108件中 11 - 20件表示
  • コンパシート

    コンパシートから見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    第6章 付録。子どもに重要な関連を持つ国際的な法的文書についての基本的情報。「ヨーロッパ人権条約」、「世界人権宣言」、「子どもの権利条約」(子ども版を含む)、及び「人権に関する用語集」。コンパシート フレッシュアイペディアより)

  • 子ども議会

    子ども議会から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    地方議会における子ども議会の開催については一般的に1980年代から見られるようになるものの、各自治体等の記念行事として実施されるケースが多く占めていた。しかし、1994年に政府が児童の権利に関する条約を批准し、第12条の意思表明権実現の機会を提供するため全国の地方議会で子ども議会が開催されるようになっていき、一部の議会では継続的に実施されるようになる。子ども議会の実施形態や審議内容等については実施する議会で違いはあるものの、議会・行政の意義やしくみを理解してもらうことを目的に、まちづくりや教育行政など児童生徒に身近なテーマについて一般質問形式で首長や教育委員会に質問・提案するといった形が多く見られる。子ども議会 フレッシュアイペディアより)

  • 子どもの権利に関する条約

    子どもの権利に関する条約から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    子どもの権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 学校至上主義

    学校至上主義から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    日弁連においても学歴社会と並んで根深いとされており解消に向けた具体的方策を取るべきであると提言されている。また提言の元となる子どもの権利条約の第29条1項に定められている「児童の人格、才能並びに精神的及び身体的な能力を可能な最大限度まで発達させる」の実現には、学歴社会、学校至上主義にメスを入れる必要があるとの提言から上記定義の阻害要因であることが読み取れる1。学校至上主義 フレッシュアイペディアより)

  • 竹中哲夫

    竹中哲夫から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    『「子どもの権利条約」時代の児童福祉 1 子どもの世界と福祉』垣内国光,増山均共編著 ミネルヴァ書房 1996竹中哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 児童

    児童から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約」・「児童福祉法」・「児童虐待防止法」・「児童買春・児童ポルノ禁止法」における児童とは、年齢が「満18歳に満たない者」をいう。なお児童福祉法では、児童をさらに、乳児(満1歳に満たない者)、幼児(満1歳から、小学校就学の始期に達するまでの者)、少年(小学校就学の始期から、満18歳に達するまでの者)に区分する(同法4条)。児童 フレッシュアイペディアより)

  • 十分な生活水準への権利

    十分な生活水準への権利から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    1989年の児童の権利に関する条約第27条は、身体的、精神的、道徳的、社会的な発達のため児童に十分な生活水準への権利を認め、そのために必要な生活条件の確保について親の義務を規定し締約国の援助についても定めた。これにより特に栄養、衣類、居住に関して必要な場合、締約国は援助を提供しなければならない。以下が児童の権利に関する条約第27条である。十分な生活水準への権利 フレッシュアイペディアより)

  • SA 8000

    SA 8000から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    世界人権宣言、児童の権利に関する条約、国際労働機関 (ILO) の諸条約を基に作成した。SA 8000 フレッシュアイペディアより)

  • 婚外子国籍訴訟

    婚外子国籍訴訟から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    また、諸外国においては、非嫡出子に対する法的な差別的取扱いを解消する方向にあることがうかがわれ、我が国が批准した市民的及び政治的権利に関する国際規約及び児童の権利に関する条約にも、児童が出生によっていかなる差別も受けないとする趣旨の規定が存する。さらに、国籍法3条1項の規定が設けられた後、自国民である父の非嫡出子について準正を国籍取得の要件としていた多くの国において、今日までに、認知等により自国民との父子関係の成立が認められた場合にはそれだけで自国籍の取得を認める旨の法改正が行われている。婚外子国籍訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 国際養子

    国際養子から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    1989年採択の子どもの権利条約では、養子縁組は可能な限り国内委託を優先することを定めており、国際的な養子縁組が行われる児童が国内における養子縁組の場合における保護及び基準と同等のものを享受することを確保するよう定めている。やむなく海外に送り出す場合も児童の利益最善化に最大限の配慮がなされるべきことを求め、不当な金銭授受を禁じている。また、1993年の国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約により、手続きの初めから終わりまで、両国の法務当局が責任を負うよう定められている。人身売買ではないとの証明から始まり、法務当局間での養親と養子についてのプロフィール交換、送り出す側は子供の出国までを見届け、迎える側は子供の入国を確認する義務があるとされる。政府報告では、国際養子縁組に関係した児童に関する統計で2000年現在、全家裁総数が養子縁組500件、特別養子縁組34件となっている(国際養子縁組とは、申立人、相手方、事件本人、参加人などの全部又は一部が外国人である養子縁組事件をいう)。なお、2001年以降の数値については把握していないとされる。国際養子 フレッシュアイペディアより)

108件中 11 - 20件表示

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード