70件中 21 - 30件表示
  • 子どもの最善の利益

    子どもの最善の利益から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    子どもの最善の利益(こどものさいぜんのりえき)または最善の利益は、子どもの福祉に関する広い範囲の問題を決定するために、ほとんどの裁判所が準拠する原則である。国際人権条約の一つである「児童の権利に関する条約」に於いて基本原則として掲げられて以降、障害のある人の権利条約やジョグジャカルタ原則に於いても採用されている。子どもの最善の利益 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカの人権と人権政策

    アメリカの人権と人権政策から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    1995年2月、児童の権利に関する条約に署名。アメリカ政府(クリントン大統領・民主党)は、児童の権利に関する条約(CRC)に署名した。アメリカ議会上院(多数派は、署名時1995年2月-2007年1月3日は共和党、2007年1月4日-2009年1月3日は民主党)は2007年8月時点で未批准である。アメリカの人権と人権政策 フレッシュアイペディアより)

  • 面接交渉

    面接交渉から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    たいていの国では、国連の委員会による子どもの権利条約が批准された後では、面会を意味するaccessという言葉は、contact(交流すること)という言葉に置き換えられている。子どもが健全に発育するためには両親の協力が不可欠であり、国連の子どもの権利委員会は、用語を「養育権」や「面会権」から、「共に暮らすこと」、「交流を保つこと」に変更するよう提唱している。面接交渉 フレッシュアイペディアより)

  • イランにおける死刑

    イランにおける死刑から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    イランは、児童の権利に関する条約に調印しているため、18歳未満への死刑の適用を禁止する義務があるが、多くの子供たちに死刑が執行されている。イランにおける死刑 フレッシュアイペディアより)

  • 校則

    校則から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    1994年からは児童の権利に関する条約が日本国内でも発効したため、校則の内容について生徒の意見も取り入れようとする試みも以前に比べて盛んに行われるようになった。2000年代には、コミュニティ・スクールなどをはじめとして、保護者や地域社会も学校の運営に参画するという学校のあり方も提案され、校則は、学校外部の意見も相当に考慮して定められるべきであるという考え方が広まりつつある。校則 フレッシュアイペディアより)

  • サウジアラビアにおける死刑

    サウジアラビアにおける死刑から見た児童の権利条約児童の権利に関する条約

    サウジアラビアは厳重な報道管制を敷いており、内政に関する外国マスメディアの取材を一切許さない。このため、詳細については不明な部分が多い。正確な死刑囚の人数は非公開であり、アムネスティ・インターナショナルなどの国外の組織が公開処刑の情報などから推測しているだけである。現代において最も死刑になる罪状が多い国である。サウジアラビアは児童の権利条約に加盟しており、条約上18歳未満への死刑の適用は禁止されているが、国内法では死刑の適用に年齢の下限はなく、未成年者に死刑が執行された事例も多い。サウジアラビアにおける死刑 フレッシュアイペディアより)

  • 国連ミレニアム宣言

    国連ミレニアム宣言から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約、児童の武力紛争への参加に関する選択議定書、並びに児童売買、児童買春、及び児童ポルノに関する選択議定書の批准および完全な実施を奨励することを決意する。国連ミレニアム宣言 フレッシュアイペディアより)

  • リザナ・ナシカ

    リザナ・ナシカから見た児童の権利条約児童の権利に関する条約

    出生国のスリランカには「18歳未満の海外への出稼ぎ労働を禁止」した法律があり、入国先のサウジアラビアには「21歳未満の女性の入国には、保護者となる男性を同伴させなければならない」とする法律があるため、この2つの制限を通過しようと年齢を5歳多く詐称していたのである。サウジアラビア政府は児童の権利条約に加盟しているため、18歳未満への死刑の適用を法的に禁止する義務があるはずだが、法律上に死刑を適用できる年齢の下限がない。条約違反問題について司法当局は「パスポートの記載どおり、事件当時は22歳であった」とみなし、裁判を執行した。リザナ・ナシカ フレッシュアイペディアより)

  • 面会

    面会から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    大抵の国では、国連の委員会による子どもの権利条約が批准された後では、面会を意味するaccess(会う権利)という言葉は、contact(交流すること)という言葉に置き換えられている。用語の変更は、家族法における実質的な変更を反映したものである。親はもはや、子供に対する養育権custodyや面会権accessを与えられるのではない。その代わりに、片親と住んで、別の片親との交流を保つことが、子供に認められる。面会 フレッシュアイペディアより)

  • 児童ポルノ

    児童ポルノから見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    上記の国連議定書は、児童の権利に関する条約の選択議定書であるため、「児童」の定義は同条約第1条に従い18歳未満とされる。この選択議定書の締結国は、条約に定められた法整備を行う義務を負っている。2008年現在、締結国は、日本も含めて126カ国(全体の65%)である。G8の国では、ドイツとイギリスが未締結、ロシアが未署名 であり、アメリカは条約自体に未加入 である。児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード