子どもの権利に関する条約 ニュース&Wiki etc.

児童の権利に関する条約(じどうのけんりにかんするじょうやく、英語:United Nations?Convention on the Rights of the Child)は、児童(18歳未満の者)の権利について定める国際条約である。通称は子どもの権利条約(こどものけんりじょうやく)。略称はCRCあるいはUNCRC)?。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「児童の権利に関する条約」のつながり調べ

  • 人名

    人名から見た児童の権利に関する条約

    ある社会においては様々な理由で幼児に名前を付けない慣習が見られる地域もあるが、1989年に国連総会で採択された児童の権利に関する条約7条1項は、「児童は、出生の後直ちに登録される」「ただの出生児から1つの名となる権利を有すべきである (shall have the right from birth to a name)」と定めている。(人名 フレッシュアイペディアより)

  • 人権教育

    人権教育から見た児童の権利条約

    学校教育においては、解放運動が盛んである近畿地方でよく行われている。特別活動や総合的な学習の時間、および社会科の時間に行われることが多い。また、日本国憲法や児童の権利条約のような抽象度の高い内容がある一方、同和問題・男女差別・外国人差別など、具体的なテーマに基づいたものも多い。(人権教育 フレッシュアイペディアより)

「児童の権利に関する条約」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード