864件中 11 - 20件表示
  • 西耕平

    西耕平から見た学校給食給食

    実績には、東北電力株式会社本店委嘱コンサルタントにおいて、国内初のオール電化学校給食施設としても紹介されている岩手県奥州市(旧水沢市)の学校給食真城共同調理場をはじめとする全国の自治体から、外食チェーン企業、国内を代表する大手ホテルグループ等、外食産業界全般に100施設を超えるとしている。六次産業化の支援では、山形市の農家『なべくらファーム』とのコラボレーションも行っている。西耕平 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩市立的矢小学校

    志摩市立的矢小学校から見た給食給食

    終戦後の1946年(昭和21年)3月、ようやく新校舎の起工式が行われ、同年11月3日に落成式が挙行され、藤谷へ移転した。1947年(昭和22年)、的矢村立的矢小学校に改称、翌1948年(昭和23年)7月5日からミルク給食が開始された。同年、PTAが結成される。1955年(昭和30年)には磯部町立的矢小学校に改称する。志摩市立的矢小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 楠町 (三重県)

    楠町 (三重県)から見た給食給食

    楠中学校で給食制度が導入されていた。四日市市合併後も給食制度が存続していたが、四日市市が給食制度の統一を目指した事から存続をめぐる問題が発生。2012年(平成24年度)に学校給食が廃止され、行政サービスが切り下げられた。合併による不利益の一例であり、若い世代に皺寄せがなされたことに批判が強く、分村・分町議論が高まる契機となった。楠町 (三重県) フレッシュアイペディアより)

  • 飯能市立飯能第二小学校

    飯能市立飯能第二小学校から見た学校給食給食

    飯能地方で最初に学校給食を開始した学校である。飯能市立飯能第二小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大分市立明野北小学校

    大分市立明野北小学校から見た給食給食

    校舎は1975年(昭和50年)3月完成の南校舎、同年5月完成の中校舎、1982年(昭和57年)3月完成の北校舎の3棟からなる。敷地面積は校地3万7,173m²、グラウンド1万1,829m²。建物面積は校舎3棟合計4,839m²、屋内運動場886m²、給食施設129m²。敷地内に25mプールを備える。大分市立明野北小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 後方支援

    後方支援から見た給食給食

    役務は、契約業者による給食、洗濯、守衛、配達、建設作業、印刷、翻訳、機械操作などを指す。後方支援 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田千九郎

    吉田千九郎から見た学校給食給食

    1947年(昭和22年)の戦後の新しい地方自治制度が成立した際に、四日市市で初の公選があり、この選挙によって四日市市長に就任した。新制中学校の創設、公立小学校の再建、学校給食の普及、四日市コンビナート建設計画の立案、公民館の設置、中央通りの建設、四日市港の整備の推進、農業の振興を行なった。戦後の四日市市長として、以下の教育政策を実施した。吉田千九郎 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山市立西和佐小学校

    和歌山市立西和佐小学校から見た給食給食

    1984年(昭和59年)3月31日 - 給食調理室が竣工。和歌山市立西和佐小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市立田辺小学校

    大阪市立田辺小学校から見た給食給食

    1938年には養護学級の設置と学校給食の導入がおこなわれている。いずれも市内の他校と比較して極めて早い時期の導入となる。ただし学校給食は戦中には一時中断している。大阪市立田辺小学校 フレッシュアイペディアより)

  • スプーン

    スプーンから見た給食給食

    先割れスプーン : メロンやスイカを食べやすいように小さく先が割れている物と、フォークを兼用する深く割れたもの(英語でSpork)がある。前者は日本の学校給食においても使用されているが、現在では減少傾向にあり、後者はプラスチック製の物がコンビニ弁当などで多用されている。スプーン フレッシュアイペディアより)

864件中 11 - 20件表示

「学校給食」のニューストピックワード