前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
313件中 1 - 10件表示
  • 下野国

    下野国から見た宇佐神宮宇佐神宮

    下野薬師寺は奈良時代初期に天武天皇が建立した官寺であり、当時の七大寺に数えられた寺院のひとつである。・良時代天平期に定められた諸寺墾田地限では下野薬師寺の墾田は500町とされ、奈良の大和国分金光明寺・元興寺・大安寺・薬師寺、興福寺・法華寺・弘福寺・法隆寺・新薬師寺・建興寺、河内の四天王寺、近江の崇福寺、筑紫の観世音寺と並び、中央政庁に管理されていた。また平安時代中期の874年(貞観16年)、平安京紫宸殿で60人の僧により3日にわたって行われた大般若経の転読会に際しては、金字仁王経71部が五畿七道各国に一部ずつ配置されるなか、大宰府観世音寺、豊前国弥勒寺とならび下野薬師寺にもそのうちの一部が配置されるなど、平安時代においても当寺が鎮護国家政策の一環として官寺の位置付けにあったことが覗われる。下野国 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐市

    宇佐市から見た宇佐神宮宇佐神宮

    全国4万社余りの八幡宮の総本宮・宇佐神宮があり、正月には全国からの参拝客でにぎわう。また本願寺別院(東西とも)も旧北東部の広大な地域を管轄するものでこれも規模は大きい。また市内には宇佐神宮以外にも観光名所が多く、県内有数の観光都市である。宇佐市 フレッシュアイペディアより)

  • 到津公誼

    到津公誼から見た宇佐神宮宇佐神宮

    到津 公誼(いとうづ きみよし、弘化2年10月18日(1845年11月17日) - 明治34年(1901年)6月22日)は、宇佐神宮大宮司などを務めた明治時代の神官(神職)、男爵、正四位。到津公誼 フレッシュアイペディアより)

  • 奈多宮

    奈多宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    奈多海岸のほぼ中央に位置する。宇佐神宮と関係の深い神社であるが、正確な創建の時期は不明である。伝承では宇佐神宮の別宮として、神亀6年(729年)に宇佐神宮大宮司であった宇佐公基により創建されたという。主祭神は比売大神、応神天皇、神功皇后。奈多宮 フレッシュアイペディアより)

  • 仁聞

    仁聞から見た宇佐神宮宇佐神宮

    今日では、仁聞は実在の人物ではなかったとする説が有力である。六郷満山の寺院は、実際には、古来から国東半島にあった山岳信仰の場が、奈良時代末期から平安時代にかけて天台宗の寺院の形態を取るようになったもので、近隣の宇佐神宮を中心とする八幡信仰と融合した結果、神仏習合の独特な山岳仏教文化が形成されたと考えられている。各寺院を開基した人物としては、仁聞の弟子として共に修行を行い、宇佐神宮の神宮寺である弥勒寺の別当などを務めたと伝えられる法蓮、華厳、躰能、覚満といった僧侶を挙げる説もある。仁聞 フレッシュアイペディアより)

  • 阿宗神社

    阿宗神社から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    欽明天皇32年に、宇佐八幡宮より勧請されて立岡山に鎮座した式内社が、鎌倉期に広山の現在地へ遷座。江戸期には弘山八幡宮と称する。立岡山の旧地には小宮がその後も存在していたが、旧阿宗神社は次第に寂れ、明治中期に現・阿宗神社に遷され、広山の八幡宮は阿宗神社へ改称する。明治初年まで、天台宗の斑鳩寺の別当持ちの神社で、神職は不在であった。旧県社。旧神饌幣帛料供進社。阿宗神社 フレッシュアイペディアより)

  • 辛島美登里

    辛島美登里から見た宇佐神宮宇佐神宮

    父方の先祖が、大分の宇佐神宮で禰宜をしていた。名前は「辛島勝(カラシマノスグリ)」。1991年3月まで持ち回りでパーソナリティを務めていたNHK-FMの生放送番組「FMリクエストアワー」最終回(1991年3月30日放送)で、リスナー投稿により明らかになった。これに対し本人も「辛島村(現:宇佐市大字辛島)にはいまでも辛島姓の人が多い」とコメント。辛島美登里 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅八幡宮

    三宅八幡宮から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    社伝によれば、推古天皇の時代、遣隋使として隋に赴いた小野妹子が、筑紫(九州の北部)で病気になったが、宇佐八幡宮に祈願するとたちまち病気が治り無事帰国することが出来た為、隋からの帰国後に、報恩の意味を込めて自らの所領である山城国愛宕郡小野郷と呼ばれるこの地に宇佐八幡宮を勧請し建立したのが始まりとされる。三宅八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 下野薬師寺跡

    下野薬師寺跡から見た宇佐神宮宇佐神宮

    それでも『日本三代実録』によると、874年5月18日(貞観16年4月25日)から3日間の間、60名の僧が平安京紫宸殿において大般若経の伝読を行ったが、その金字仁王経71部を五畿七道各国に1部ずつ配布したほか、当寺には大宰府観世音寺および豊前国弥勒寺(宇佐神宮の神宮寺)とならび、各国配布分とは別の1部が配置されており、東国における当寺の位置付けの高さが窺われる。下野薬師寺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 土持氏

    土持氏から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    姓は田部氏。宇佐八幡宮の社人とされる。日向国北部地域の臼杵郡を中心として広く開発された宇佐宮領の弁済使、あるいは臼杵郡司として勢力を伸張させ、12世紀以降、日向の有力な日下部氏との縁戚関係を強めることで、日向の在国司職やその他日下部氏正統の一切を譲与され、奈良時代以来の伝統を持つ日下部氏の権益の全てを獲得した(「日下部氏系図」)。土持氏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
313件中 1 - 10件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード