70件中 41 - 50件表示
  • 国際養子

    国際養子から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    1989年採択の子どもの権利条約では、養子縁組は可能な限り国内を優先することを定めており、やむなく海外に送り出す場合も児童の利益最善化に最大限の配慮がなされるべきことを求め、不当な金銭授受を禁じている。また、1993年のハーグ条約により、手続きの初めから終わりまで、両国の法務当局が責任を負うよう定められている。人身売買ではないとの証明から始まり、法務当局間での養親と養子についてのプロフィール交換、送り出す側は子供の出国までを見届け、迎える側は子供の入国を確認する義務があるとされる。なお、日本はハーグ条約を締結していない。そのため、日本から海外へ、望まない妊娠で生まれた子供が不透明な養子縁組斡旋業者により海外へ売られているという批判もある。国際養子 フレッシュアイペディアより)

  • 人権教育

    人権教育から見た児童の権利条約児童の権利に関する条約

    学校教育においては、解放運動が盛んである近畿地方でよく行われている。特別活動や総合的な学習の時間、および社会科の時間に行われることが多い。また、日本国憲法や児童の権利条約のような抽象度の高い内容がある一方、同和問題・男女差別・外国人差別など、具体的なテーマに基づいたものも多い。人権教育 フレッシュアイペディアより)

  • 世界こどもの日

    世界こどもの日から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    国連総会は1954年12月4日、全ての加盟国に対して「世界の子供の日」を制定することを勧告した。具体的な日付は各国政府の判断にゆだねられたが、国際連合で「児童の権利に関する宣言」(1959年)と「児童の権利に関する条約」(1989年)が採択された11月20日とするのが一般的である。一方、日本では「こどもの日」の5月5日をそれに当て、閣議了解に基づいて1956年(昭和31年)に実施された。世界こどもの日 フレッシュアイペディアより)

  • 国際的な子の奪取の民事面に関する条約

    国際的な子の奪取の民事面に関する条約から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    また、本条約の子の出国を違法とする条項は、児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)10条2項に定める子及び親の出入国の自由に違反するという考えもある。子供の権利条約第10条2項は、親と子が会うために、親および子が自由に国境を越えて出入国する権利を定めており、本条約が子の国境を越えた移動を禁止する考えと相容れない。児童の権利に関する条約を批准していない国は、全世界でアメリカとソマリアの2国だけで、他の193カ国は条約を批准している。国際的な子の奪取の民事面に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 共同親権

    共同親権から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    子どもは、父親の持ち物ではなく、母親の体の一部分でもない。子ども自身の利益が尊重される必要がある。共同親権とは、子どもの側から見れば、二人の親を持つ権利である。二人の親と十分な関わりを持って育てられる権利である。こうした、子どもの利益の尊重や、子どもが二人の親を持つ権利の保障は、「児童の権利に関する条約」にまとめられ、1989年に国連総会で採択された。ただし、アメリカは未だに「児童の権利に関する条約」を批准しておらず、アメリカでは同条約は効力を持たない。同条約を批准していないのは、世界でソマリアとアメリカの2か国だけある。共同親権 フレッシュアイペディアより)

  • 離婚後共同親権

    離婚後共同親権から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    日本も批准した子どもの権利条約では、別居が始まればただちに恒常的な親子の交流を始めるように求めている。離婚後共同親権 フレッシュアイペディアより)

  • 子殺し

    子殺しから見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    尊属殺人罪 - 刑法旧200条で規定されていた犯罪で、いわゆる親殺しと呼ばれる。1973年(昭和48年)4月4日に最高裁判所の判決で尊属殺人罪が通常の殺人罪より重いのは違憲、とする判決が下され(尊属殺法定刑違憲事件)、さらに日本政府が子どもの権利条約を批准(1994年(平成6年))した後の1995年(平成7年)の刑法改正で完全に廃止された。子殺し フレッシュアイペディアより)

  • 詰襟

    詰襟から見た子どもの権利条約児童の権利に関する条約

    だが最近は、子どもの権利条約とのかかわりで、窮屈なカラーなど子供に身体的な苦痛を与える服装の強制を望ましくないとする考え方が強まり、学校側でも、襟のホックをはずしたまま着ることを許容する傾向が見られる。しかし、香港では校則が一般に日本より厳格で、亜熱帯の厳しい気候にもかかわらず、旗袍の詰襟ホックをきちんとかけて着用することが、むしろ名門校に学ぶ生徒としてのプライドになっている。但し、それは自発的な動きであり、「他から押し付けられた」規範ではない。詰襟 フレッシュアイペディアより)

  • 人名

    人名から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    ある社会においては様々な理由で幼児に名前を付けない慣習が見られる地域もあるが、1989年に国連総会で採択された児童の権利に関する条約7条1項は、「児童は、出生の後直ちに登録される」「ただの出生児から1つの名となる権利を有すべきである (shall have the right from birth to a name)」と定めている。人名 フレッシュアイペディアより)

  • 子供の日

    子供の日から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    1954年に国際連合が制定した記念日。児童の権利に関する宣言と児童の権利に関する条約が採択された11月20日となっている。子供の日 フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード