70件中 11 - 20件表示
  • 国籍法3条1項違憲訴訟

    国籍法3条1項違憲訴訟から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    また、諸外国においては、非嫡出子に対する法的な差別的取扱いを解消する方向にあることがうかがわれ、我が国が批准した市民的及び政治的権利に関する国際規約及び児童の権利に関する条約にも、児童が出生によっていかなる差別も受けないとする趣旨の規定が存する。さらに、国籍法3条1項の規定が設けられた後、自国民である父の非嫡出子について準正を国籍取得の要件としていた多くの国において、今日までに、認知等により自国民との父子関係の成立が認められた場合にはそれだけで自国籍の取得を認める旨の法改正が行われている。国籍法3条1項違憲訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・クライフ財団

    ヨハン・クライフ財団から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約 - 子どもがその年齢に応じたレクリエーション活動を行う権利ヨハン・クライフ財団 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の政治

    2000年の政治から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    5月25日 - 児童の性的搾取禁止、18歳未満の先頭参加と徴兵を禁止する子供の権利条約選択議定書、国連総会で全会一致で採択。2000年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ウィーン宣言及び行動計画

    ウィーン宣言及び行動計画から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    第46項では、1995年までに児童の権利に関する条約の全ての国による批准を目標に対策が講じられる必要性を主張している。第47項ではとりわけ武力紛争や自然災害による貧困下に暮らす子どもの救済のための国際協力と非識字をなくし、全ての子どもに義務教育と安全な飲み水が行き渡るように求め、第48項では搾取と児童虐待と闘う為その原因の根本を指摘する必要性を挙げ、子殺し、児童労働、児童売春、児童ポルノ、そしてその他の性的虐待からの保護のための対策を、そして第50項ではあらゆる無差別な軍事兵器の使用からの保護、とりわけ対人地雷からの保護と戦争被害者に対する有効な治療とリハビリテーションの必要性と対策を訴えている。ウィーン宣言及び行動計画 フレッシュアイペディアより)

  • 集会の自由

    集会の自由から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    集会を催しまたそれに参加する自由は、自由主義や民主主義にとっての重要な権利である(結社の自由も参照。どちらも多数人の集団形成という点で一緒だが、結社は継続的、集会は一時的である)。1789年の米国憲法修正第1条、1966年の市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約、自由権規約)21条、1989年の児童の権利に関する条約15条にも定められている。集会の自由 フレッシュアイペディアより)

  • イラン・イスラーム共和国における人権

    イラン・イスラーム共和国における人権から見た子供の権利条約児童の権利に関する条約

    子供の権利条約の批准の際の宣言において、イラン政府は以下のようなコメントを出している。イラン・イスラーム共和国における人権 フレッシュアイペディアより)

  • 人権と基本的自由の保護のための条約

    人権と基本的自由の保護のための条約から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    欧州人権条約は、伝統的な人権の概念から、あくまで自由権の保護が主体であり、労働権や社会保障、児童や障害のある人の保護を始めとした社会権は保証していない。これを補うなうために欧州評議会は1961年に欧州社会憲章を採択した。1995年には労働組合や人権団体による集団訴訟制度に関する追加議定書が採択されたが、個人の権利の直接の保障は整備されておらず、憲章の批准国も、27カ国(1996年の改定条約は25カ国)にとどまる。ただし児童の権利に関する条約は全ての項目について欧州人権条約の解釈と判例の法源に組み入れられ、欧州社会憲章は障害者権利条約の選択議定書のEU単位での批准に影響を与えた。人権と基本的自由の保護のための条約 フレッシュアイペディアより)

  • 義務教育

    義務教育から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    「保護者が就学させなければならない子」の場合は住民登録をすればほぼ無条件で地元の公立の上記学校のいずれかの学年に入学できる。そうでない子の場合は学齢期かどうかが重要である。「保護者が就学させなければならない子」でなくても、学齢期の子の場合は、児童の権利に関する条約などに基づいて、多くの場合受け入れられる。しかし、学齢期を超過した者は新たに入学・編入学することを許可されないこともある。なお、在学中に学齢を超過した場合はすぐに通学できなくなるわけではなく、通例、継続して在学することが可能である。義務教育 フレッシュアイペディアより)

  • 子ども議会

    子ども議会から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    地方議会における子ども議会の開催については一般的に1980年代から見られるようになるものの、各自治体等の記念行事として実施されるケースが多く占めていた。しかし、1994年に政府が児童の権利に関する条約を批准し、第12条の意思表明権実現の機会を提供するため全国の地方議会で子ども議会が開催されるようになっていき、一部の議会では継続的に実施されるようになる。子ども議会の実施形態や審議内容等については実施する議会で違いはあるものの、議会・行政の意義やしくみを理解してもらうことを目的に、まちづくりや教育行政など児童生徒に身近なテーマについて一般質問形式で首長や教育委員会に質問・提案するといった形が多く見られる。子ども議会 フレッシュアイペディアより)

  • SA 8000

    SA 8000から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    世界人権宣言、児童の権利に関する条約、国際労働機関 (ILO) の諸条約を基に作成した。SA 8000 フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード