108件中 31 - 40件表示
  • 世界こどもの日

    世界こどもの日から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    国連総会は1954年12月14日、全ての加盟国に対して「世界の子供の日」を制定することを勧告した。具体的な日付は各国政府の判断にゆだねられたが、国際連合で「児童の権利に関する宣言」(1959年)と「児童の権利に関する条約」(1989年)が採択された11月20日とするのが一般的である。一方、日本では「こどもの日」の5月5日をそれに当て、閣議了解に基づいて1956年(昭和31年)に実施された。世界こどもの日 フレッシュアイペディアより)

  • 子供の日

    子供の日から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    1954年に国際連合が制定した記念日。児童の権利に関する宣言と児童の権利に関する条約が採択された11月20日となっている。子供の日 フレッシュアイペディアより)

  • 底辺への競争

    底辺への競争から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    過酷な労働や環境破壊などについて、各種の条約などによって国際的に規制がなされている。例えば、経済的搾取と見られるような児童労働は、子供の権利条約によって禁止されており、労働条件や生活水準の改善を目的としてILOが設置されている。底辺への競争 フレッシュアイペディアより)

  • 牧柾名

    牧柾名から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    子どもの権利条約など教育権に関する研究で多数の著作を執筆した。1998年に『牧柾名教育学著作集』(エムティ出版)が発表されている。また、教育行政に関する市民活動にも参加した。牧柾名 フレッシュアイペディアより)

  • エグランティン・ジェップ

    エグランティン・ジェップから見た児童の権利条約児童の権利に関する条約

    子どもの権利を提唱し、子どもの権利を目下計画中の国際社会の企ての最前面に押し出すことを義務と訴えるこの計画書はエグランティンによって執筆された簡潔にして明快な文書であった。子どもの権利宣言は、ジュネーヴ宣言という名でも知られるが、この時初めに世に知られ、1年ののち国際連盟で正式に採択されたものである。ヨーロッパに再び平和が戻り、ロシアの緊急支援活動も終わり、セーブ・ザ・チルドレン運動の焦点は、かの宣言の推進へと移っていった。1925年、第1回の国際児童福祉会議がジュネーヴで開かれた。宣言は、各種機関や各国によって広汎に議論され支持を受けた。その後さらに拡張されたものが1959年国際連合により採択され、これは1989年児童の権利条約としてその花をつけたものに、きっかけを与えたもののひとつとされている。エグランティン・ジェップ フレッシュアイペディアより)

  • 国際法

    国際法から見たこどもの権利条約児童の権利に関する条約

    条約制度として、世界人権宣言を条約化したといわれる経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(社会権規約)と市民的及び政治的権利に関する国際規約(自由権規約;ICCPR)があるが、特に発達している自由権規約の制度においても、自由権規約の第1選択議定書の下の個人通報制度では、自由権規約人権委員会 (the Human Rights Committee) は、法的拘束力のない「見解」(views)を述べる権限を有するにとどまる。他にも、国連の下で、人種差別撤廃条約、アパルトヘイトの防止と処罰に関する条約、女子差別撤廃条約、こどもの権利条約等の人権条約が作成され、実施されているが、同様に、拘束力のある決定を下す機関はない。国際法 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢牧子

    小沢牧子から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    『子どもの権利・親の権利 「子どもの権利条約」をよむ』日外アソシエーツ、1996年 日外教養選書小沢牧子 フレッシュアイペディアより)

  • リザナ・ナシカ

    リザナ・ナシカから見た児童の権利条約児童の権利に関する条約

    出生国のスリランカには「18歳未満の海外への出稼ぎ労働を禁止」した法律があり、入国先のサウジアラビアには「21歳未満の女性の入国には、保護者となる男性を同伴させなければならない」とする法律があるため、この2つの制限を通過しようと年齢を5歳多く詐称していたと考えられる。サウジアラビア政府は児童の権利条約に加盟しているため、18歳未満への死刑の適用を法的に禁止する義務があるはずだが、法律上に死刑を適用できる年齢の下限がない。条約違反問題について司法当局は「パスポートの記載どおり、事件当時は22歳であった」とみなし、裁判を執行した。リザナ・ナシカ フレッシュアイペディアより)

  • 人権と基本的自由の保護のための条約

    人権と基本的自由の保護のための条約から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    欧州人権条約は、伝統的な人権の概念から、あくまで自由権の保護が主体であり、労働権や社会保障、児童や障害のある人の保護を始めとした社会権は保障していない。これを補うために欧州評議会は1961年に欧州社会憲章を採択した。1995年には労働組合や人権団体による集団訴訟制度に関する追加議定書が採択されたが、個人の権利の直接の保障は整備されておらず、憲章の批准国も、27カ国(1996年の改定条約は25カ国)にとどまる。ただし児童の権利に関する条約は全ての項目について欧州人権条約の解釈と判例の法源に組み入れられ、欧州社会憲章は障害者権利条約の選択議定書のEU単位での批准に影響を与えた。人権と基本的自由の保護のための条約 フレッシュアイペディアより)

  • 生徒会

    生徒会から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    1989年、国際連合において「子どもの権利条約」が制定されたことにより、意見表明権に基づく生徒の参加論が日本弁護士連合会や研究者などから発生し、さらにはそこから学校・保護者・生徒の三者協議会が形成されるとともに、生徒会が担う役割も大きくなったが、一部の学校は衰退してしまった。生徒会 フレッシュアイペディアより)

108件中 31 - 40件表示

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード