前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た福田雅章

    子供の意見表明と、その正当な尊重を規定した条項。かつては条約第13条の「表現の自由」と同じように解釈されるか、裁判などにおける聴聞権として解釈されることが多かった。日本では近年、子供の自己決定権として、あるいは自己決定する主体となるための権利として解釈する説が存在する(主な論者として、喜多明人・荒牧重人など)。一方、自己決定ではなく、子供の成長発達に不可欠な欲求表明とそれに対する大人との応答的関係を作るための権利として解釈する説もある(主な論者として、福田雅章)。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た札幌市

    札幌市子供未来局のホームページにおいて、条例施行自治体、条例策定中の自治体の一覧が紹介されている(札幌市は現在策定中)。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た国際連合総会

    児童の権利に関する条約は、1959年に採択された「児童の権利に関する宣言」(総会決議1386(XIV))の30周年に合わせ、1989年11月20日に国連総会で採択された国際条約である。1990年9月2日に発効し、日本国内では1994年5月22日から効力が発生した。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た川崎市

    児童の権利に関する条約の理念に基づいた条例。川崎市や岐阜県多治見市など、複数の自治体において制定された。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た外務省

    条文: 日本語訳(外務省) - 正文は、アラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た小学校

    児童の権利に関する条約第1条本文の規定により、「児童(子ども)」とは「18歳未満のすべての者」をいい、18歳の誕生日を迎えるまでのすべての者が児童の権利に関する条約の適用を受ける。日本の学校では、通常の場合、幼稚園の幼児から、小学校全学年の児童、中学校全学年の生徒、高等学校の第1学年及び第2学年の生徒、中等教育学校の第1学年から第5学年までの生徒、高等専門学校の第1学年及び第2学年の学生並びに高等学校第3学年の17歳の生徒、中等教育学校第6学年の17歳の生徒及び高等専門学校の第3学年の17歳の学生までが含まれる。よって、18歳の誕生日を迎えた高等学校第3学年の18歳の生徒、中等教育学校第6学年の18歳の生徒及び高等専門学校第3学年の18歳の学生は、この条約の規定により一切適用を受けず、児童(子ども)ではない。児童の権利に関する条約第1条ただし書きには、「ただし、当該児童で、その者に適用される法律によりより早く成年に達した者を除く。」と記載されている。よって本国法で18歳に達する前に成年に達した場合は、この条約の適用を受けない。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た中学校

    児童の権利に関する条約第1条本文の規定により、「児童(子ども)」とは「18歳未満のすべての者」をいい、18歳の誕生日を迎えるまでのすべての者が児童の権利に関する条約の適用を受ける。日本の学校では、通常の場合、幼稚園の幼児から、小学校全学年の児童、中学校全学年の生徒、高等学校の第1学年及び第2学年の生徒、中等教育学校の第1学年から第5学年までの生徒、高等専門学校の第1学年及び第2学年の学生並びに高等学校第3学年の17歳の生徒、中等教育学校第6学年の17歳の生徒及び高等専門学校の第3学年の17歳の学生までが含まれる。よって、18歳の誕生日を迎えた高等学校第3学年の18歳の生徒、中等教育学校第6学年の18歳の生徒及び高等専門学校第3学年の18歳の学生は、この条約の規定により一切適用を受けず、児童(子ども)ではない。児童の権利に関する条約第1条ただし書きには、「ただし、当該児童で、その者に適用される法律によりより早く成年に達した者を除く。」と記載されている。よって本国法で18歳に達する前に成年に達した場合は、この条約の適用を受けない。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た幼稚園

    児童の権利に関する条約第1条本文の規定により、「児童(子ども)」とは「18歳未満のすべての者」をいい、18歳の誕生日を迎えるまでのすべての者が児童の権利に関する条約の適用を受ける。日本の学校では、通常の場合、幼稚園の幼児から、小学校全学年の児童、中学校全学年の生徒、高等学校の第1学年及び第2学年の生徒、中等教育学校の第1学年から第5学年までの生徒、高等専門学校の第1学年及び第2学年の学生並びに高等学校第3学年の17歳の生徒、中等教育学校第6学年の17歳の生徒及び高等専門学校の第3学年の17歳の学生までが含まれる。よって、18歳の誕生日を迎えた高等学校第3学年の18歳の生徒、中等教育学校第6学年の18歳の生徒及び高等専門学校第3学年の18歳の学生は、この条約の規定により一切適用を受けず、児童(子ども)ではない。児童の権利に関する条約第1条ただし書きには、「ただし、当該児童で、その者に適用される法律によりより早く成年に達した者を除く。」と記載されている。よって本国法で18歳に達する前に成年に達した場合は、この条約の適用を受けない。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た貧困

    会は,親子関係の悪化に伴って,児童の情緒的及び心理的な幸福に否定的な影響を及ぼし,その結果,児童の施設収容という事態まで生じているとの報告に懸念を有する。委員会は,これらの問題が,高齢者介護と若者との間に生じる緊張状態,学校における競争,仕事と家庭を両立できない状態,特に,ひとり親家庭に与える貧困の影響といった要因に起因している可能性がある問題であることに留意する。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た国際人権規約

    条約は、児童を「保護の対象」としてではなく、「権利の主体」としている点に特色がある。国際人権規約のA規約(文化権、経済権、社会権規約)及びB規約(自由権規約)で認められている諸権利を児童について広範に規定し、さらに意見表明権や遊び・余暇の権利など、この条約独自の条項を加え、児童の人権尊重や権利の確保に向けた詳細で具体的な事項を規定している。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード