70件中 31 - 40件表示
  • 小沢牧子

    小沢牧子から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    『子どもの権利・親の権利 「子どもの権利条約」をよむ』日外アソシエーツ 1996 日外教養選書小沢牧子 フレッシュアイペディアより)

  • 旭丘高等学校 (神奈川県)

    旭丘高等学校 (神奈川県)から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    旭丘高等学校の教育目標は、児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)を基調としている。旭丘高等学校 (神奈川県) フレッシュアイペディアより)

  • 旭丘高等学校 (神奈川県)

    旭丘高等学校 (神奈川県)から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    旭丘高等学校の教育目標は、児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)を基調としている。旭丘高等学校 (神奈川県) フレッシュアイペディアより)

  • 東京都青少年の健全な育成に関する条例

    東京都青少年の健全な育成に関する条例から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    5月12日付で、東京弁護士会は「東京都青少年健全育成条例『改正』案についての意見」という声明を発表し、改正案の内容を厳しく非難し、青少年の取り締まりに主眼を置く条例ではなく、子どもの権利条約に基づいた条例を制定するよう要求した。東京都青少年の健全な育成に関する条例 フレッシュアイペディアより)

  • 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律

    児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    児童に対する性的搾取及び性的虐待が児童の権利を著しく侵害することの重大性にかんがみ、あわせて児童の権利の擁護に関する国際的動向を踏まえ、児童買春、児童ポルノに係る行為等を処罰するとともに、これらの行為等により心身に有害な影響を受けた児童の保護のための措置等を定めることにより、児童の権利を擁護することを目的とする。なお、この法律においては「児童」とは18歳に満たないものをいう。18歳未満としたのは児童福祉法や児童の権利に関する条約との整合性を考慮したためである。児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 国旗及び国歌に関する法律

    国旗及び国歌に関する法律から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    オーストラリア国立大学の太平洋・アジア研究の名誉教授のガバン・マコーマックは、2007年の著作の中で、近年の「日の丸・君が代」に関連する改正を、憲法の「思想及び良心の自由」「信教の自由」や、国連の子どもの権利条約第14条第1項の「締約国は、思想、良心及び宗教の自由についての児童の権利を尊重する」という規定などと相容れない、と指摘している。国旗及び国歌に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の国際関係

    中華人民共和国の国際関係から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    1949年以前に署名された『中国』の条約は台湾の中華民国にのみ適用される。中華人民共和国が署名した条約(convention)は原子力事故または放射線緊急事態の場合における援助に関する条約、生物兵器禁止条約、化学兵器禁止条約、特定通常兵器使用禁止制限条約、原子力事故の早期通報に関する条約、Inhumane Weapons Convention、ロンドン条約 (1972年)、原子力の安全に関する条約、核物質の防護に関する条約、児童の権利に関する条約、児童の売買、児童売春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書、難民の地位に関する条約、難民の地位に関する議定書がある。中華人民共和国の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 対米従属

    対米従属から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    日本は児童の権利に関する条約に、1990年9月に署名、1994年4月に批准した。対米従属 フレッシュアイペディアより)

  • 足立区立大谷田小学校

    足立区立大谷田小学校から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    日本国憲法および教育基本法の精神、児童の権利に関する条約の主旨を尊重して、健康で個性豊かな民主的な社会人の育成を図るとともに、生涯にわたる基礎を培う教育を推進する。足立区立大谷田小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本教職員組合

    全日本教職員組合から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    「教え子を再び戦争に送るな、青年よ再び銃を取るな」を綱領に明記し、日本国憲法と教育基本法,児童の権利に関する条約に根ざした教育の推進、教職員の生活と権利、世界平和を主張していることは日教組と同様であるが、教師は「聖職者」でも、単純な「労働者」でもなく、「民主的教育労働者」であると定義する点が日教組との違いであるとされている。「教師は労働者であるとともに教育の専門家である」として、労働者としての立場と、国民全体と生徒のために働いているという立場を一体とのものとし、教師としての責任を全うしていこうという考え方である。全日本教職員組合 フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード