108件中 21 - 30件表示
  • 児童の権利に関する宣言

    児童の権利に関する宣言から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    この宣言に続いて、児童の権利に関する条約が1989年に署名され、1990年9月2日に効力が発生した。この条約は、児童を「保護の対象」としてではなく「権利の主体」としている。児童の権利に関する宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 文化的自由

    文化的自由から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    伝統文化を保護することは重要だが、イスラム世界での女性差別による女児修学の否定などは文化的自由の選択度を著しく低下させるものであり、国連による女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約や国際連合児童基金(UNICEF)が児童の権利に関する条約を根拠に改善を試みている。文化的自由 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の国際関係

    中華人民共和国の国際関係から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    1949年以前に署名された『中国』の条約は台湾の中華民国にのみ適用される。中華人民共和国が署名した条約(convention)は原子力事故または放射線緊急事態の場合における援助に関する条約、生物兵器禁止条約、化学兵器禁止条約、特定通常兵器使用禁止制限条約、原子力事故の早期通報に関する条約、Inhumane Weapons Convention、ロンドン条約 (1972年)、原子力の安全に関する条約、核物質の防護に関する条約、児童の権利に関する条約、児童の売買、児童売春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書、難民の地位に関する条約、難民の地位に関する議定書がある。中華人民共和国の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 輸血拒否

    輸血拒否から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    国連総会では児童の権利に関する条約、障害者の権利に関する条約が採択され発効している。日本の国会では児童虐待の防止等に関する法律、高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律、障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律が制定されている。それらの条約・法律では、身体的暴力、精神的暴力、性的暴力、経済的暴力、ネグレクトの5種類の形態を暴力・虐待と定めて違法化し、刑罰を定めている。本人の意思に基づかない輸血拒否とその結果として患者が死に至ることは、身体的暴力またはネグレクトに該当するか、または刑法217条〜219条の保護責任者遺棄致死傷に該当する。輸血拒否 フレッシュアイペディアより)

  • 足立区立大谷田小学校

    足立区立大谷田小学校から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    日本国憲法および教育基本法の精神、児童の権利に関する条約の主旨を尊重して、健康で個性豊かな民主的な社会人の育成を図るとともに、生涯にわたる基礎を培う教育を推進する。足立区立大谷田小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 子どもの最善の利益

    子どもの最善の利益から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    子どもの最善の利益(こどものさいぜんのりえき)または最善の利益は、子どもの福祉に関する広い範囲の問題を決定するために、ほとんどの裁判所が準拠する原則である。国際人権条約の一つである「児童の権利に関する条約」に於いて基本原則として掲げられて以降、障害のある人の権利条約やジョグジャカルタ原則に於いても採用されている。子どもの最善の利益 フレッシュアイペディアより)

  • 離婚後共同親権

    離婚後共同親権から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    日本も批准した子どもの権利条約では、別居が始まればただちに恒常的な親子の交流を始めるように求めている。離婚後共同親権 フレッシュアイペディアより)

  • 条約

    条約から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    留保は、条約の締結にあたって、一部の条文の規定に拘束されない意思を表明する行為であり、解釈宣言は、条約の締結にあたって、条約の特定の条文についてのその国の解釈を対外的に明らかにする宣言である。留保や解釈宣言を認めることは、条約の運用の柔軟性を高め、多くの国の締結を促す効果があるが、その反面で条約本来の意義を減じることにもなりかねず、留保や解釈宣言を行った国に対して内外から批判が寄せられることがある。日本が、留保及び解釈宣言を行っている例としては、国際人権規約や児童の権利に関する条約がある。条約 フレッシュアイペディアより)

  • 面会

    面会から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    大抵の国では、国連の委員会による子どもの権利条約が批准された後では、面会を意味するaccess(会う権利)という言葉は、contact(交流すること)という言葉に置き換えられている。用語の変更は、家族法における実質的な変更を反映したものである。親はもはや、子供に対する養育権(custody)や面会権(access)を与えられるのではない。その代わりに、両方の親と親子の関係を保つことが、子供に認められるのである。面会 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・クライフ財団

    ヨハン・クライフ財団から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約 - 子どもがその年齢に応じたレクリエーション活動を行う権利ヨハン・クライフ財団 フレッシュアイペディアより)

108件中 21 - 30件表示

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード