131件中 71 - 80件表示
  • ゾマホン・ルフィン

    ゾマホン・ルフィンから見た学費学費

    ゾマホンの父は厳格で、幼少時のゾマホンにとっては非常に怖い存在であり、常に敬語を使って会話をしていたという。15歳の時にその父が過労による病気で急死し、ゾマホンは父方の叔父の家のあるコトヌー市に移り、叔父の家に住まいながら中学校に通う。当時のベナンにおける義務教育は有料であったが、父が教育に熱心で貧しい生活ながらも力を入れて子ども達を小学校に通わせたため、ゾマホンは勉強好きになる。成績は非常に優秀で、1986年に当時ベナン唯一の国立大学であった国立ベナン大学(現国立アボメ・カラビ大学)に合格したが、父親が既に他界していたため、学費はもちろん、文房具を買うお金にさえも困っていた。ゾマホン・ルフィン フレッシュアイペディアより)

  • 中学受験

    中学受験から見た学費学費

    2007年7月14日付の『東京新聞』の特集「過熱する中学受験<中>」によると、入学試験に備えるための学習費(学習塾、通信教育、参考書等の教材)や入学後の学費が、受験をせずに公立中学校に進学した場合と比べて大きいという。入学時に必要な学校納入金や雑多な出費、授業料、さらに形式上は任意ではあるが寄付金を求められることもある。中学受験 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬学校

    競馬学校から見た授業料学費

    他方で、近年の生徒の退学にはJRA側の事情も垣間見られる。2005年度の入学生以降、JRAは競馬学校について見直しを行い、受益者負担の原則を導入するなど運営方針を大幅に変更した。これに伴って授業料や食費など保護者の経済的負担が大幅に増加したことなども要因となって、競馬学校騎手課程への受験者が大幅に減少しており、総体的に見れば受験者もまた質的な面で一時期ほど際立った高水準の者が揃っているとは言えなくなったが、それにもかかわらず選抜基準は維持あるいは上昇し、合格者・入学者が減少することとなった。一方で、不景気による馬主減や特に関東では美浦トレセン自体の著しい不振などから競走馬不足となり厳しい経営を強いられている調教師・厩舎の多くから若手騎手や騎手候補生の育成の一翼を担う余力が失われており、さらには地方競馬所属騎手や短期免許で騎乗する外国人騎手の台頭、馬主の発言力の上昇などといったことが要因となって「騎手免許はあっても騎乗機会が得られない」という騎手が続出しているトレセン内部の実情があり、近年では見習騎手にもデビューと同時に技術と結果がより強く要求される時代となるなど、現場サイドから「即戦力の育成」という要求が競馬学校に突きつけられる格好となった。これらの要素が重なった結果、騎手課程では育成カリキュラムの大幅な強化が行われ、これに付いていけない生徒が退学するケースが少なからず発生する様になるなど、つまりは、カリキュラムについて行けない生徒の脱落を予めある程度織り込み済みの育成が行われているのではないかという見方もされる状況である。競馬学校 フレッシュアイペディアより)

  • 夜間学部

    夜間学部から見た授業料学費

    授業料も夜間学部は昼間学部の半額程度に設定されている大学もある。夜間学部 フレッシュアイペディアより)

  • 進脩館

    進脩館から見た入学金学費

    学校所在地は下毛郡中津片端町(中津市)。1796年(寛政8年)、藩主奥平昌高(まさたか)が学校を設立。進脩館と称し、教授に、倉成龍渚(りゅうしょ)・野本雪巌(せつがん)を任じた。職員には総裁役の家老用人各1名をはじめ30数名が携わっている。1812年(文化9年)、校舎を増築、1827年(文政10年)には寄宿舎を設置、1843年(天保14年)にはこれを増築して晩香(ばんこう)舎と名付けた。上士の子弟は必ず入学することとし、その他の子弟は志願する者に許可した。のち、町人の子弟も入学させている。入学年齢は7、8歳。生徒数は200ないし300名。束脩謝儀(そくしゅうしゃぎ)(入学金・謝礼)は入学のとき、藩札を若干納めさせた。学科には国学、漢学、洋学、漢洋医学、筆道、算術、兵学、弓術、馬術、剣術、槍術、砲術、抜合、遊泳、柔術の15科で、文武兼修とした。進脩館 フレッシュアイペディアより)

