108件中 41 - 50件表示
  • ヤヌシュ・コルチャック

    ヤヌシュ・コルチャックから見た児童の権利条約児童の権利に関する条約

    1989年11月20日に「児童の権利条約」が国連総会で採択されるが、これはコルチャックによる「子どもの権利」のアイディアに基づいてポーランド政府が提案したものである。ヤヌシュ・コルチャック フレッシュアイペディアより)

  • 日本子どもを守る会

    日本子どもを守る会から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    私たちは、児童憲章ならびに国連・子どもの権利条約を実現するために、国民的な運動をおこします。日本子どもを守る会 フレッシュアイペディアより)

  • 集会の自由

    集会の自由から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    集会を催しまたそれに参加する自由は、自由主義や民主主義にとっての重要な権利である(結社の自由も参照。どちらも多数人の集団形成という点で一緒だが、結社は継続的、集会は一時的である)。1789年の米国憲法修正第1条、1966年の市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約、自由権規約)21条、1989年の児童の権利に関する条約15条にも定められている。集会の自由 フレッシュアイペディアより)

  • イラン・イスラーム共和国における人権

    イラン・イスラーム共和国における人権から見た子供の権利条約児童の権利に関する条約

    子供の権利条約の批准の際の宣言において、イラン政府は以下のようなコメントを出している。イラン・イスラーム共和国における人権 フレッシュアイペディアより)

  • 面会交流

    面会交流から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    たいていの国では、国連の委員会による子どもの権利条約が批准された後では、面会を意味するaccessという言葉は、contact(交流すること)という言葉に置き換えられている。子供が健全に発育するためには両親の協力が不可欠であり、国連の子どもの権利委員会は、用語を「養育権」や「面会権」から、「共に暮らすこと」、「交流を保つこと」に変更するよう提唱している。面会交流 フレッシュアイペディアより)

  • 子どもの権利

    子どもの権利から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    「子ども」の語は必ずしも未成年を意味しない。1989年11月20日に国連総会で採択された「児童の権利に関する条約」によれば「児童とは、18歳未満のすべての者をいう。ただし、当該児童で、その者に適用される法律によりより早く成年に達したものを除く」とある。また、大人に扶養されていない子どもやアダルト・チルドレンを含むことがある。子どもの権利 フレッシュアイペディアより)

  • サウジアラビアにおける死刑

    サウジアラビアにおける死刑から見た児童の権利条約児童の権利に関する条約

    サウジアラビアは厳重な報道管制を敷いており、内政に関しサウジアラビア国外によるマスメディアの取材を一切許さない。このため、詳細については不明な部分が多い。正確な死刑囚の人数は非公開であり、アムネスティ・インターナショナルなどの国外の組織が公開処刑の情報などから推測しているだけである。現代において死刑になる罪状が最も多い国である。サウジアラビアは児童の権利条約に加盟しており、同条約で18歳未満への死刑の適用は禁止されるはずだが、国内法では死刑を適用できる年齢の下限はなく、未成年者に死刑が執行された事例も多い。サウジアラビアにおける死刑 フレッシュアイペディアより)

  • イランにおける死刑

    イランにおける死刑から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    イランは、児童の権利に関する条約に調印しているため、18歳未満への死刑の適用を禁止する義務があるが、多くの子供たちに死刑が執行されている。イランにおける死刑 フレッシュアイペディアより)

  • 児童買春

    児童買春から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    日本では児童買春が絡む児童との性行為については児童福祉法や淫行条例によって処罰されていたが、児童買春が「年少者の健全な性道徳を破壊する」という観点から、法規制を加える必要があるとの世論が高まった。1994年に批准した児童の権利に関する条約34条では、18歳未満の児童が売春などあらゆる形態の性的搾取から保護されるよう定められている。1999年に児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(児童買春・児童ポルノ禁止法)が成立・施行された。同法第2条第2項では、児童買春について「児童、周旋者又は保護者若くは支配者に対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等(性交若くは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう)を触り、若くは児童に自己の性器等を触らせることをいう)をすること」と定義している。同法によれば、2005年4月現在、児童買春をした者は5年以下の懲役若くは500万円以下の罰金に処せられ、又はその両方を併科される。これは、人身事故、即ち業務上過失傷害罪(日本の刑法211条1項)よりも重い刑である。児童買春 フレッシュアイペディアより)

  • 旭丘高等学校 (神奈川県)

    旭丘高等学校 (神奈川県)から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    旭丘高等学校の教育目標は、児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)を基調としている。旭丘高等学校 (神奈川県) フレッシュアイペディアより)

108件中 41 - 50件表示

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード