180件中 61 - 70件表示
  • 兼子眞

    兼子眞から見た孫正義孫正義

    チェッカーモータース売却後は、同社最高顧問に就任。日興アントファクトリーが資本参加した際には、社員幹部の教育や組織運営全般に対する指導を行なっている。また、2002年(平成14年)には、香港・上海・台湾・タイ・シンガポールに海外拠点を持つ人材派遣会社パヒューマ・アジア・カンパニー・リミテッド(株式会社パソナの子会社)の顧問に就任。1970年代にソフトバンクの孫正義、エイチ・アイ・エスの澤田秀雄とともにベンチャー三銃士と称されたパソナ代表取締役グループ代表兼社長の南部靖之の代理として、毎月行なわれるミーティングの議長および相談役を務めていた。しかし2004年(平成16年)、自身の新たな事業の展開を図り、チェッカーモータース、パヒューマ・アジア・カンパニー・リミテッドともに顧問の職を辞している。兼子眞 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野眞一

    佐野眞一から見た孫正義孫正義

    『あんぽん 孫正義伝』(2012年1月、小学館→2014年9月、小学館文庫)佐野眞一 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田司

    吉田司から見た孫正義孫正義

    孫正義は倒れない』アエラ取材班共著 朝日新聞社 2001吉田司 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋祐治

    棚橋祐治から見た孫正義孫正義

    通産省在任中は、特に米国との協調を重視する国際派として日本版OS・トロン(トロンプロジェクトを参照)を孫正義らとお蔵入りさせたと言われている。また、事務次官在任中の1993年の宮沢内閣の下、通産省として情報・通信など次世代産業振興の目玉として「新社会資本整備」を新ビジョンとして打ち出した。棚橋祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 榛葉淳

    榛葉淳から見た孫正義孫正義

    ジャーナリスト大西孝弘の著書によると、榛葉は孫正義の信望も厚くヤフー社長の宮坂学と共にソフトバンクグループのサイドバックとしてを支えているとの事榛葉淳 フレッシュアイペディアより)

  • 北尾吉孝

    北尾吉孝から見た孫正義孫正義

    1995年 ソフトバンク株式会社の孫正義にソフトバンクの株式公開を担当したことが縁でスカウトされる。ソフトバンク株式会社常務取締役。北尾吉孝 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動

    東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動から見た孫正義孫正義

    孫正義が義援金として個人で100億円、また2011年以降の役員報酬全額の寄付を発表。実際には100億円のうち40億円で財団を立ち上げ、残り60億円を日本赤十字社と中央共同募金会、被災県の災害対策本部、日本ユニセフ協会に按分して寄付するという。東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動 フレッシュアイペディアより)

  • 井上雅博

    井上雅博から見た孫正義孫正義

    1987年からソフトバンク総合研究所入社。1992年にソフトバンクに転社。1994年社長室長を経て、1996年1月に米国のyahooとの合弁でヤフー株式会社の創業に孫正義社長の側近として関与。同年7月からヤフー株式会社代表取締役社長に就任。1997年11月には同社株式を店頭市場に、そして創業7年目の2003年10月には東証1部に上場。2009年度から義務付けられた役員報酬開示制度では、1億5900万円の役員報酬を受けていることが公表された。2012年6月22日、同社代表取締役社長ならびにソフトバンク取締役を退任。退任まで同社は16期連続の増収増益であった。井上雅博 フレッシュアイペディアより)

  • 孫泰蔵

    孫泰蔵から見た孫正義孫正義

    2015年現在、A hub for startup ecosystemを標榜するMistletoe株式会社の代表取締役社長。その他、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の創業者で取締役(元代表取締役会長)、実践型インターンシップ・社会起業・起業支援を行う特定非営利活動法人エティックの理事など。東京大学経済学部卒業。兄はソフトバンクグループの創業者である孫正義孫泰蔵 フレッシュアイペディアより)

  • BTRON

    BTRONから見た孫正義孫正義

    CECの選定取り消しについては、大下英治の『孫正義 起業の若き獅子』(ISBN 4-06-208718-9)pp. 285-294によれば、かねてより自社の事業であるソフト流通業が儲かるような業界態勢作りに腐心していた孫正義により、TRONによって日本の産業がグローバルスタンダードから外れ世界に取り残されると煽って盛田昭夫から紹介された棚橋祐治(当時機械情報産業局長)、林良造(当時情報処理振興課長)らと「TRON壊滅へのレールが敷かれはじめ」ていたところだったが、この機会に301条を楯にプロジェクトを潰してしまえ、という孫によるアドバイスにより、通産省は学校へのTRON導入を中止したという。同書の見出しには「TRON蔓延を水際で阻止」とある。BTRON フレッシュアイペディアより)

180件中 61 - 70件表示

「孫正義」のニューストピックワード