  • 重信房子

    重信房子から見た学費学費

    大学入学後、夜学連に参加し、2年次に文学研究会が属していた研究部連合会の事務長を務めていた重信は学費値上げに絡んで明大闘争に参加した。この際、後に連合赤軍山岳ベース事件でリンチ殺人の犠牲となった遠山美枝子(二部法学部、麒麟麦酒勤務)と知り合う。明大闘争において全学連における立場を失墜させた共産主義者同盟(第二次ブント)の再建に協力してほしいとオルグされ、加入。系列の明大現代思想研究会、二部社会主義学生同盟の責任者として活動。神田カルチェ・ラタン闘争にも関わった。その後分裂した共産主義者同盟赤軍派に創立メンバーとして加わる。塩見孝也ら幹部が逮捕され弱体化する中で主導権を握った森恒夫と対立した。重信房子 フレッシュアイペディアより)

  • 大月短期大学

    大月短期大学から見た学費学費

    大月短期大学は全国でも数少ない公立短大で、運営主体は開学前の1954年に市制施行した大月市である。開学当初は、入学志願者が少なく財政的にも困難を極め、1961年母体である同市が地方財政再建特別措置法の適用を受けるに至ったがその後は、財政状態が好転しさらに入学志願者も増加していったことで経営も持ち直すようになった。現在では大学への編入学者が多く、2009年度卒業生は延べ82人が合格した。学費が安いため私立大学を辞退して入学する人もいる。もともとは男子学生の割合が多かったが、時代の流れとともに変化がみられ女子学生の方が多くなっている。大月短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 河合良成

    河合良成から見た学費学費

    河合によれば「父は当時汽船会社をやっていたのだが、私の学費にかなり苦心していたらしい。もともと父はビジネスマンなので、私を商業系統の学校へ入れたかったようだったが、分家から学士が三人も出たので、それに刺激され、私を最高学府へ…という考えになり、大学へまでやってくれたわけだ」という。河合良成 フレッシュアイペディアより)

  • サムライ・ハイスクール

    サムライ・ハイスクールから見た学費学費

    小太郎のクラスメイト。190cm近くもある大柄な体躯の男子だが、非常に気が弱く小心者で、オドオドして舌足らずな喋り方からもそのような面が窺える。気弱な性格ゆえ理不尽な事にも逆らえず、女子生徒からもカツアゲをされてしまう典型的ないじめられっ子。情けない自分にコンプレックスを抱いており、「自分のような負け犬は何をやっても駄目」と半ば諦めてしまっていたが、侍化した小太郎に救われたのを切っ掛けに小太郎に心酔し、小太郎を「殿」と呼び、彼の「家来」になる事を宣言して付き従うようになる。気は弱いが案外力は強く、腕立て伏せを軽々と何回もこなしたりもできる。父親は既に亡くなっていて母親は入院している。母の入院を切っ掛けに将来は看護士を目指しているが、そのような家庭の事情故に経済面は厳しく、高校の学費は父親の保険金で賄い、大学の学費はアルバイトで稼いでいる。あいの事が好き。サムライ・ハイスクール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ施政権下の小笠原諸島

    アメリカ施政権下の小笠原諸島から見た学費学費

    教育制度はアメリカと同様であり、幼稚園から7年生(1966年(昭和41年)より9年生)まではラドフォード提督初等学校で教育が行われ、卒業後グアムの高校に進学した。またその間の学費は無料であった。授業は全て英語で行われ、日本語を話すと叱られることもあった。生徒たちは大きな部屋で全学年一緒に勉強し、朝登校して星条旗を掲揚した後、昼は一旦家に帰って昼食を摂り、午後再び登校した。野外映画やキャンプなどの課外授業は頻繁に行われ、潜水艦や米軍基地に見学へ行くこともあった。また、小笠原諸島の日本返還が決まると、日本語の読み書きなど返還に向けた準備教育も行われた。アメリカ施政権下の小笠原諸島 フレッシュアイペディアより)

131件中 71 - 80件表示

「学費の滞納」のニューストピックワード

  • Aぇ! 男塾

  • ホントにすばらしいドラマや映画に出ているんで、その作品を我々改めて見たい

  • 3人のシングルマザー〜すてきな人生逆転物語〜