子どもの権利に関する条約 ニュース&Wiki etc.

児童の権利に関する条約(じどうのけんりにかんするじょうやく)は、児童(18歳未満の者)の権利について定められている国際条約である。 (出典:Wikipedia)

「子どもの権利に関する条約」Q&A

  • Q&A

    至急 子どもの権利条約と児童の権利条約と児童の権利に関する条約って何か違いはあるんで…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月2日 17:58

  • Q&A

    神奈川県弁護士会は、日本国憲法13条を否定するのですか。北朝鮮の核ミサイルによって、…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月20日 18:17

  • Q&A

    拉致が全然解決していないのにね、どうして日本国民の血と涙の血税を北朝鮮学校に支出する…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年8月23日 18:46

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「児童の権利に関する条約」のつながり調べ

  • 人権と基本的自由の保護のための条約

    人権と基本的自由の保護のための条約から見た児童の権利に関する条約

    欧州人権条約は、伝統的な人権の概念から、あくまで自由権の保護が主体であり、労働権や社会保障、児童や障害のある人の保護を始めとした社会権は保証していない。これを補うなうために欧州評議会は1961年に欧州社会憲章を採択した。1995年には労働組合や人権団体による集団訴訟制度に関する追加議定書が採択されたが、個人の権利の直接の保障は整備されておらず、憲章の批准国も、27カ国(1996年の改定条約は25カ国)にとどまる。ただし児童の権利に関する条約は全ての項目について欧州人権条約の解釈と判例の法源に組み入れられ、欧州社会憲章は障害者権利条約の選択議定書のEU単位での批准に影響を与えた。(人権と基本的自由の保護のための条約 フレッシュアイペディアより)

  • リザナ・ナシカ

    リザナ・ナシカから見た児童の権利条約

    出生国のスリランカには「18歳未満の海外への出稼ぎ労働を禁止」した法律があり、入国先のサウジアラビアには「21歳未満の女性の入国には、保護者となる男性を同伴させなければならない」とする法律があるため、この2つの制限を通過しようと年齢を5歳多く詐称していたのである。サウジアラビア政府は児童の権利条約に加盟しているため、18歳未満への死刑の適用を法的に禁止する義務があるはずだが、法律上に死刑を適用できる年齢の下限がない。条約違反問題について司法当局は「パスポートの記載どおり、事件当時は22歳であった」とみなし、裁判を執行した。(リザナ・ナシカ フレッシュアイペディアより)

「児童の権利に関する条約」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード