326件中 81 - 90件表示
  • 給食

    給食から見た少子化

    少子化対策の一環として、日本政府は2007年度より幼稚園の給食費(年間平均、約6万円(文部科学省調べ))を消費税の課税対象から外すとしている。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見た捕鯨

    1970年代までクジラ料理は給食をはじめ日本人にとって重要なたんぱく質源であった。捕鯨規制の結果給食からはほぼ姿を消したが、調査捕鯨により極僅かだが流通しているため、年に1?2回程度出ることがある。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見た鎌倉時代

    日本での給食(食事の提供)としては、歴史的には平城京での宮廷人に対するもの、東大寺大仏殿建立の際の人夫への給食、鎌倉時代の僧院におけるもの(道元『典座教訓』『赴粥飯法』)、江戸時代の小石川養生所での貧困患者に対して行われたものなどについて記録がある。ただ、組織的に行われた給食は明治時代の紡績工場や軍隊での給食からであるといわれ、1872年(明治5年)に官営富岡製糸場において給食が導入された。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見た2009年

    2009年の文部科学省の調査では、日本での完全給食実施率は小学校で98.1%、中学校で76.2%であった。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見たNHK

    1992年 (平成4年)6月には埼玉県北葛飾郡庄和町 (現、春日部市)町長、神谷尚が、学校給食廃止の方針を突如打ち出した。「戦後の給食の役割は終わった」として、これまで給食に費やしていたお金を教育投資に回すべきだと主張したが、保護者らの反対と町長の急死に伴い、同年11月に町議会は給食廃止論を撤回、立ち消えになった。当時、五大新聞やNHKなどで全国的に報道された。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見たテトラパック

    容器は紙パック(北海道では、プラスチックビニール製のテトラパックもある)と牛乳瓶が主流である。紙パックはいくつか種類がある。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見たアメリカ合衆国

    アメリカ合衆国では、1930年代より余剰作物の有効活用として学校給食の援助がスタートした。敗戦後の給食は、第二次世界大戦後のアメリカのヨーロッパに対する支援が一段落し、溢れるアメリカの農畜産業の余剰生産物のはけ口として日本の学校給食に目を向けた。学校給食は、極端な米食重視だった日本人の食生活を大幅に変容させ、日本にパンや乳製品の消費が定着する一因ともなった。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見た学校給食法

    戦後1945年以降はアメリカや外国からの食料援助によって、児童の欠食対策として徐々に給食は再開され、1952年あたりからは食糧事情の改善により全国的に完全給食を実施することが可能となり、同時に給食の目的は「欠食児童対策」から「教育の一環」と位置づけられ、また「学校給食法」が制定され財政力の弱い地方自治体でも交付税と補助金によって全児童への完全給食が可能となり、現在の体制が構築された。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見た軍隊

    一般には、学校等(小学校、中学校、幼稚園など)、福祉施設(保育所、児童養護施設、老人ホームなど)、工場あるいは病院、寄宿舎、軍隊、刑務所などで一定の特定多数人のために食事を供すること、あるいはその食事そのものである。一般の飲食店のように不特定多数に食事を提供するものは「給食」ではない。給食 フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見た自治体

    それぞれの自治体の方針によってやや事情は異なるが、基本的に下は幼稚園から小学校を経て、中学校までが一般的で、ほかに定時制(主に夜間)高等学校で給食が提供されている。近年、一部全日制高等学校においても給食が開始されはじめている(ただし、全日制高等学校などでの給食は学校給食法上の「学校給食」ではない。を参照)。給食 フレッシュアイペディアより)

326件中 81 - 90件表示

「学校給食」のニューストピックワード