宇佐神宮 ニュース&Wiki etc.

宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社。式内社(名神大社3社)、豊前国一宮、勅祭社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「宇佐神宮」のつながり調べ

  • 神仏習合

    神仏習合から見た宇佐八幡神

    こうして神社が寺院に接近する一方、寺院も神社側への接近を示している。8世紀後半には、その寺院に関係のある神を寺院の守護神、鎮守とするようになった。710年(和銅3年)の興福寺における春日大社は最も早い例である。また、東大寺は大仏建立に協力した宇佐八幡神を勧請して鎮守とした。これが現在の手向山八幡宮である。他の古代の有力寺院を見ても、延暦寺は日吉大社、金剛峯寺は丹生神社、東寺は伏見稲荷大社などといずれも守護神を持つことになった。このように仏教と敵対するのではなく、仏法守護の善神として取り込まれていった土着の神々は護法善神といわれる。(神仏習合 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲生町 (鹿児島県)

    蒲生町 (鹿児島県)から見た宇佐八幡宮

    宇佐八幡宮の留守職であった藤原教清が宇佐八幡大宮司の娘との間に儲けた息子藤原舜清は、1120年(保安元年)に大隅国の垂水へ下ってきて、続いて1123年(保安4年)正月に蒲生院に入ってこの地域の総領職となった。そして宇佐八幡宮を勧請して蒲生八幡神社を創建した。以後、舜清とその子孫は蒲生氏と称して、蒲生城を中心としてこの地域を支配するようになった。(蒲生町 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

「宇佐神宮」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

関連サイト

「宇佐神宮」
地図情報

「宇佐神宮」のニューストピックワード