31件中 21 - 30件表示
  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た学校

    児童の権利に関する条約第1条本文の規定により、「児童(子ども)」とは「18歳未満のすべての者」をいい、18歳の誕生日を迎えるまでのすべての者が児童の権利に関する条約の適用を受ける。日本の学校では、通常の場合、幼稚園の幼児から、小学校全学年の児童、中学校全学年の生徒、高等学校の第1学年及び第2学年の生徒、中等教育学校の第1学年から第5学年までの生徒、高等専門学校の第1学年及び第2学年の学生並びに高等学校第3学年の17歳の生徒、中等教育学校第6学年の17歳の生徒及び高等専門学校の第3学年の17歳の学生までが含まれる。よって、18歳の誕生日を迎えた高等学校第3学年の18歳の生徒、中等教育学校第6学年の18歳の生徒及び高等専門学校第3学年の18歳の学生は、この条約の規定により一切適用を受けず、児童(子ども)ではない。児童の権利に関する条約第1条ただし書きには、「ただし、当該児童で、その者に適用される法律によりより早く成年に達した者を除く。」と記載されている。よって本国法で18歳に達する前に成年に達した場合は、この条約の適用を受けない。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た賃金格差

    66. 委員会は,財政経済政策(労働の規制緩和や民営化戦略等)が,賃金削減,女性と男性の賃金格差及び児童の養護・教育支出の増加により,親,特にシングルマザーに影響を与えていることを懸念する。」児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た文部省

    が等しく存在している。日本国内では、国会承認及び官報での公布が「児童の権利に関する条約」の訳名で行われており、国による正式和訳名称として公的な場ではこの表記を使用することが求められるが、報道等での通称や私的な呼称方法までを拘束するものではない。文部省が「本条約についての教育指導に当たっては、『児童』のみならず『子ども』という語を適宜使用することも考えられる」という案を示していることもあり、マスメディア・団体・個人も「児童」を「子ども」などに置き換えることがある。主に「子どもの権利条約」と称される。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た批准

    1994年4月22日 批准書寄託児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た日本弁護士連合会

    また、条約44条の報告審査義務に従い、日本政府は外務省が中心となって作成した報告書を「児童の権利に関する委員会」に提出している。その際、同委員会は、審査の精度を増すために、国内NGO団体などにもカウンターレポートの提出を求めている。日本では、日本弁護士連合会、子供の権利条約 市民・NGO報告書をつくる会、子供の人権連、の3団体がカウンターレポートを提出している。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た中等教育学校

    児童の権利に関する条約第1条本文の規定により、「児童(子ども)」とは「18歳未満のすべての者」をいい、18歳の誕生日を迎えるまでのすべての者が児童の権利に関する条約の適用を受ける。日本の学校では、通常の場合、幼稚園の幼児から、小学校全学年の児童、中学校全学年の生徒、高等学校の第1学年及び第2学年の生徒、中等教育学校の第1学年から第5学年までの生徒、高等専門学校の第1学年及び第2学年の学生並びに高等学校第3学年の17歳の生徒、中等教育学校第6学年の17歳の生徒及び高等専門学校の第3学年の17歳の学生までが含まれる。よって、18歳の誕生日を迎えた高等学校第3学年の18歳の生徒、中等教育学校第6学年の18歳の生徒及び高等専門学校第3学年の18歳の学生は、この条約の規定により一切適用を受けず、児童(子ども)ではない。児童の権利に関する条約第1条ただし書きには、「ただし、当該児童で、その者に適用される法律によりより早く成年に達した者を除く。」と記載されている。よって本国法で18歳に達する前に成年に達した場合は、この条約の適用を受けない。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た権利

    児童の権利に関する条約(じどうのけんりにかんするじょうやく)は、児童(18歳未満の者)の権利について定められている国際条約である。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た児童

    児童の権利に関する条約(じどうのけんりにかんするじょうやく)は、児童(18歳未満の者)の権利について定められている国際条約である。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た受諾

    2003年 6月12日 受諾書寄託 (受諾書の寄託について(外務省プレスリリース))児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約から見た高等専門学校

    児童の権利に関する条約第1条本文の規定により、「児童(子ども)」とは「18歳未満のすべての者」をいい、18歳の誕生日を迎えるまでのすべての者が児童の権利に関する条約の適用を受ける。日本の学校では、通常の場合、幼稚園の幼児から、小学校全学年の児童、中学校全学年の生徒、高等学校の第1学年及び第2学年の生徒、中等教育学校の第1学年から第5学年までの生徒、高等専門学校の第1学年及び第2学年の学生並びに高等学校第3学年の17歳の生徒、中等教育学校第6学年の17歳の生徒及び高等専門学校の第3学年の17歳の学生までが含まれる。よって、18歳の誕生日を迎えた高等学校第3学年の18歳の生徒、中等教育学校第6学年の18歳の生徒及び高等専門学校第3学年の18歳の学生は、この条約の規定により一切適用を受けず、児童(子ども)ではない。児童の権利に関する条約第1条ただし書きには、「ただし、当該児童で、その者に適用される法律によりより早く成年に達した者を除く。」と記載されている。よって本国法で18歳に達する前に成年に達した場合は、この条約の適用を受けない。児童の権利に関する条約 フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード