250件中 91 - 100件表示
  • 宇佐郡

    宇佐郡から見た宇佐神宮宇佐神宮

    町村制施行時は宇佐神宮の門前町である宇佐町ほか26の村が成立した。長洲村をはじめ数村は単独町制施行し、昭和の大合併で4町2村に集約される。2村はその後町制施行し,昭和42年に宇佐町を中心とする4町が合併して宇佐市となった。以降平成期まで変動はなく、消滅時点で以下の2町を含んでいた。宇佐郡 フレッシュアイペディアより)

  • 面掛行列

    面掛行列から見た宇佐八幡宇佐神宮

    「おかめ」がハラミット(孕み女)で、「女」は産婆である。「おかめ」は腹に詰め物をして妊婦を滑稽に演ずる。その腹に触れると「安産祈願」となる。放生会を最初に始めた大分県の宇佐八幡では「尻ひねり」と言って期間中に女性の尻をつねって歩く。つねられた女性は「安産」とされる。面掛行列 フレッシュアイペディアより)

  • 香椎

    香椎から見た宇佐神宮宇佐神宮

    香椎参道 (香椎):旧街道(県道504号線)から香椎宮へ延びる通りで、宇佐神宮と共に勅使が定期的に遣わされるため勅使道ともいう。 沿道は大正年間に植えられた常緑樹クスノキが枝を広げ、一年を通じて緑のアーチを作り出している。 参道入口、鹿児島本線踏切りそばの丘にある頓宮わきには三条実美の筆による万葉歌碑があって、かつてはここから香椎潟が一望できた。香椎 フレッシュアイペディアより)

  • 一条兼香

    一条兼香から見た宇佐神宮宇佐神宮

    桜町天皇と兼香のコンビは先の大嘗祭復活に続いて、元文5年(1740年)に新嘗祭復活、次いで延享元年(1744年)の甲子改元時における宇佐神宮・香椎宮への奉幣使復活など、廃絶していた朝廷行事の再興を実現する。またこれと並行して大嘗祭が復活した元文3年頃より、天皇と兼香は朝廷官制の見直しの準備を開始していた。この動きは延享3年12月15日(1747年1月25日)に兼香がこれまで内覧を務めてきた道香に関白職を譲って太政大臣に昇進し、半年後に桜町天皇が桃園天皇に譲位して院政を開始すると、早くも兼香の娘・富子の入内が決定(実施は兼香没後の宝暦5年(1755年)11月)され、官制改革の構想も徐々に進めていく事になる。一条兼香 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲生八幡神社 (姶良市)

    蒲生八幡神社 (姶良市)から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    藤原氏北家教通流の分出とされる蒲生(かもう)氏の初代当主舜清(ちかきよ)が保安4年(1123年)に大隅国へ下向、生母が宇佐八幡宮の宮司家出身であった縁で同宮から勧請して創祀したという。戦国時代、島津氏との激しい戦いの末に蒲生氏は敗れて島津氏の軍門に下り、弘治3年(1557年)他地に退去させられた。その後島津義弘により社殿が再建される。また元和4年(1618年)12月には義弘から鳥居と額が奉建されたともされる。蒲生八幡神社 (姶良市) フレッシュアイペディアより)

  • 中尾直勝

    中尾直勝から見た宇佐神宮宇佐神宮

    節子(通称奥セツ女)夫人は、漆島姓の宇佐神宮官人代、ときには政所権検校職に任じられたこともある奥氏の出であり、また、奥並継(維新の志士、国学者、明治期の官僚)は叔父にあたる。中尾直勝 フレッシュアイペディアより)

  • 大富神社

    大富神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    当地(山田庄)には平安末期頃、宇佐神宮の弥勒寺(神宮寺)があり、宇佐神宮との関係が深い。境内には、古来宇佐宮への勅使がこの地に宿泊する際に水を汲んで供した「勅使井」と呼ばれる井戸があり、現在でも神職が宇佐宮にこの井戸の水(御神水)を持参している。大富神社 フレッシュアイペディアより)

  • 正八幡神社 (行橋市神田町)

    正八幡神社 (行橋市神田町)から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    貞観元年(859年)、行教が宇佐八幡宮の祭神を石清水八幡宮へ勧請する途次、神輿が駐在した地に神社を創建したとも、貞観2年(860年)に国司の一人であった文屋真人益善が宇佐八幡宮の託宣により創建ししたとも、寛永年間(17世紀前半)に行橋市行事に鎮座する同名の正八幡神社から分霊を勧請したものとも伝わる。正八幡神社 (行橋市神田町) フレッシュアイペディアより)

  • 正八幡神社 (行橋市行事)

    正八幡神社 (行橋市行事)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    貞観元年(859年)行教が宇佐八幡神を石清水八幡宮へ勧請するに際して仮殿を構えて駐輦した跡に榊が1本残存していたため、これを八幡大神の神慮であるとして「宇佐八幡大神」と唱えて創建したと伝わる。明治6年(1873年)に郷社に列した。正八幡神社 (行橋市行事) フレッシュアイペディアより)

  • 薦神社

    薦神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    薦神社(こもじんじゃ)は、大分県中津市に所在する八幡宮で、別名大貞八幡宮(おおさだはちまんぐう)とも称される。境内の三角池(みすみいけ:古くは「御澄池」と記すこともある)を内宮、神殿を外宮とする。全国八幡宮の総本宮である宇佐神宮の祖宮といわれ、承和年間(834-848年)の創建と伝える古社である。薦神社 フレッシュアイペディアより)

250件中 91 - 100件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード