326件中 91 - 100件表示
  • 給食

    給食から見た寄宿舎

    一般には、学校等(小学校、中学校、幼稚園など)、福祉施設(保育所、児童養護施設、老人ホームなど)、工場あるいは病院、寄宿舎、軍隊、刑務所などで一定の特定多数人のために食事を供すること、あるいはその食事そのものである。一般の飲食店のように不特定多数に食事を提供するものは「給食」ではない。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見たレトルト食品

    近年では食の多様化を反映し、色々な国の食事が学校給食で採用されるようになった。日本国内に限らず外国の料理も、友好都市、姉妹都市のメニューを中心に多く見られる。冷凍食品や各種レトルト食品を利用することにより、手の込んだ献立が供されることが増えた。それらの料理を組み合わせて20日間、異なる国の料理の給食を供した例もある。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見たゼリー

    1996年7月、大阪府堺市で、学校給食を食べた児童ら約9500人がO157集団食中毒に感染し、3人が死亡した。これを受け当時の文部省、厚生省から新たに調理方法(大量調理マニュアル)が示された。施設が不十分でそれに対応できない学校給食施設では、生の野菜や果物を献立に使用することができなくなり、これらの施設で調理される学校給食の献立から、生野菜であるサラダや切った果物が姿を消した。現在、多くの学校の学校給食では、例えばトンカツのつけあわせに茹でたキャベツ(→温野菜)を使うなど、生野菜やサラダを使わない献立になっているが、安全な地場産の野菜を使うなどの工夫から生野菜を復活させている地方もある。また従来では、児童らに特別な思い入れが出ることから持ち帰りを大目に見ていたゼリーやプリン等も、持ち帰りも原則として禁止している。児童・生徒側の防止策として学校によっては食べる前に手を消毒液に浸けて殺菌させているケースもある。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見た食物アレルギー

    高度経済成長をへて日本が豊かになるにつれてその内容は大きな変遷を遂げてきた。1958年(昭和33年)に脱脂粉乳が牛乳へ、1976年(昭和51年)米飯給食が開始、後にパンは週1回程度になりご飯が主食となり(日本人の食事の洋食化に伴い、米の生産量の増大と反比例して消費量が減り、余った古米、古古米の処理のため)、パンをクロワッサンに、汁物をトムヤムクンになど、従来あまりなじみのなかったメニューも供され、近年では普段の食事と変わりないかそれを上回るメニューが多く登場している。食物アレルギーを持つ児童生徒に対応した特別食を作る場合もある。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見たウンシュウミカン

    みかんやりんごが多く穫れる地域では土曜日に地場産の果汁100%ジュースが出されることがあった。しかし、学校5日制の影響で廃止されたケースが多い。他の地域でも乳酸菌飲料、コーヒー牛乳等が出される所もある。これらは普段からではなく、年に数回程度特別に出される場合が多い。また、佐賀県では、休み時間にみかんジュースが配られている。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見たクロワッサン

    高度経済成長をへて日本が豊かになるにつれてその内容は大きな変遷を遂げてきた。1958年(昭和33年)に脱脂粉乳が牛乳へ、1976年(昭和51年)米飯給食が開始、後にパンは週1回程度になりご飯が主食となり(日本人の食事の洋食化に伴い、米の生産量の増大と反比例して消費量が減り、余った古米、古古米の処理のため)、パンをクロワッサンに、汁物をトムヤムクンになど、従来あまりなじみのなかったメニューも供され、近年では普段の食事と変わりないかそれを上回るメニューが多く登場している。食物アレルギーを持つ児童生徒に対応した特別食を作る場合もある。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見た特別支援学校

    学校給食法にいう「学校給食」とは、義務教育諸学校(学校教育法に規定する小学校、中学校、中等教育学校前期課程、特別支援学校の小学部・中学部)において、その児童又は生徒に対し実施される給食をいう(学校給食法第3条第1項・第2項)。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見たパン

    給食制度が始まった当初は、パンに比べて価格が高いという理由からご飯が給食に出されることはなかった。学校給食の主食は、当初はパンだけであったが、米余りの問題が指摘され、結果1976年から消費促進を狙って白米飯も出されるようになった。現在では、条例で定める地方自治体も現れるなど学校給食の主流である。食育とあいまってご飯を中心とした日本型食生活の促進が期待されるようになっている。国会でも、まだまだご飯食を増やしたいと意向が示された。近年では週に3回程度、ご飯が出るようになっており、さらに週4回まで増やすことが検討されている。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見た脱脂粉乳

    1949年(昭和24年)、ユニセフ(国連児童基金)から脱脂粉乳が贈られユニセフ給食が行われた。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見た牛乳

    高度経済成長をへて日本が豊かになるにつれてその内容は大きな変遷を遂げてきた。1958年(昭和33年)に脱脂粉乳が牛乳へ、1976年(昭和51年)米飯給食が開始、後にパンは週1回程度になりご飯が主食となり(日本人の食事の洋食化に伴い、米の生産量の増大と反比例して消費量が減り、余った古米、古古米の処理のため)、パンをクロワッサンに、汁物をトムヤムクンになど、従来あまりなじみのなかったメニューも供され、近年では普段の食事と変わりないかそれを上回るメニューが多く登場している。食物アレルギーを持つ児童生徒に対応した特別食を作る場合もある。給食 フレッシュアイペディアより)

326件中 91 - 100件表示

「学校給食」のニューストピックワード