102件中 11 - 20件表示
  • 孫正義

    孫正義から見たフォーバル

    電話の際に自動的に安い回線を選ぶ「NCC BOX」(いわゆるLCR)をフォーバルの大久保秀夫とともに開発した(その関係で、日本におけるLCRの基本特許は孫が保有している)。大久保秀夫との交流は以後も続き、BBフォン、おとくラインの販売など、ソフトバンクグループの法人向けの営業では常にフォーバルと協力体制を取ってきた。孫正義 フレッシュアイペディアより)

  • 孫正義

    孫正義から見たダイエー

    2004年には日本テレコム株式会社を買収し、同社代表取締役会長に就任。2006年10月には同社の代表取締役社長に就任した。さらに福岡ダイエーホークスと福岡ドームをダイエーから買収し、福岡ソフトバンクホークスのオーナーに就任。続けてボーダフォン株式会社(現ソフトバンクモバイル株式会社)を買収し、同社代表執行役社長兼CEOに就任した。孫正義 フレッシュアイペディアより)

  • 孫正義

    孫正義から見たソフトバンクテレコム

    孫 正義(そん まさよし、1957年8月11日 - )は、日本の実業家。ソフトバンクグループの創業者として知られ、ソフトバンク株式会社代表取締役社長、ソフトバンクテレコム株式会社代表取締役社長、ソフトバンクモバイル株式会社代表執行役社長兼CEO、福岡ソフトバンクホークスのオーナーなどを務める。孫泰蔵は実弟。孫正義 フレッシュアイペディアより)

  • 孫正義

    孫正義から見たあおぞら銀行

    1999年、証券市場の開設を企図し米国のナスダック・ストック・マーケットとソフトバンク株式会社が共同出資しナスダック・ジャパンプランニング株式会社を設立。翌2000年には大阪証券取引所とナスダック・ジャパンプランニング株式会社にてナスダック・ジャパン市場を開始。ソフトバンク株式会社が東京海上火災保険、オリックスとともに、日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)の株式を取得。取締役に就任した。孫正義 フレッシュアイペディアより)

  • 孫正義

    孫正義から見たサーベラス・キャピタル・マネジメント

    2003年にあおぞら銀行の株式をサーベラス・キャピタル・マネジメント社に売却。孫正義 フレッシュアイペディアより)

  • 孫正義

    孫正義から見たニューズ・コーポレーション

    1994年にソフトバンク株式会社の株式を店頭公開。1996年には米ヤフーとソフトバンクの合弁でヤフー株式会社を設立。オーストラリアのメディア王ルパート・マードックのニューズ・コーポレーションと折半出資の合弁会社を設立し、テレビ朝日の株式の21%を取得するも、のちに朝日新聞の反発に遭って撤退するに至った。孫正義 フレッシュアイペディアより)

  • 孫正義

    孫正義から見た日本ソフトバンク

    1981年、福岡市博多区に事務所を移し、コンピュータ卸売事業の「ユニソン・ワールド」を設立。そして福岡県大野城市に「日本ソフトバンク」を設立。1983年における慢性肝炎での入院をきっかけに社長職を退き会長へ。1986年をもって社長職に復帰した。1990年をもって日本に帰化。孫正義 フレッシュアイペディアより)

  • 孫正義

    孫正義から見たYahoo! JAPAN

    2001年からヤフー株式会社と共同でADSL接続サービスのYahoo! BBの提供を開始。以降、それまでのPCソフト卸、PC出版から通信に本業の軸足を移す。孫正義 フレッシュアイペディアより)

  • 孫正義

    孫正義から見たオリックス (企業)

    1999年、証券市場の開設を企図し米国のナスダック・ストック・マーケットとソフトバンク株式会社が共同出資しナスダック・ジャパンプランニング株式会社を設立。翌2000年には大阪証券取引所とナスダック・ジャパンプランニング株式会社にてナスダック・ジャパン市場を開始。ソフトバンク株式会社が東京海上火災保険、オリックスとともに、日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)の株式を取得。取締役に就任した。孫正義 フレッシュアイペディアより)

  • 孫正義

    孫正義から見たユニソン・ワールド

    1981年、福岡市博多区に事務所を移し、コンピュータ卸売事業の「ユニソン・ワールド」を設立。そして福岡県大野城市に「日本ソフトバンク」を設立。1983年における慢性肝炎での入院をきっかけに社長職を退き会長へ。1986年をもって社長職に復帰した。1990年をもって日本に帰化。孫正義 フレッシュアイペディアより)

102件中 11 - 20件表示

「孫正義」のニューストピックワード