動画も多く一部で高い評価を受けている。YouPorn フレッシュアイペディアより)

  • ここはグリーン・ウッド

    ここはグリーン・ウッドから見たカップルカップル

    九州の出身で実家はミカン園。渡辺由樹と同室。農家の息子で男らしい外見かつ性格。渡辺由樹とは、グリーンウッド内で確認されている唯一のカップルである。ここはグリーン・ウッド フレッシュアイペディアより)

  • ブレスレット

    ブレスレットから見たカップルカップル

    1970年、カルティエ・ニューヨークで「カルティエラブブレスレット」が誕生。このブレスレットは2つのパーツから成り、他の人に固定して貰わないと付ける事が出来ないため、カップルに人気となった。ブレスレット フレッシュアイペディアより)

  • 僕の小規模な生活

    僕の小規模な生活から見たカップルカップル

    かけだしの漫画家(福満自身)。第1話時点で25歳。マイナー誌から数冊単行本を出す。頼まれて短い原稿を書く日々。コネを持つ芸能人・スポーツ選手を異常なまでの執着心をもって敵対視する。新しいもの好き(携帯の新機種等)。「女性を性の対象としかみていない」(本人談)。年上の編集者にはこびへつらい、年下の編集者には強気。亭主関白。出版社のパーティに参加するも、会場の隅っこでひとり寿司をほおばるほどに社交性がないが、酒を飲むと強気になり、失言を繰り返してはその後数日間凹み続ける。実際の編集者との交渉時などにおいては自分の意見を曲げずに通すこともある。無趣味人間(唯一趣味と呼ぶのに近いものが、エヴァンゲリオンのキャラクターフィギュア収集だが、そこまでの熱意はもっていない)。「ほのぼのエッセイ漫画家」であることが不本意であり、ストーリー漫画家としての大成を望んでいる。「寄生獣」のまんまパクリ漫画を描きたい構想(妄想)があるらしい。複数の有名漫画家と家族ぐるみ(といっても妻と2人)での交流がある。カップルに嫌悪感を持つ。連載開始当初から比べて、体とカオのサイズが横に倍ほども膨れ上がって描かれるようになった。妻が大好きだが、よく妻に対してもイラつきを見せる。どうしようもない怒りは腕を噛みながら心の中で発散する。僕の小規模な生活 フレッシュアイペディアより)

  • 膣外射精

    膣外射精から見たカップルカップル

    このため膣外射精法は、妊娠を必ず避けたいカップルには推奨される避妊法ではないが、妊娠したとしても容認できる夫婦においては、コンドームのような男性の快楽を損なわない簡便な避妊法として行われている。膣外射精 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマビル

    ヤマビルから見たカップルカップル

    しかしそれ以上に、吸血対象となる大型ほ乳類の生息域に依存していて、ときには、開けたところやちょっとした藪でも遭遇することがある。人里ではあるが、奈良公園の春日神社などには多く、ときおり藪に潜り込んだカップルが血を流しながらあわてて飛び出すのが見られたという。ヤマビル フレッシュアイペディアより)

  • 虎尾山

    虎尾山から見たカップルカップル

    1960年代までは山麓の広場でドッジボールを楽しむ子供たちの姿やデートをするカップルの姿が見られたが、1970年代には不良少年のたまり場と化し、山火事の発生や不法投棄も行われるようになって戦役記念碑を訪れる者も無く荒れ果てた状態となっていった。伊勢市を舞台にした橋本紡の小説『半分の月がのぼる空』(電撃文庫)の作中で、主人公とヒロインに縁の深い場所としてこの山が出てきたことから、それを知った地元住民が特定非営利活動法人自利利他を立ち上げ、そのファン等も日本全国から集まり、協力して定期的に山の清掃活動や整備をして、頂上まで気軽に行けるようになっている。(この活動には原作者の橋本も参加している。なお作中では、この山の名前は砲台山で頂上には旧日本軍の砲台跡があるという設定だが、実際の山にはない。)この活動は、中日新聞などにも掲載されたことがある。虎尾山 フレッシュアイペディアより)

  • ないしょのプリンセス

    ないしょのプリンセスから見たカップルカップル

    奏と航生の幼稚園の頃からの友人。奏とは小学校も一緒で、中学でも同級生。奏は航生の事は最初から最後まで「航生くん」と呼んでいたが、隆一郎の事は最初から最後まで下の名前で呼び捨てにしており、かなり親しい友人である事が分かる。バスケが得意で小学校の時はミニバスケのエース、中学でも部活はバスケ部でレギュラー。7つ年上の姉がいる。幼稚園の頃から奏に恋していたが、奏がいつまでも航生に恋している為、他の女の子と付き合っていた。複数の女の子と同時に付き合う軽い性格。小学校6年生の夏に航生から隆一郎に電話があり「8月20日に東京へ行くから、奏に会いたいと伝えて欲しい。俺の母親と奏の母親は仲が悪いから取り次いで貰えないかもしれないから、待ち合わせ場所と時間を伝えて欲しい」と頼まれる。しかし隆一郎は奏に恋していた為に、奏と航生を会わせたくなかったので伝えなかった。この事は航生が転校してきた事で二人にばれてしまい、隆一郎は二人に謝罪して許される。航生のヒヨコのキーホルダーが遥の物になった時には、それを遥から取り返した。文化祭の白雪姫の劇で、奏が白雪姫を演じ隆一郎が王子を演じ、大木のせいで二人がキスをしてしまった事もあって、二人は文化祭恒例のベストカップル賞に選ばれ、全校生徒の前で大々的に表彰されてしまう。その事は校内新聞にもかかれて全校生徒に知られ、さらに奏が本当は航生と付き合っている事を周囲に内緒にしている事も手伝って、奏と隆一郎が周囲の公認のカップルになってしまう。その事は奏の母親にも知られるが、奏の母親は隆一郎を気に入っており、奏が隆一郎と付き合う事には賛成していた。しかし徐々に周囲に「奏と隆一郎は偽装カップルで、本当は奏は航生と付き合っているのではないか」という事がばれていく。奏と航生が分かれた時には、自分の気持に正直になるように航生と奏を咎めた。クラスでは大木や千里と同じ班で、奏や航生や依子や伊藤とは班が違う。本編でははっきりとは描かれていないが、番外編「プリンセスの春休み」では遥に恋をしている。ないしょのプリンセス フレッシュアイペディアより)

156件中 51 - 60件表示

「女性と男性」のニューストピックワード