前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
250件中 1 - 10件表示
  • 下野国

    下野国から見た宇佐神宮宇佐神宮

    下野薬師寺は奈良時代初期に天武天皇が建立した官寺であり、当時の七大寺に数えられた寺院のひとつである。奈良時代天平期に定められた諸寺墾田地限では下野薬師寺の墾田は500町とされ、奈良の大和国分金光明寺、元興寺、大安寺、薬師寺、興福寺、法華寺、弘福寺、法隆寺、新薬師寺、建興寺、河内の四天王寺、近江の崇福寺、筑紫の観世音寺と並び、中央政庁に管理されていた。また平安時代中期の874年(貞観16年)、平安京紫宸殿で60人の僧により3日にわたって行われた大般若経の転読会に際しては、金字仁王経71部が五畿七道各国に一部ずつ配置されるなか、大宰府観世音寺、豊前国弥勒寺とならび下野薬師寺にもそのうちの一部が配置されるなど、平安時代においても当寺が鎮護国家政策の一環として官寺の位置付けにあったことが覗われる。下野国 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐市

    宇佐市から見た宇佐神宮宇佐神宮

    全国4万社余りの八幡宮の総本宮・宇佐神宮があり、正月には全国からの参拝客でにぎわう。また本願寺別院(東西とも)も旧北東部の広大な地域を管轄するものでこれも規模は大きい。また市内には宇佐神宮以外にも観光名所が多く、県内有数の観光都市である。宇佐市 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    三重の伊勢神宮・京都の賀茂神社(上賀茂神社(賀茂別雷神社)と下鴨神社(賀茂御祖神社))(または奈良の春日大社)とともに日本三社の一社。大分の宇佐神宮・福岡の筥崎宮(または鎌倉の鶴岡八幡宮)とともに日本三大八幡宮の一社。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 土持氏

    土持氏から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    姓は田部氏。宇佐八幡宮の社人とされる。日向国北部地域の臼杵郡を中心として広く開発された宇佐宮領の弁済使、あるいは臼杵郡司として勢力を伸張させ、12世紀以降、日向の有力な日下部氏との縁戚関係を強めることで、日向の在国司職やその他日下部氏正統の一切を譲与され、奈良時代以来の伝統を持つ日下部氏の権益の全てを獲得した(「日下部氏系図」)。土持氏 フレッシュアイペディアより)

  • 平惟仲

    平惟仲から見た宇佐神宮宇佐神宮

    長保3年(1001年)、かつての同僚で、大宰大弐を勤めていた藤原有国の後を受けて、中納言兼務の大宰権帥として大宰府に赴任した。ただし、黒板伸夫の研究によれば、実際に任じられたのはそれよりも格上で当時は親王しか任じられなかった大宰帥であったとされる。赴任後、歴代の権帥や大弐が手を焼いた宇佐神宮の神人達の支持も取り付けるなどの手腕を発揮した。その翌々年の長保5年(1003年)には従二位を叙される栄冠に浴する。しかし、宇佐神宮内の反惟仲派との衝突で訴えられたのが元で、寛弘元年(1004年)の12月に大宰権帥を解任され、その後病に伏し、翌寛弘2年3月14日(1005年4月25日)に大宰府で薨去した。享年61(この後、荼毘に付された惟仲の遺骨を弟の生昌が大宰府から都に持ち帰った事が、『御堂関白記』や『小右記』に記されている)。平惟仲 フレッシュアイペディアより)

  • 奈多宮

    奈多宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    奈多海岸のほぼ中央に位置する。宇佐神宮と関係の深い神社であるが、正確な創建の時期は不明である。伝承では宇佐神宮の別宮として、神亀6年(729年)に宇佐神宮大宮司であった宇佐公基により創建されたという。主祭神は比売大神、応神天皇、神功皇后。奈多宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐八幡宮 (岩国市)

    宇佐八幡宮 (岩国市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    平安時代後期に宇佐神宮(大分県宇佐市)から勧請されたことに始まる。宇佐八幡宮 (岩国市) フレッシュアイペディアより)

  • 三宅八幡宮

    三宅八幡宮から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    推古天皇の時代、遣隋使として隋に赴いた小野妹子が、筑紫(九州の北部)で病気になったが、宇佐八幡宮に祈願するとたちまち病気が治り無事帰国することが出来た為、隋からの帰国後に、報恩の意味を込めて自らの所領である山城国愛宕郡小野郷と呼ばれるこの地に宇佐八幡宮を勧請し建立したのが始まりとされる。三宅八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 香春神社

    香春神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    延喜式神名帳に記載されている豊前国の神社は六座だが、その半分にあたる三座が香春神社にある。(残りの三座はすべて宇佐神宮内)三座は、辛国息長大姫大目神社、忍骨神社、豊比咩神社で、もともと香春三山(一ノ岳・二ノ岳・三ノ岳)の山頂にあった。和銅2年(709年)に山頂の三社を現在地に移設したのが、現在の香春神社。古来より宇佐神宮と共に豊前国を代表する大神社だった。辛国息長大姫大目神社と忍骨神社に正一位の神階が与えられたのは、承和10年(843年)のことだったが、これは奈良の大神神社(859年)、石上神宮(868年)、大和神社(897年)が正一位になった年よりはるかに早い。香春神社 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師寺 (下野市)

    薬師寺 (下野市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    平安時代に入ると、比叡山での戒壇設置とともに戒壇の需要は薄れ、次第に衰退していく。それでも日本三代実録によると、874年5月18日(貞観16年4月25日)から3日間の間、60名の僧が平安京紫宸殿において大般若経の伝読を行ったが、その金字仁王経71部を五畿七道各国に1部ずつ配布したほか、当寺には大宰府観世音寺および豊前国弥勒寺(宇佐神宮の神宮寺)とならび、各国配布分とは別の1部が配置されており、東国における当寺の位置付けの高さが窺われる。薬師寺 (下野市) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
250件中 1 - 10件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード