313件中 91 - 100件表示
  • 祈願所

    祈願所から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    神社に祈願する事は、古くから行われている。特に平安時代後期には、宇佐八幡宮が源氏の氏神となった事により、『吾妻鏡』や『太平記』に見られるように、多くの武士によって神に祈願が為された。祈願所 フレッシュアイペディアより)

  • 大交北部バス

    大交北部バスから見た宇佐八幡宇佐神宮

    大貞車庫 - 中津駅 - 法鏡寺 - 宇佐八幡 - 岩崎(宇佐駅) - 豊後高田 - 田染中村 - 大田支所 - 安岐町役場 - 大分空港大交北部バス フレッシュアイペディアより)

  • 河原淵神社

    河原淵神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    船江上社は地域の氏神であり、伊勢市船江が氏子地域となっている。近代社格制度に基づく旧社格は村社。『明治12年神社明細帳』によれば、船江が上下2村に分かれていた時代に上船江村の産土神として祀られたため、「上社」と称するという。地元住民からは「八幡宮」と呼ばれてきたが、宇佐神宮から勧請した神社ではないとされる。河原淵神社 フレッシュアイペディアより)

  • 大分県立宇佐高等学校

    大分県立宇佐高等学校から見た宇佐神宮宇佐神宮

    校地は宇佐神宮付近の老上ヶ丘(ろうじょうがおか)にあり、付近には国宝宇佐神宮、大楽寺、円通寺など寺社が多い。大分県立宇佐高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大富神社

    大富神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    当地(山田庄)には平安末期頃、宇佐神宮の弥勒寺(神宮寺)があり、宇佐神宮との関係が深い。境内には、古来宇佐宮への勅使がこの地に宿泊する際に水を汲んで供した「勅使井」と呼ばれる井戸があり、現在でも神職が宇佐宮にこの井戸の水(御神水)を持参している。大富神社 フレッシュアイペディアより)

  • 鴻八幡宮

    鴻八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    社伝等によれば、大宝元年(701年)3月、豊前宇佐八幡宮から勧請されたといわれているが、『延喜式神名帳』などの文献には記載はない。鴻八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口易之

    田口易之から見た宇佐神宮宇佐神宮

    1932年6月、大分県知事に就任。県招魂社の復興、広瀬神社の建立、宇佐神宮の神域拡張計画を推進した。1936年4月に知事を退任した。その後、和歌山市長に就任し、1946年まで在任し、公職追放となった。田口易之 フレッシュアイペディアより)

  • 和気神社

    和気神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    拝殿前には全国的にも珍しい狛猪がある。猪が清麻呂の宇佐神宮参拝の際に護衛を行ったり、足を患った際に霊泉に案内したとされることから、清麻呂の守護とされてきたことに由来する。和気神社 フレッシュアイペディアより)

  • 末法思想

    末法思想から見た宇佐神宮宇佐神宮

    大内義隆 - 経典輸入、荒廃した宇佐神宮・筥崎宮・厳島神社の復興、横領された東大寺の荘園を取戻し寄進する等の偉業から「末世の道者」と称えられる末法思想 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲生町 (鹿児島県)

    蒲生町 (鹿児島県)から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    宇佐八幡宮の留守職であった藤原教清が宇佐八幡大宮司の娘との間に儲けた息子藤原舜清は、1120年(保安元年)に大隅国の垂水へ下ってきて、続いて1123年(保安4年)正月に蒲生院に入ってこの地域の総領職となった。そして宇佐八幡宮を勧請して蒲生八幡神社を創建した。以後、舜清とその子孫は蒲生氏と称して、蒲生城を中心としてこの地域を支配するようになった。蒲生町 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

313件中 91 - 100件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード